岡山 告訴告発 【告訴告発事例】

探偵アンバサダー調査事務所岡山では、クライアントの情報は外部に漏らさないのはもちろんのことですが、それ以外にもまずクライアントを第一に考えており、常にクライアントと連絡を取りながら解決していきますので、ご安心ください!私たちはトラブル解決はもちろん、クライアントがお願いして良かったと思って頂けるように日々努めております。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの内部告発の手伝いをしてきた調査とトラブルを解決するプロです。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

岡山 告訴告発 【告訴告発事例】
岡山 告訴告発 【告訴告発事例】

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

政治の金

相変わらず不透明な金が動きます。お金をクリアにすることはとても簡単なことなのですが政治家には難しいみたいです。 支援団体から政治家側に不正寄付か 法に抵触の恐れも 政治家文部科学相(60)の支援団体で集められた年会費収入などが、政治家氏の関連政治団体に不正に寄付されていた疑いがあるとする記事が週刊文春に掲載されることが、分かった。

少なくとも平成23~25年の政治家政治団体の政治資金収支報告書には、政治団体届け出がなされている東京の支援団体を除く支援団体からの寄付記載はなく、全収支の記載を定めた政治資金規正法に抵触する恐れがある。 神戸学院大法科大学院の上脇博之教授(憲法学)は「政治団体ではない支援団体の年会費収入が、会員の同意なく政治家側の政治団体に寄付されていたとすれば会員への詐欺罪などに当たる恐れもある。

記載しなかった政治資金規正法違反も疑われる」と指摘した。 関係者によると、「博友会」の名前を冠した支援団体が全国に10存在。10団体は下村氏の講演会を開いたり、年会費を集めたりしているが、東京の博友会を除く9団体は政治団体の届け出をしていない。

同誌は一部の支援団体の年会費収入などが下村氏が代表を務める政党支部「自民党東京都第11選挙区支部」へ寄付されていた可能性があると指摘した。

岡山 告訴告発 【告訴告発事例】
岡山 告訴告発 【告訴告発事例】探偵アンバサダー調査事務所岡山

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

疑惑議員

疑惑も持たれる時点でアウトです。
「旅行に出かけた事実はない」上西小百合衆院議員
フェイスブックで「疑惑」否定

上西小百合衆議院議員のフェイスブックページ
維新の党の上西小百合衆議院議員(31)が、病気を理由に3月13日の衆院本会議を欠席する一方、男性秘書(49)と旅行をしていた疑惑があると、週刊誌やテレビが報じている。上西議員は4月2日午後、自らのフェイスブックページで「旅行に出かけたというような事実はない」と発表し、疑惑を否定した。

上西議員は「旅行」について次のように否定し、「療養に専念していた」と説明した。
「一部週刊誌・メディアに報道されましたような『私が旅行に出かけた』というような事実はなく、療養に専念させていただいておりました」

さらに、「お陰様で全快とはいきませんでしたが、なんとか3月15日には地元での党務等も少し再開させていただきました」と続けている。
「採決に耐えられる状況」ではなかった

上西議員は、2015年の予算案が採決された3月13日の衆院本会議を欠席したことについては、次のように釈明した。
「事実関係から申しますとその数日前から私は嘔吐・腹痛・熱・悪寒等の症状があり、13日当日は体調不良でとても本会議での採決に耐えられる状況ではございませんでしたので、関係部署へ医療機関からの正式な診断書を提出の上、本会議を欠席させていただきました。

平成27年度本予算を審議する本会議であったので、その重要性は私も重々承知をいたしております。ですから、それだけ重要な会議を前にして体調管理ができなかったことに関しましては国民の皆様の負託を受けて議員活動をさせていただく立場の者として、本当に申し訳なく存じ心からお詫びを申し上げます」

上西議員の事務所によると、上西議員は12日に東京都内で医師の診断を受け、13日~14日は大阪の自宅で療養。15日の外出は「公務だった」としている。

岡山 告訴告発 【告訴告発事例】
岡山 告訴告発 【告訴告発事例】

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

代用沸かし湯で天然温泉 内部告発

告発とは、第三者(すなわち、告訴権者及び犯人以外の者)が、捜査機関に対して、犯罪事実を申告しその訴追を求める意思表示をいいます。

ここで、よく混同されるのが、「被害届」です。 「警察に届けに行く」という事をよくみなさん言われると思います。 これは、上記の「告訴」とは同じようで違うものなので、きちんと理解しておく必要があります。

景品表示法
不当な表示や過大な景品提供などを取り締まる目的で1962年に制定された。食品に限らず、消費者に商品やサービスを提供する業者が、品質や内容を実際より良く見せかけて表示することなどを禁じている。輸入牛肉を国産のブランド肉と偽って表示した場合や、温泉の成分を偽った場合などは、「優良誤認」に当たる。食品偽装問題などを受けて昨年11月、不当表示した事業者に課徴金を科す改正景品表示法が成立した。

桜の名所として知られる奈良県吉野町の吉野山にある創業300年の老舗旅館が昨年9月、水道水を沸かした湯の風呂を「天然温泉」と表示していたことが景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、県から是正指導を受けていたことが分かった。旅館によると、温泉水をくみ上げるポンプが昨年8月末に故障し、沸かし湯で代用していたという。しかし、その後も約1カ月、ホームページなどで天然温泉とうたって客を集めていた。
 
旅館「さこや」で、経営者の大村陽会長(78)は吉野町議も務めている。大村会長は「県の指摘まで(景品表示法という)法律があることを知らなかった」と釈明している。

県によると、さこやは2004年10月に敷地内の谷間で温泉を掘削。泉質の分析書を提出し、05年7月に温泉利用許可を受けた。館内の露天風呂などにポンプでくみ上げて「100%源泉かけ流し」と表示し、ホームページにも掲載。吉野山では数少ない天然温泉の宿泊施設として人気を集めた。

ところが昨年9月29日、県吉野保健所に「水道水を利用している」という趣旨の匿名の投書があった。保健所が同日中に確認したところ、ポンプの故障で温泉をくみ上げられなくなっており、水道水を沸かして湯船に張っていたことが判明。「天然温泉」とうたいながら水道水を提供している点が、景品表示法違反に当たるとして、保健所は是正を求める行政指導をした。

岡山 告訴告発 【告訴告発事例】
岡山 告訴告発 【告訴告発事例】

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。