失踪は、姿をくらまして行方が分からなくなること。行方不明になること。

失踪調査は、上記の人を探す調査です。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。失踪調査事績に支えられ調査とトラブルを解決するプロです。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、失踪調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では、調査依頼でトラブルを避けるためと、時間の無駄を省くため、問い合わせの段階で、電話相談すら断っていることが多く、結果的に調査依頼をしない人に無駄な経費を使用しないので結果的に調査料金を低く抑えることに成功しています。

失踪調査の範囲は、何らかの原因によって連絡が取れなくなった相手や家族、借金から逃れるために失踪した債務者などの調査から、また、失踪になった原因を調べたり、失踪に関係した人、組織を調べることもあります。

失踪は何らかの問題を抱えての行動で、早期発見が今後の問題悪化を防ぐことが出来る方法の一つです。

失踪調査は探し始めるまでの初動スピードが発見率に大きく関わってきます。

事件や事故に巻き込まれるのを防ぐためにも、当社では当日調査着手の体制を整えています。

岡山 家出調査 行方調査 失踪調査

岡山で家出調査 実績のある探偵調査事務所

岡山で行方調査 実績のある探偵調査事務所

岡山 夜逃げ調査 夜逃げしたので探してほしい方は参考にして下さい

岡山 駆け落ち調査 駆け落ちしたので探してほしい方はこちらも参考にしてください

岡山で失踪調査 実績のある探偵調査事務所

岡山で失踪調査 実績のある探偵調査事務所

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

失踪原因と失踪理由 失踪調査と失踪対策

家族が失踪してしまったら、とても心配です。失踪をする人の心理を年齢や立場別に考えてみます。

年間の行方不明者は8万人にものぼるという。多いか少ないかは別としてそれが現実です。

失踪する原因は疾病関係が全体の約26%(21,852人)と最も多く、そのうち7割が認知症によるものです。

高齢社会の影響もあり、認知症による失踪は増加の一途を辿っています。

次に多いのが家庭関係の19%(16,142人)、次いで事業・職業関係の約11%(9,103人)となっています。職業上の行き詰まりや人間関係のトラブルでの失踪は、よくある。

若年層(10代・20代)の失踪原因では、進級や留年、進路不安などの学業関係や入社後の職場における将来への不安や人間関係の悩みなどが多く挙がり、逃避傾向が見られる。

失踪の原因は人によってさまざま、自殺に発展しかねないほど深刻なケースもあり、たとえ自殺などは考えていなかったとしても、事件や事故に巻き込まれて命を落とす可能性も否定できるものではありません。

失踪人の捜索で重要となるのは、「失踪となった原因を知る事」です。普段通りの生活から突然失踪した場合、残された人たちは何も分からないというのが現状でしょう。

失踪には、理由が必ずあり、家族が失踪を繰り返してしまう場合には、その原因をしっかりと理解して、対策を立てておく必要があると感じる当社ならではの視点で考えます。

失踪原因

失踪には必ず原因があります。原因のない失踪はないといっても過言ではありません。まずは何が原因で失踪をしたのか考えることが必要です。失踪人の特徴としては、それぞれの理由、背景、環境が存在します。失踪の原因を区分して考えるて対応を考えましょう。

緊急性が伴う失踪者の命に係わる大きな問題で、事件性があれば警察は動き出しますが、事件性がなければ特に力を入れて探しません。失踪人を職質しても保護する権利はなく、民事不介入できないのが現状です。

トラブルや問題が身に降りかかった時、「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。

失踪人の背景として、動機が単純なものから深刻なもの、他社の関与があるものなど、職業・年齢・置かれている状況なども様々です。年代別、失踪原因と理由として考えられるものをあげてみます。

失踪原因 失踪理由

失踪してしまう人にはどんな理由があるのでしょうか。これらの理由について、有効な手がかりとなることが多くそのことについて考えます。

人間関係トラブル 失踪原因 失踪理由

人間関係トラブルが原因の失踪です。いじめや仲間はずれなどは子供だけではなく大人でも、大きなダメージを与えるため、「学校に行きたくない」「職場に行きたくない」という気持ちを生むだけでなく、失踪という形で現実逃避してしまうケースがあります。

