岡山 トラブル調査 【トラブル解決のための調査】

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える悩みや様々なトラブルを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

トラブルが起こった時の解決方法は弁護士や警察だけと思われがちですが違います。解決のノウハウを買う時代です。ネット上をいくら探してもあなたのトラブルを解決してくれる知恵など書いていません。誰にも相談できずに一人で悩んでいる方は探偵アンバサダー調査事務所岡山へお問い合わせください。

家族や職場にバレないように解決したい方からもご依頼が寄せられています。誰にも知られず解決というのが理想です。泣き寝入りせず、解決向けて取り組む方を全力でサポートいたします。証拠をお持ちでない方も諦めずにご相談ください。

岡山 トラブル調査 【トラブル解決のための調査】
岡山 トラブル調査 【トラブル解決のための調査】

岡山トラブル調査

飼い犬強奪し、肉売りさばく事件相次ぐ
安心してください日本の話ではないです。

中国で民家の飼い犬を強奪、肉を売りさばく事件が相次いでいる。犬に騒がれないよう小型の弓で毒矢を撃ち込み、素早く殺す手口も横行。毒入りの犬の肉がレストランなどで出回っている危険性も指摘される。

中国メディアなどによると、事件の発生は広東省や浙江省などが中心。犬を鉄の棒で殴り殺して持ち去る手口が多かったが、最近はシアン化ナトリウムなど猛毒を含む矢を放ったり、毒入りの餌を与えたりする方法が増えている。

浙江省杭州市の民家の防犯カメラが捉えた映像には、ミニバイクで現れた男が犬小屋につながれたシェパードを毒矢で倒し、持ち去った犯行が録画されていた。広東省韶関市にある約70戸の村では今冬、20匹以上の犬が盗まれた。

犬肉市場では1キロ18元(約300円)程度で売買。強盗団から相場より安く仕入れる業者もあるという。警察当局は、強盗団が売りさばいた犬の肉には猛毒が含まれる可能性があるとして、出所不明の肉を食べたり買ったりしないよう呼び掛けている。

ここで驚くのは、犬肉市場があるということです。これも食文化なのでしょうが、今の日本では考えられないようなことです。文化の違いを感じました。

文化も違えば、コミニケーションをとるのは難しいことです。

岡山 トラブル調査 【トラブル解決のための調査】
岡山 トラブル調査 【トラブル解決のための調査】

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 トラブル解決

不正アクセス過去最多 不正送金が急増

全国の警察が昨年に把握した不正アクセス禁止法違反事件は、前年比594件増の3545件に上り、統計を取り始めた2000年以降、過去最多だったことが19日、警察庁の集計で分かった。

うち、インターネット銀行の不正送金事件が1944件(前年比619件増)、無料通話アプリ「LINE(ライン)」のアカウントを盗むなどして他人になりすますケースも1009件(同983件増)と急増し、全体を押し上げた。

警察庁の担当者は「IDやパスワードの適切な管理をはじめ、ウイルス対策ソフトを最新にしてパソコンの安全対策を徹底してほしい」と呼び掛けた。

摘発事件数も150件で最多だったが5件増にとどまり、逮捕、書類送検された摘発者は170人(同23人増)だった。パソコン利用者のパスワードの設定・管理の甘さにつけ込んだり、フィッシングサイトで他人のIDやパスワードを入手したりした例が多かった。

今日、私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。

私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍

岡山 トラブル調査 【トラブル解決のための調査】
岡山 トラブル調査 【トラブル解決のための調査】

岡山 トラブル対策

連続放火魔が発生しやすい季節です

「火を見るのが怖い」という連続放火魔の発言に法廷内にいた全員が耳を疑った。大阪府東大阪市や八尾市などで平成24年8~10月、15回にわたって共同住宅などに放火し、現住建造物等放火などの罪に問われた男の裁判員裁判の公判が5月、大阪地裁で開かれた。放火では2人の尊い命が奪われ、建物被害は18棟に及んだが、男は身勝手な言い分に終始した。

「火が怖いのに放火したのか」との裁判官の問いかけにも、「ドキドキしたから」と悪びれもせず言い放った。仕事をクビになり、暇つぶしに通いつめたパチスロで負けた鬱憤(うっぷん)を晴らす-。検察官をして「裁判員裁判開始以来、類をみないほど悪質」と言わしめた男に対し、地裁は求刑通り無期懲役を言い渡した。

「燃え広がる様子には興味ない」
「火事は静止画を見るだけでも怖い。だから現場からすぐ逃げた」

大阪地裁の102号法廷。連続放火の罪に問われた大阪府八尾市の無職、被告(43)は、検察側の質問に語気を強めた。

この日は罪状認否で永峰被告が全面的に起訴内容を認めた後、最初に放火した事件が審理されていた。被告は東大阪市の共同住宅に侵入し、階段下にあった新聞紙にライターで火をつけた。住宅は半焼。住人女性2人が煙を吸ったことによる一酸化炭素中毒で死亡した。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 トラブル調査依頼

連続不審火か マンション駐車場の車放火される
 
市内の住宅街でマンション駐車場に止めてあった乗用車などが燃える不審火が2件相次いだ。兵庫県警尼崎北署などは放火の可能性もあるとみて調べている。

マンション駐車場で、乗用車が燃えているのを通行人の男性が発見し、110番。乗用車は全焼した。

マンションから約2キロ北の集合住宅駐車場で、乗用車から火が出ているのを住人の男性が見つけた。乗用車は全焼。いずれもけが人はなかったという。

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決依頼するしか選択肢は無いのです。

泣き寝入りをするか、解決するかのどちらかです。世間では、正しいから勝つのではなく、強いものが勝っています。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では水面下で調査。コンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

また、裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。

クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。

岡山 トラブル調査 【トラブル解決のための調査】
岡山 トラブル調査 【トラブル解決のための調査】

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。