托卵【たくらん】トラブル解決 托卵疑惑調査 托卵問題

探偵業をしていると托卵問題に対応せざるを得ない状況に陥ることがあります。

托卵(たくらん)とは、動物の習性のひとつで、自らの卵と、それから生まれる子の世話を他の個体に托する行為である。代わりの親は仮親と呼ばれる。もともとは鳥類のそれを指したが、魚類や昆虫類でも見られる。

基は、人間ではなく動物に使う言葉であるが、人間に対して使う場合は他人の子であるにもかかわらず、事実を知らせず、男子性の子供として育てさせる行為を一般的に托卵と言っている。

この托卵は、思いのほか多く遭遇することで、調査をしているとなぜか浮気相手にその子供は浮気相手そっくりということがあるがそのことは、クライアントには伝えにくいものです。

今まで、自分の子どもとして育てていたが、実は血のつながりがないという疑惑を持ってしまった場合、トラブルや悩みは、一日でも早く解決し、日常を取り戻していくことが人間として、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。

私共は、トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんなトラブルやお悩みの解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

托卵【たくらん】トラブル解決 托卵疑惑調査 托卵問題

托卵【たくらん】トラブル解決

托卵疑惑調査 托卵問題

岡山 探偵調査を通じて悩み問題解決 興信所

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 浮気調査 不倫調査 浮気 不倫の悩み解決

托卵問題

日本の法律では、実の子でないと判明しても、実の子として育てなくてはならない。前妻の女優との間の長男が実子ではないと報じられDNA鑑定の結果、父子関係がなかったことを事実とし世間をにぎわした。

日本では、この托卵問題は非常に複雑で、トラブルや問題が身に降りかかった時、「どこに相談すればよいのか分からない」と思われている方が大半です。

当社は、浮気調査、不倫調査をしてきた中で多く托卵をを見てきました。思っているよりも多くの托卵が有ると感じています。当事者が分かっている場合は除いて托卵は大きな問題です。

托卵問題 法律

血縁関係が無く親子関係がないことが証明すれば、養育義務もないということになりますが、裁判所からの判決をもらったうえで初めて認めれれます。

夫、妻両方の意見や証拠をもとに裁判所が命令を下す家事審判で親子関係が存在しないということを証明し、裁判所に認めてもらう必要がある。

夫と妻がお互いに「養育費を支払う必要はない。」と合意をしていれば、家事調停や家事審判をする必要もなくなりますが、現実的に問題となるのは、夫を騙し、その子供として育てさせた場合に大きな問題となるのです。

親子関係は、前提として生物学上の関係ですので、DNA鑑定によって父子関係が存在しないことが科学的に判明した場合には、父子関係は存在しないことになりますが、戸籍上は、父子関係はそのまま存在することになり、削除するためには別途法的手続が必要になります。

嫡出否認の訴え

婚姻した後に産まれた子どもは夫の子として推定され、原則として父子関係が発生します。

「この子とは父子関係はない。」と主張して法的手続をするためには、嫡出否認の訴えというものを裁判所に提起する必要があります。しかし、この嫡出否認の訴えというものは、訴えを起こせる期間が制限されており子の出生を知った時から1年とされています。

このような訴えを無制限に認めてしまうと、子どもの身分が不安定に晒される期間が長期間になるおそれがあるための措置です。

親子関係不存在確認訴訟

子どもが産まれてから数年後にDNA鑑定などで父子関係がないことがわかったとしても、上記の1年間という期間を経過してしまっているため、原則として嫡出否認の訴えを起こすことができません。

親子関係不存在確認の訴えというものは、妻が夫の子を懐胎することが不可能な事情が客観的に明白な場合(長期別居中に産まれた子だったり、夫が刑務所にいる間に産まれた子といった場合)にのみ可能です。

