ペドフィリア 小児性愛者

ペドフィリア 小児性愛者
 
ペドフィリアは、特殊な性欲の一つ、幼児・小児(一般に13歳以下)を対象とした性愛・性的嗜好を意味する。類義語・俗称に小児性愛 ・児童性愛・小児愛・ショタコン・ペドなどがある。
誤った認識の浸透により類義語として誤用されるものにロリコンがある。思春期の子どもへの性的嗜好はエフェボフィリアという。ペドフィリアの性向を持つ人を、ペドファイルもしくはペドフィルという。 医学上の疾患 性嗜好障害 分類である小児性愛を指して使われる場合と、日常語として広義に小児への性的嗜好を指して用いられる場合がある。
欧米では広く児童への性的虐待者そのものを言及するのに用いられている。
日本では以前はペドフィリア嗜好に対する認識がほとんどなく、子供に対する性的行為は性犯罪者などが行う異常行為、といった認識であった。また児童に対するわいせつ事件についても、よほど悪質か異常なものを除いて「いたずら」と呼称するなど軽視される傾向が強かった。
児童の裸体や性器露出についてもわいせつ物としての認識がなく、いわゆる少女ヌード写真集が70年代では堂々と一般書店で一般に発売されていた。
女児をかばんに押し込む
奈良県香芝市のリサイクルショップで4日、小学6年の女児(11)が連れ去られた事件で、監禁容疑で逮捕された無職伊藤優(まさる)容疑者(26)が店の女子トイレで、用意していた旅行かばんに女児を押し込んだ疑いがあることが、奈良地検と県警への取材でわかった。
地検は27日、伊藤容疑者を未成年者略取と逮捕監禁致傷、建造物侵入の罪で起訴した。地検は認否を明らかにしていないが、これまでの県警の調べには容疑を認めているという。
起訴状では、伊藤容疑者は4日午後1時55分頃、リサイクルショップの女子トイレに侵入し、個室内で女児の両手首を結束バンドで縛り、粘着テープで口をふさいだ上でかばんに押し込み、駐車場に止めていた車に乗せて発進。その後、女児をかばんから出して後部座席に座らせ、5日夜に同県大和高田市内の路上で現行犯逮捕されるまで約237キロ、約32時間にわたって車内に監禁し、両手首に約2週間の擦り傷を負わせた、としている。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

妻の浮気調査依頼