人間関係で悩みを持つと、かなり気分的に参ってしまうため、無事に発見できたとしても、本人の心境としては複雑なものがあるでしょうし、心のケアは必要となるでしょう。

家族トラブル 失踪原因 失踪理由

親の言動、行動で子供を締め付けているケースでは、その反発と回避行動として家を出ていくことあります。

暴力行為などの問題があったとしても、思春期の子供は複雑で、家庭の中に自分の居場所を見つけられなくなっての失踪です。精神的な不安定さが失踪という形となってということが原因といえるでしょう。

大人の場合でも、ひきこもり・同居トラブルなどが原因で失踪してしまうケースもあります。引きこもっているのに失踪するには、よほどの決意と、理由があり。失踪する本人以外には原因や理由知ら分からない事も多くありました。

正常な家族内のコミニケーションが取れていないことも失踪の原因といえるでしょう。

男女夫婦トラブル 失踪原因 失踪理由

夫婦喧嘩や男女間の痴話揉めはよくあることです、しかし、他社が関係する浮気・不倫となれば、「駆け落ち」という形の失踪につながるケースもあります。

単なる男女間の喧嘩であれば、取り立てて問題となることはありませんが、失踪するぐらいですから、何らかの自分の意思を貫くための失踪ですから、何らかの対処が必要となります。

当社で扱った案件では、見つけた時にはご主人以外の子供を出産していたケースもあり、対処は早い方が良いでしょう。ちなみにその案件は、当初何が失踪原因か全く分かりませんでした。

金銭トラブル 失踪原因 失踪理由

金銭トラブルを抱えた人が、逃避しようとして行動する選択肢の中に失踪があります。

金銭トラブルで失踪する場合、借金による失踪があり、借金できる人からを借りるだけ借りて、返せなくなったため、社金返済から現実逃避としての失踪や 、銀行からの借金を返せなくなって失踪するものなどがあります。

また計画的に、借金返済から逃れるための失踪もあります。

仕事トラブル 失踪原因 失踪理由

仕事でミスをして降格・減給された時や、突然解雇通告をされた時など、家に帰れないと思い失踪したり、会社経営者の場合は、事業に失敗したり、会社が倒産してじ金銭の返済が出来なくなり失踪ということがあります。

金銭関係が原因で失踪した場合、失踪者に代わって保証人や親族に返済義務が生じることがある為、思わぬ負担を強いられる恐れがあります。早期の対応が必要となってきます。

宗教トラブル 失踪原因 失踪理由

宗教トラブルでの失踪は、入信中の宗教が原因で失踪したり、信仰する上で、出家をするため名前までも捨て、他の信者と共同生活をする為、誰にも告げることなく失踪ということもありました。

悪質な宗教団体では、家族、知り合いに告げずに出家するルールがある宗教団体もありました。そのような場合、長期的に連絡が取れなくなることが当然です。

大学生が失踪したケースでは、学生サークルを装う宗教団体が、ボランティアや国際交流のサークルを名乗って、アンケートに個人情報を記入させたりと、巧妙に加入を迫ってきます。失踪し退学せざるを得なかったという案件があります。

また、共同生活をする中で、携帯電話を取り上げられていたり、宗教施設は見張りがいたこともあり、調査は難航することも多々あります。さらに、宗教施設内では、別名で活動をする団体もあり細心の注意を払って調査をする必要があります。

失踪に宗教が関係しているなら危険度は高いと考えて行動する必要があります。

犯罪トラブル 失踪原因 失踪理由

  • 行方不明者数は10年間よこばいの8万件
  • 行方不明者のうち、みつかっているのは約86%
  • 未成年の誘拐が増えている(アメメリカでは桁違いの未成年の行方不明者数です)

失踪の背景には、犯罪組織が関係していることもあり、強制的に連れ去られたり、犯罪が発覚することを恐れ失踪したり、組織が失踪者本人に身を隠すことを命じたりすることもあります。

失踪した人の中で14%が発見されていないということで、これは警察に届けをしている人での集計なので実際にはまだ多い数字ではないかと思えます。

失踪者本人では対応をとることが不可能なため、早期に対応をとるべき案件といえます。

世代別 年代別 失踪理由 失踪理由

失踪状況は、世代、年齢によって大きく異なり、警察庁の統計によると20代の失踪が最多で、なお、失踪原因も年齢によって偏りがあことが分かります。

失踪原因の特徴について世代別、年代別におおよその判断が出来ますので参考にしてみてください。

子供 0歳から12歳の失踪理由 失踪理由

子供(0歳から12歳)の場合、単なる迷子というの場別として、友達と遊ぶのに夢中で帰るのが遅くなってしまったなども別に考えると行方不明者の数は少ないといえますが、子供の失踪は事件性も考える必要が出てきます。