生物学上父子関係がなくても、法律上「親子」

DNA鑑定によって生物学上は父子関係がないことが明らかになったとしても、法律上は父子関係を否定することはできないということになってしまう。

DNA鑑定の結果で父子関係が無いと証明されても、法律上の父子関係は削除されないということとなります。

民法の嫡出推定の規定は、明治時代にできたものでDNA鑑定などは想定していない。技術の発達で、DNA鑑定は急速に低価格化が進み、手軽に利用できるDNA鑑定。

時代に即した制度に名なっていないのが現状です。

托卵【たくらん】トラブル解決 托卵疑惑調査 托卵問題

托卵【たくらん】トラブル解決

托卵疑惑調査 托卵問題

岡山 浮気チェック リスト 浮気の見分け方・見つけ方

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

DNA鑑定

DNA(デオキシリボ核酸)の構造が個人によって異なる特性を利用し、関係者のDNAデータをもとに、特定の個人や種を識別するもの。

 ヒトを含めた真核細胞のDNAの大部分は核内の染色体に存在し、アデニン、グアニン、シトシン、チミンをおもな塩基とし、これにデオキシリボースとリン酸が結合した4種のデオキシリボヌクレオチドが単位となっている。

この塩基の配列順序(塩基配列)によって、個体の遺伝情報のすべてがDNA分子の上に保存されている。

塩基配列の変異によるDNA多型は従来の血液型より遺伝情報量が多く、またDNA塩基配列を自動解析する自動シーケンサーの開発、PCR(DNAの特定領域増幅技術)で増幅したPCR産物の電気泳動分析方法の進歩によって、DNA多型の検査、すなわちDNA鑑定は個人識別や親子鑑定の主流となっている。

刑事事件や民事事件での個人識別、血縁鑑定や親子鑑定などで用いられ、犯罪捜査や法医学領域に役だっている。

DNA鑑定費用

DNA鑑定にかかる費用は、依頼する業者にもよりますが、10万円程度としているところが多いです。 事前に費用負担について決めておく必要があります。

裁判所の調停においては、原則として、申立人側がこの費用を負担することになります。

托卵問題の本質

托卵の本質は、様々な状況をそれぞれが抱えている為、単純で割り切れるものではありません。

妻の立場から考えてみると、一生涯かけて夫をだまし続ける音になるわけで、は嘘でも我が子との血のつながりのないという、家族の信頼を大きく損ねる重大な嘘なのです。

また子供にとっての説明も出来るわけもなく、どう対応して良いのかの答えはありません。

托卵に至ってしまった理由は。十人十色のそれぞれの事情があるのです。

托卵妻 問題の本質

托卵に罪悪感はあり、子どもも夫のことが好きで、他人の子供を自分の子と信じてすごく愛してるし傷つけたくない、隠し続けることのリスクと、いつかバレてしまうという不安。

結婚する前に付き合ってた男性小子供ということは分かっているが、タイミング的に夫の子でもおかしくない時期だったので、夫と結婚したが、顔が元彼そっくり夫とはあまりにも似ていないし、夫も「似ていないな」と言っているが、いつまでごまかせるかはヒヤヒヤしている。

上記のような不安や問題は常につきまといます。

事実として夫とは血縁関係が無い上に、夫の子供ということで日常生活をしている為、事実がバレてしまった場合今の生活と、家族関係が壊れてしまうという問題があります。

どのように悩んでも、夫と血縁関係が無いことは調べると分かることです。

托卵妻 問題の本質は、真実がバレてしまうことで様々な失うものがあるということです。

托卵された夫 問題の本質

DNA鑑定で親子関係を確認する男性が急増しているようですが、そのなかでも2割は実際に血が繋がっていないという結果が出出ているようです。

疑いを持った、男性のうち5人に一人という割合は、多いように思えますが、DNA鑑定を行うまでの高いハードルを越えての結果を理解することが重要です。

疑いを持った中で、2割はが自分との血縁関係がないということなので、血縁関係に疑問があれば、DNA鑑定をすることは必要と思えてしまいます。

1年前に子づくりができる状態でなかったなどの理由が無い限り、血縁上の父親でなく法律上の父親が子供を育てる義務が発生する。

夫と同居していれば妻が不倫をして他人の子供を出産していたとしても、1年バレずに過ごせば夫から養育費を貰えるということになる。

疑惑を抱くようなことが少しでもあれば、出産後すぐにDNA鑑定をすることも考えなくてはならない。

托卵された夫 問題の本質は、今まで信じていた親子関係の崩壊から派生されるあらゆるとトラブルになります。

托卵【たくらん】トラブル解決 托卵疑惑調査 托卵問題

托卵【たくらん】トラブル解決

托卵疑惑調査 托卵問題

浮気調査 不倫調査の準備

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

托卵がバレてしまったきっかけ

托卵がバレてしまうきかっけはあらゆるところにあります。

いつバレてしまうか分からない上に、どこからバレてしまうか分からないところに恐怖を感じてしまいます。

托卵を疑うきかっけは、大半が第三者からの影響に四つもので、自ら疑いを持ち確認をしようとしても、DNA鑑定をしてしまうにはハードルが高すぎて誰でもできるものではないのです。

