企業の機密情報、取引先の情報、従業員のプライベートなど、企業だからこそあらゆる情報が多数集まり、その情報を欲しがる人や企業は多くいます。

企業や会社内で盗聴の被害に遭うケースは多く、当社での盗聴器発見調査は約半数以上の盗聴器発見調査の依頼が企業や社内の依頼です。

盗聴によって、顧客情報や企業機密など、 会社の重要な情報が、第三者に漏れてしまうと、危機管理がなっていないという理由で多方面からバッシングを受け信用問題に発展する可能性のある上、悪意のある第三者に情報が渡れば、損害は測りきれないものとなることがあります。

企業や会社内は、盗聴を防ぐための対策が必要よ言えます。盗聴には目的があって、企業や会社に盗聴器を仕掛ける目的は何か、誰が盗聴器を仕掛けるのかの背景を知ることで、対応が必要となってきます。

企業 会社内での盗聴器を仕掛ける目的

盗聴器を仕掛けるには目的があります。

盗聴器は技術の進歩とともに年々増加し続けて、明らかに被害は増加しています。盗聴器が仕掛けられる場所として企業や会社といった場所でも調査依頼は多くあります。重要な社内の情報が誰かに聞かれていても不思議ではありません。

盗聴器設置の目的は、情報収集と、監視・確認です。ライバル企業などに盗聴器を設置し、対象企業の機密を盗み聞きしようとするケースなどが一般的です。

企業の情報を入手し、他の企業や人物に流出させることが産業スパイの主な狙いでしたが、顧客情報を漏洩させることで企業の信頼を喪失させることも増加しています。

盗聴器が仕掛けれれているなら、必ず対処する必要があります。

盗聴器を仕掛ける目的は情報収集です。

競合他社などによる顧客情報などの収集目的

社内での派閥争いに関する情報取集目的

勤務状態、来訪者や取引業者などの把握把握目的

人間関係のトラブルの情報収集目的

上記のような盗聴目的が考えられます。

企業 会社内での盗聴器を仕掛けるのは誰

企業、会社内の盗聴で得られ情報は悪用されやすく、そうなると企業や会社には大ダメージを与える可能性があります。実際に盗聴されたという事実が世に出ただけでも、信用を失こととなり、対処が必要となります。

情報が悪用される前に、何らかの事件に発展する前に、しかるべき処置をとって盗聴問題を解決してください。

大きく分けると、盗聴器を仕掛ける相手は二つに分けることが出来ます。

盗聴の目的と誰が、盗聴器を仕掛けたかということは、今後の対応が重要です。
盗聴の目的や盗聴器を仕掛けた相手によって、その後に取るべき対応が変わってくるのです。

盗聴の犯人に、どんなものがあるのかを説明します。

外部の者に盗聴器を仕掛ける場合

盗聴器は仕掛ける者が必ずいるのです。

  • 盗聴のプロが仕掛けている場合
  • 来訪者が盗聴器を仕掛けている場合
  • 取引き業者が盗聴器を仕掛けている場合

などどちらにしても対処する必要があります。

企業や会社の内部の者が盗聴器を仕掛けている場合

企業や会社の内部が盗聴器を仕掛けている場合は特に注意が必要です。

なぜなら既に情報が第三者にわたっている可能性と、すでに被害が出ている場合があります。

来訪者が訪れる場所は、すべて調査対象区域となります。

企業や会社の内部の者が盗聴器を仕掛けているシグナル

盗聴に被害を最小限に抑えるには、大切な事は、被害が出る前に盗聴に気づくこと、適切な対処をすることです。まずは、盗聴にシグナルも見逃さないよういくつかの「盗聴器を仕掛けられているかも」というシグナルを紹介します。

本来、社内で噂されている情報が出ることが無いのに噂になっっている場合

社外に出回る情報でないのに、外部からの噂で知った場合

出入り業者が変わった場合

出入り業者が頻繁に変わっている場合

社員の入れ替わりと退職が増えた場合

岡山県内の調査対応地域 日本全国が対応地域

岡山県/岡山市/倉敷市/津山市/玉野市/笠岡市/井原市/総社市/高梁市/新見市/備前市/瀬戸内市/赤磐市/真庭市/美作市/浅口市

探偵アンバサダー調査事務所岡山

所在地:〒700-0817
岡山県岡山市北区弓之町13-17柴田ビル2F

 086-226-1099