子供の場合は、家庭関係が原因の失踪が多いのが特徴にあげられます。叱られたり、親に恐怖心を抱いていたり、教育が厳しかったりなど、家にいることにストレスを感じた結果、家に帰ることが出来なくなり失踪となるケースもあります。

犯罪や事故が原因の失踪はあまりないとはいえ、どこで犯罪被害に巻き込まれる分かりません。

発見までに時間がかかりそうであれば、事件などに巻き込まれている可能性も考慮しながら、警察に協力を仰いで慎重に捜索する必要があり、子どもの場合は警察も積極的に動いてくれることが多いのが現状です。

学生 13歳から22歳の失踪理由 失踪理由

学生(13歳~22歳)が失踪する理由として、「家庭関係」「学業関係」「その他の人間関係」の3つです。

非行・失踪いった行動に走らせてしまいます。

小学生や中学生でもスマホを持っている時代です。親からすると連絡は取れる為安心ですが、子供はスマホの連絡は家族だけとは限らず、いろんな人へのアクセス窓口となり失踪の原因になることもあります。

多くの場合、すぐに保護されたりしますが、数日経っても発見できなければ、帰宅できない状態に陥っている可能性も視野に入れて対応をする必要が出てきます。

大学生などでは、金銭トラブル、宗教トラブル関係の失踪も増えてきます。

遺書が残されていた場合は、一刻を争いますので早急に調査依頼を検討してください。早期に対応することが必要な案件も増えてきますので、探偵アンバサダー調査事務所ご相談ください。

成人 23歳から65歳の失踪理由 失踪理由

23歳から65歳については、家庭関係、職業関係、金銭関係が原因で失踪するケースが多く、3つの要因が関係している失踪が多いのが特徴といえます。

現実的な金銭問題に対応することは、子供と違って自分の力で解決しなければならない場面も多く、常に逃げ出したいという気持ちを抱えながら生活していたという人もいます。

事業の失敗などの、失踪するような理由が見当たらない場合は、事故、犯罪関係の可能性も感がれることも必要です。

遺書が残されていた場合は、一刻を争いますので早急に調査依頼を検討してください。

遺書が残されている失踪

自殺者の数は微減傾向が続いていが、コロナ禍の影響か、令和2年以降は増加に転じ、年間2万人を超える水準となっているようです。

様々な問題で精神的に追い込まれたり、失業、倒産などの経済的な理由で、失踪する人が増えています。

遺書を残し、失踪したケースの対応について書くこととします。

遺書を残した失踪の対応

遺書があったり、自ら命を絶つ行為をほのめかす言動や行動がある場合、行方不明届を提出することにより「特異行方不明者」とされ、警察が積極的に捜索することになります。

探偵社への失踪調査依頼

警察の規模を考えると、犯罪の捜査や事故の処理など、その業務が多岐にわたり、自ずと行方不明事案にかけられる人員や時間に制約があります。

警察による届け出と並行して、探偵社にも調査依頼することをおすすめします。

失踪宣告

 不在者(従来の住所又は居所を去り、容易に戻る見込みのない者)につき、その生死が7年間明らかでないとき(普通失踪)、又は戦争、船舶の沈没、震災などの死亡の原因となる危難に遭遇しその危難が去った後その生死が1年間明らかでないとき(危難失踪)は、家庭裁判所は、申立てにより、失踪宣告をすることができます。
 失踪宣告とは,生死不明の者に対して、法律上死亡したものとみなす効果を生じさせる制度です。

ある人が行方がわからず一定の要件を満たした時、その人を死亡をしたものとみなす制度を失踪宣告といいます。
失踪者を死亡したものとみなし、財産関係などについての法的な安定を確保するのがこの制度の趣旨です。
失踪宣告制度は、相続の手続き上で特に問題となってきます。
失踪していた被相続人が死亡したものとみなされると、相続が開始されます。
さらに、遺族への遺族年金の給付や、生命保険金等にも関わってきます。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山県内の失踪調査対応地域 日本全国が対応地域

岡山県/岡山市/倉敷市/津山市/玉野市/笠岡市/井原市/総社市/高梁市/新見市/備前市/瀬戸内市/赤磐市/真庭市/美作市/浅口市