岡山 士業トラブル 相談 対応 【士業とのトラブル解決】

岡山 士業トラブル 相談 対応 【士業とのトラブル解決】
岡山 士業トラブル 相談 対応 【士業とのトラブル解決】

トラブルや問題が身に降りかかった時、「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。

あらゆるトラブルを解決してきた専門家がが貴方のトラブル解決をサポートします。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える悩みを解決してきました。

警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 司法書士事件

赤磐市の司法書士、容疑者が不動産の登記書類を偽造したとして

有印公文書偽造で岡山地方検察庁に逮捕

岡山県赤磐市の司法書士、容疑者が、不動産の所有権の移転手続きに使う登記書類を偽造したとして有印公文書偽造などの疑いで岡山地方検察庁に逮捕されました。

司法書士の不祥事。士業で詐欺みたいなことするのか。なお、赤磐市に司法書士事務所はたった5つしかいない。
岡山地方検察庁によると、容疑者は顧客から不動産の所有権移転登記手続きを依頼され、岡山市内の5カ所の土地の証明書の写しに「所有権移転」などと記載した紙を貼り付けた上でコピーするなどの手口で偽造し、2013年8月顧客に送った疑い。故意に偽造したのが伺える。

登記書類を提出した岡山地方法務局から2014年9月30日告発があり、

10月1日に岡山地方検察庁が事務所などを捜索した後、容疑者を逮捕した。

法律家が法律を破るのもどうかと思う。なお、容疑者は岡山県司法書士会の副会長を務めていた。

岡山県司法書士会調停センターについて(会長声明)

日本司法書士会連合会

会長 齋 木 賢 二

岡山県司法書士会(以下「岡山県会」という。)が、本年3月に設立して実施していた「岡山県司法書士会調停センター」(以下「岡山調停センター」という。)について、法務大臣から、「裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律」に基づく裁判外紛争解決手続事業者(以下「ADR事業者」という。)としての認証を受けていないにもかかわらず、岡山県会は,認証を受けた調停センターとして運営していたことが判明いたしました。

岡山県会によると、認証を受けるための手続は担当役員一人を置いてこれに任せていたところ、その担当役員は、法務省に事前相談を行ったものの、その後の必要な申請手続を全く行っていなかったとのことです。

その上で、同担当役員は岡山県会に対して認証を受けられたとの報告をし、岡山県会もそれを信用して本年3月から相談受付を開始いたしました。

岡山県会が、認証を得ることなくADR事業者として業務を続けていたことは、例え岡山県会の故意によるものではないとしても,会が行うべき確認等をしていなかったのであって著しい過誤行為です。司法書士会と司法書士を信頼して、岡山調停センターを利用した市民に対し弁解の余地がありません。

当連合会は、この事態を受けて、岡山県会に対し、直ちに岡山調停センターの業務を中止させるなど必要な措置をとるとともに,今後このような事態が生じないよう、岡山県会に外部者を加えた調査機関を設置して、かかる事態の原因と再発防止策を検討させるよう求め会の業務について徹底的に改善することを指導いたします。

また、岡山県会が,岡山調停センターを利用された方々に対して十分に説明を行い、それらの方々に不利益が生じることのないよう対処するように指示いたしました。

岡山 弁護士事件

岡山弁護士会所属の弁護士が男児交通死亡事故の損害賠償請求事件を不適切に処理した上に事故の加害者名義で実際の和解額より低い金額を記した示談書を偽造していたが、事件処理を不審に思った依頼人が岡山弁護士会に申し立てた紛議調停委員会に偽造示談書のコピーを提出したことで有印私文書偽造・同行使罪容疑で逮捕された。

その後の調べで、交通事故・医療過誤・遺産相続等の民事訴訟に伴う賠償金や刑事訴訟の保釈金について22件計9億円の横領をしていたことが判明し、業務上横領罪で追起訴された。

岡山 士業トラブル 相談 対応 【士業とのトラブル解決】
岡山 士業トラブル 相談 対応 【士業とのトラブル解決】

岡山地裁の判決で「依頼人の信頼を根底から裏切り、依頼人の権利権益を実現すべき弁護士の職責に真っ向から反する行為で弁護士制度に対する信頼を揺るがすもので、強い非難に値する」「被害額も類例の乏しい莫大なものであり、被害者の多くは交通事故の遺族や重度の後遺障害を負った人々。

その状況を知りながら生活に不可欠な賠償金、保険金を横領し、さらなる窮地に追い込んだ」として被告人に懲役14年(求刑懲役15年)が言い渡された。

被告人は量刑が重すぎるとして控訴したが、広島高裁岡山支部は控訴を棄却した。被告人は上告したが、上告を取り下げて、懲役14年の有罪判決が確定。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 士業トラブル解決

岡山 士業トラブル 相談 対応 【士業とのトラブル解決】
岡山 士業トラブル 相談 対応 【士業とのトラブル解決】

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決依頼するしか選択肢は無いのです。

トラブルや問題が身に降りかかった時、「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。

あらゆるトラブルを解決してきた専門家がが貴方のトラブル解決をサポートします。

泣き寝入りをするか、解決するかのどちらかです。世間では、正しいから勝つのではなく、強いものが勝っています。

トラブルに巻き込まれた時に思い知らされる現実です。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。