盗聴器は国内だけでも年間40万個も売れていると言われています。もう人事と考えることに無理があるといえます。盗聴を疑うことがあれば調査依頼を検討してください。

盗聴器や盗撮カメラは誰でも気軽にインターネットを通じて購入が可能であり、その被害は岡山県などの地方都市にも被害が広がっています。現在の日本ならどこでも購入が可能というわけです。

情報漏えいの原因は記録媒体の流出だけでなく、会話や電話による情報の伝達時にも情報漏えいのリスクは考えられます。

盗撮トラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。バレないようにするのが盗撮ですので非常に厄介です。盗撮でお困りの際は、一度盗撮を依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。現状を把握することで対応することが出来るのです。

盗聴を疑う状況があるなら、現状を把握する為に盗聴器発見調査を依頼してください。

賃貸マンション 賃貸集合住宅の盗聴器発見調査

一般的に、マンションは集合住宅での一番大きな不安要素といえば、多数の人の出入りです。近所の関係が希薄になっている状況で、住人の名前も顔も知らないなんてことが往々にしてあり、不審者の区別がつかないという問題があります。

防犯カメラ、オートロックや二重鍵など基本的な防犯設備を設置することが有効だと思われますが、実質不可能といえます。何かしらの防犯対策を講じたいと思っても、大家さんや管理会社の許可を得なければならず、特にカメラなどは他の住人のプライバシーの問題もあり設置は難しいという現状があります。

オートロックは住人が通過する時に紛れての侵入が可能であり、安心できるものです。

賃貸マンション 賃貸集合住宅の盗聴器を疑う事例

近所の人が知るべきでない情報を知っている時

家の中の情報で、外部に情報を張身していない時は注意が必要

会社の人が家出個々起ったことを噂している時

家の中の情報で、外部に情報を張身していない時は注意が必要

近所に見られない車や人がいる

上記二つは注意しているにもかかわらず、情報が洩れていないにもかかわらず噂になった場合は、特に注意が必要となります。

賃貸物件では前居住者が盗聴器を取り付けている可能性、または前居住者に関係する人が盗聴器を取り付けている可能性が考えられます。

盗聴は個人のプライバシーを侵害している為、盗聴行為は悪質な犯罪、簡単に盗聴器を手に入れることが可能な時代、プライバシーを守る為にも、盗聴器を、発見調査を依頼されることをお勧めします。

マンション 集合住宅の盗聴器を疑う事例

買取物件のマンションや集合集宅は、新築物件と中古物件共に盗聴を疑うなら調査するべきです。

買取となればすぐに引っ越すわけにもいかないからです。

近隣住民があなたの噂し話をしている

近隣住民があなたの情報を知っている

職場であなたしか知らない情報が流れている

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