自分だけでなく、外的要因で疑う要因がある時に初めてDNAを調べようと思うのです。

知人からの托卵情報提供

会社あてに托卵の情報提供があったケース

会社に長男が血縁関係が無い旨の手紙が届いたのをきっかけに、疑い始めてDNA鑑定に至ったケースがありました。

手紙での告白は、誰が父親なのかなどの追及がめんどくさいと思たのか手紙ということになったようで、最後まで誰が告発したか分からないようでした。

告発した人も、できる限り係わらないという考えでの手紙だったのでしょう。

妻の浮気疑惑から托卵がバレたケース

妻の浮気を疑った結果托卵がバレたケース

妻の浮気を疑った結果托卵ということが付きDNA鑑定をして、血縁関係が無いことが判明したケースがありました。

このケースでは、まず初めにDNA鑑定をし、その上で当社に浮気調査をされたケースです。浮気相手も判明、不貞行為のsyプ個も照れて後は当事者間での話し合いも無事終わったようです。

浮気調査 不倫調査で托卵が判明したケース

妻の浮気が発覚しただけでもショックは計り知れないのですが、その上、浮気相手との間に子どもを育てていたとしたらショックは計り知れないものがある上に、それら問題の対処をする必要があります。

事実を知った時、家の中はまさに修羅場となると思いきや、実際には途方に暮れるものです。

妻に裏切られたという気持ちだけではなく、さらに妻や浮気相手のことだけではなく、その上、子どもへの対応についても考えなければいけない。

托卵トラブルや托卵問題が身に降りかかった時、「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。

浮気調査中に托卵が発覚

浮気調査中に托卵が発覚したケース

調査員が、話しにくそうに「浮気相手が子供の父親じゃないですか」そう言ってきたのがすべての始まりでした。

調査は、数十日と長めの調査でしたから、調査員は子供と、不倫相手の男性をな数回見ているのですが、その男性とクライアントの子どもがよく似ているというのです。

映像を見てみると、似ているような気もします。クライアントとの面談中に。そのことを話してみたら、クライアントも疑が少しだけありDNA鑑定をしたのです。

結果は、嫌いアントとの血縁関係はないということだったよう。そのクライアントはDNA鑑定をすることに、ためらっていたのですが鑑定に踏み切ったのです。

調査員をすごく褒めてくれました。疑問を持っていてもDNA勘手に踏み切るにはためらいがあったようです。

托卵【たくらん】トラブル解決 托卵疑惑調査 托卵問題

托卵【たくらん】トラブル解決

托卵疑惑調査 托卵問題

損する浮気の対応 不倫の対応

托卵トラブル解決

カッコウなどでよく見られる、自分の卵をほかの鳥に育てさせる行為を托卵といい、その行為を人間にたとえて、「托卵」と言われています。

不倫には性行為がつきもので、その結果として妊娠出産という流れは、当然と言えば当然ですがそのことで様々な問題が出ています。

托卵トラブル未然解決

托卵トラブル未然解決には、素行調査、行動調査と結婚調査が良いでしょう。

パートナーに不信感を感じるなら調査をしてみることが、解決の糸口となるのです。

相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

素行調査、行動調査

素行調査、行動調査は、尾行と張り込みにより、対象者の行動を把握、監視する調査で、社内不正の疑いがある社員の素行調査や、取引先の信用調査、男女関係や親子関係間における調査などでも活用されます。客観的な情報や、裁判にも使える証拠を収集する目的の調査ともいえます。浮気調査はこの行動調査の一種です。

結婚調査

結婚調査の中の素行調査、行動調査のみの調査を行うことが有効です。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

行動調査 浮気・不倫の証拠には必要な調査

探偵アンバサダー調査事務所岡山

所在地:〒700-0817
岡山県岡山市北区弓之町13-17柴田ビル2F

 086-226-1099

岡山県/岡山市/倉敷市/津山市/玉野市/笠岡市/井原市/総社市/高梁市/新見市/備前市/瀬戸内市/赤磐市/真庭市/美作市/浅口市

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。