岡山 電磁波調査 電磁波測定調査 電磁波障害岡山県岡山市倉敷市津山市

電磁波測定調査 電磁波調査 電磁波障害 岡山 倉敷 津山

岡山県内の電波電磁波のトラブルは探偵アンバサダー調査事務所岡山にお任せください。目に見えない電波や電磁波による人間関係のトラブルを抱えている方からも数多くご依頼が寄せられています。まずは、現状を正確に把握したうえでの対策や対処が必要です。被害者のご家族の方からもご相談が寄せられます。秘密厳守でご相談いただけますので安心してお問い合わせください

岡山 電磁波測定調査 電磁波調査 電磁波障害

電磁波トラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。目に見えない電磁波ですので非常に厄介です。電磁波でお困りの際は一度、電磁波測定調査を探偵アンバサダー調査事務所岡山に依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

電磁波・電波による、被害を訴える方が増えています。電波や電磁波は、目に見えるものではありません。匂いもありません。
気付かないうちに忍び寄り、体に悪影響を起こす可能性が指摘されています。昔と違い、生活が便利になり豊かになった一方で起こる副産物とも考えられています。

電磁波過敏症 電磁波障害 岡山 倉敷

電磁波過敏症 電磁波障害 岡山 倉敷

電磁波に過敏に反応してしまう「電磁波過敏症」も問題になっています。症状は様々です。
病院で検査をしても何が原因なのかはっきりしない場合は、電磁波測定をご依頼下さい。

電磁波過敏症でよくある症状としては、
・目まい  ・耳鳴り  ・動悸  ・吐き気  
・倦怠感  ・疲労感・ウツ  ・不眠  ・頭痛  
・食欲不振  ・のぼせ  ・かゆみ
など様々な症状を訴えている方がいます。

明確な研究結果は発表されていないものの、電磁波に過敏な方は生活に支障をきたすと訴えています。
電磁波被害の可能性を感じたら、今すぐ電磁波測定調査をご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

電波による嫌がらせを受けている!相談事例

【自宅での電磁波被害 倉敷市】

今のマンションに引っ越してからおかしくなりました。夜中になると体がピリピリします。足の先や手の先などから始まり、腰まで来ました。眠らせないようにされていると思います。

電磁波による微妙な痛みや刺激は大変不快なものです。早め対策をしましょう。

【不審な音を聞かせられる 総社市】

特定の場所に行くと耳の中で音がします。自分だけにしか聞こえないように電波を使って嫌がらせをされているようです。

音の存在は気持ちが悪いものです。部屋に盗聴器を仕掛けて様子を見ながら嫌がらせを行われるケースもあります。

【同級生からの嫌がらせ 津山市】

小学校の同級生の数人に嫌がらせを受けていました。時には声色を変えたりして罵られることもありました。もういい加減にしてほしいです。

過去にいじめやトラブルがあった相手から嫌がらせを受けることがあります。根本的な解決が必要でしょう。長い年月から恨みや妬みに変わることもあります。

【仕事の集中させないようにされる 玉野市】

工場勤務です。仕事に集中させないように声を送られていました。15年近く働いている仕事を奪おうとする画策です。

仕事を辞めさせる目的で嫌がらせを受けるといったご相談は多いです。相手の言いなりにならに用に対策を行いましょう。

【自殺させようとしてくる 備前市】

何もかもが嫌になるように仕向けられていました。自殺をの揉めかされるようになり怖くなって相談しました。

自殺するなどあってはならない事です。従ってはいけません。早急に対策を取りましょう。

注意:守秘義務のため、詳細の記載は出来ません。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

電磁波攻撃 対策 岡山 倉敷

電磁波攻撃 対策 岡山 倉敷

電磁波で攻撃されていると訴えている方もいます。
電磁波攻撃の対策は、現状を把握することから始めましょう。
どこに電磁波が発生しているのか、どこからくるものなのかをはっきりさせる必要があります。
まずは、電磁波測定調査をご依頼ください。
また、集団ストーカーでお困りの方もご相談ください。ガスライティングによる被害も起こっています。
貴方と家族の健康を改善し、安全な日常生活を送れる第一歩が電磁波測定調査です。

※思考を盗聴されると訴える方もいます。このようなケースは電磁波の調査をご希望されています。

ハバナ症候群と電磁波

ハバナ症候群は、2016年に在キューバアメリカ大使館および在キューバカナダ大使館の職員間で発生して以降、世界中のアメリカ外交官が報告した一連の頭痛等の症状の通称。

音響兵器による意図的な攻撃や、あるいはコオロギの掻爬と集団心理の影響とも推測されるが、真相は不明。

最初はキューバの首都ハバナで報告された。2017年8月、報告書は在キューバのアメリカとカナダの外交官が原因不明の頭痛、めまい、耳鳴りなどのさまざまな健康上の問題を抱えていることを明らかにした。

そして、これらの症状が不特定の技術を使用した攻撃の結果であり、おそらく音波を使用した「音響攻撃」ではないかと告発した。

2021年5月、ヨーロッパやアジア(中国以外)でも新たに被害が確認され、全ての被害者の数は130人以上に上ると『ニューヨーク・タイムズ』は報じた。また、外交官だけでなく、CIAや国防総省の駐在職員も被害を受けている。

同年7月には、オーストリア当局が首都ウイーンのアメリカ大使館などで発生している原因不明の健康事案について、調査を行っていることを明らかにした。コロンビアのアメリカ大使館で働く職員や家族らも被害を訴えており、バイデン政権が調査を続けている。

ハバナ症候群とコオロギ

キューバの首都ハバナでこの数年、米国やカナダの大使館員らが相次いで訴えた謎の頭痛「ハバナ症候群」。原因も正体もよく分かっていないが、近くその真相が明らかになるかもしれない。

 ハバナ症候群は存在するのか、キューバで2日間にわたって開かれ、同国や米国などの研究者らが、この症状について議論した。

 症状は2016年以降、ハバナに赴任した外交官やその家族らが「奇妙なノイズ」を家やホテルで聞いた後、頭痛や耳鳴りなどがするというもの。

18年には中国の米領事館でも同様の症状が報告され、外交上の懸案となっている。

 原因として「音響兵器」を使った攻撃説が出されたことも、この症状への関心を高めた。音をサンプリングした研究から、コオロギの鳴き声に似ているという見方が出されたほか、心因性の可能性を指摘する専門家もいる。最近注目されているのは、蚊を駆除する殺虫剤にさらされたためではないかという説。

 会合に出席したキューバ神経科学センターのバルデスソーサCEOは少量でも殺虫剤を長く浴びることで神経症状を示す人がいるという証拠が世界各地から出ているという。

※当社が現状調査を行っていない案件でのご質問にはお答えの仕様がございませんのでご理解ください。

まずは、現状確認のための調査をご依頼ください。

「自宅に侵入されたかもしれない」「監視行為がきになる」などはセキュリティーが心配です。自宅にいる時でも嫌がらせがあるようであればセキュリティーについても考える必要があります。今すぐ探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

電磁波測定調査 探偵アンバサダー調査事務所岡山 倉敷 津山

岡山県/岡山市/倉敷市/津山市/玉野市/笠岡市/井原市/総社市/高梁市/新見市/備前市/瀬戸内市/赤磐市/真庭市/美作市/浅口市

探偵アンバサダー調査事務所岡山

所在地:〒700-0817
岡山県岡山市北区弓之町13-17柴田ビル2F

 086-226-1099