岡山 トラブル解決のための調査

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱えるトラブルや悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、あらゆるトラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

生活保護問題

借金だらけの日本なのに仕事をするより生活保護をもらっていた方が、報酬が良いなんてこと自体があったことが問題である。生活保護の支給については、現金の支給ではなく大半が物の支給で賄うようにし、所定の場所に住んでいる者だけ対象にするという事はどうでしょうか。もちろん例外は認められると思いますが。また家族身内が援助できるのにしていないなどは対象から外してもよいのではないでしょうか。
申請した時の認定調査は十分に精査した方がいいです。また過去の負請求者からの集金ができていないのは役所の怠慢です。
厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会は29日、2014年度の最低賃金の目安を前年度より16円高い780円とすることを決めた。4年ぶりの引き上げ幅の大きさで、2年連続で10円を超える上昇となる。所得を増やして消費を増やし、デフレ脱却につなげる政府の姿勢を反映した。最低賃金が生活保護の水準を下回る逆転現象もすべて都道府県で解消する。
最低賃金はすべての企業が従業員に払わなければならない最低限の時給。中央最低賃金審議会が同日、小委員会がまとめた目安額を田村憲久厚労相に答申する。8月からこの目安を踏まえて各都道府県の審議会が地域別の最低賃金を審議し、10月をめどに適用する。
最低賃金で働く人の手取りが生活保護の支給額を下回る「逆転現象」は13年度に北海道、宮城県、東京都、兵庫県、広島県の5都道県で残っていた。生活保護のほうが最低賃金を上回ると自立する意欲を損なうとの指摘がある。この逆転は今回の引き上げで解消する見通しだ。

器物損壊

器物損壊罪は、他人の所有物または所有動物を損壊、傷害することを内容とする犯罪。刑法261条で定められている。

本罪は「他人の物」を客体とする。他人の土地や動物は本条の対象となる。ただし、ここでいう「物」には公用文書、私用文書、建造物は含まれない。

別途、処罰規定(文書等毀棄罪、建造物等損壊罪)が存在するためである。また、境界標についても、境界を認識できないような結果を生じた場合には、境界損壊罪が成立するため本罪を構成しない。

なお、自己の物については特則があり、差押えを受けているもの、物権を負担しているもの(抵当権が設定されている場合など)、賃貸したものについては、本罪の客体となる(刑法262条)。
「駅が汚くて清掃求めたが、対応せず腹立った」

京阪電車内の座席をカミソリで切ったとして、大阪府警が大阪信愛女学院短大(大阪市城東区)の元教授容疑者(70)=大阪府吹田市、懲戒解雇=を器物損壊の疑いで現行犯逮捕していたことが府警東署への取材で分かった。容疑者は既に起訴され、「駅が汚くて清掃を求めたが、対応してもらえず腹が立った」と認めているという。

京阪電車や大阪市営地下鉄では約2年前から同様の被害が約100件以上相次いでおり、東署は余罪を調べている。

東署によると、被告は今年5~6月、京阪本線や市営地下鉄車内の座席の背もたれをカミソリで切ったとしている。6月1日午後、警戒中の府警鉄道警察隊員が事件現場を目撃し、京阪天満橋駅付近で被告を取り押さえたという。

大阪信愛女学院短大によると、子ども教育学科の教授だった。被告を懲戒解雇した。

謝罪
日本においては一般に、口頭であるいは文書で謝罪の言葉を述べる、頭を下げるなどの行為がとられることが多い。団体であればトップが謝罪する。個人的に謝罪する、証人をつれて謝罪する、謝罪内容を文書化する、謝罪を公表する、テレビで謝罪するなど種々の方法がある。また、金銭や物品によって謝罪の意を示し、解決を図ることもある。しかしこれらの行為のみでは根本的な問題の解決には至らず、相手の悪感情を軽減するに留まる。場合によっては、頭を丸めたり、謹慎したり、極端な場合、職を辞することもある。
私は、遺族が殺害されてしまったら謝罪はいらない。責任をとってほしいと思う。責任とは何かを考え責任をとってもらう。犯罪者の大半は責任をとっていない。
長崎県佐世保市の高1女子生徒殺害事件で、同級生だった加害少女(16)の元付添人弁護団は26日、少女が第3種(医療)少年院送致の保護処分の決定を受けた後、遺族に対する謝罪の意向を示していることを明らかにした。26日で事件から1年を迎えたのに合わせ、報道各社の質問に文書で答えた。
回答によると、少女はすでに医療少年院に移送された。元付添人らは今後も少女と面会を続け、更生の様子などを遺族側代理人を通じて遺族に報告する意向。少女からの謝罪の件も含めて、代理人と連絡を取り合っているという。

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。