探偵社へ調査依頼する方は、ほとんどの方がはじめ調査依頼依頼するかたばかで、電話での問い合わせの段階から、緊張をするものです。

浮気調査の依頼を考えている人にとって、探偵社がどのようなところかテレビ情報で走ることが出来ないのが現状で、当社では過去のクライアントからの紹介で調査依頼に来られる方も多く、事前に当社のスタンスを理解されて来訪する方もいます。

もちろんその方がたも、調査依頼することが初めての方ばかりです。

初めて浮気調査依頼をする方が抱えるこのような疑問点を、過去に調査依頼をされた方からのヒアリングで質問をされたことを基に説明します。

浮気調査依頼に不向きな探偵社

2007年以降、探偵の営業には、各都道府県の公安委員会への探偵業の届け出が必須となり、探偵業の届け出がされていない会社は、探偵の仕事をすること自体が違法行為になります。

浮気調査依頼の面談を受ける時には探偵社が探偵業法の届け出をしているか、最低限のことですので必ず確認してください。

最適な探偵社を探すより、調査依頼しては、いけない探偵社を機破ることの方が簡単ですので説明します。

事務所の実態がない

架空の事務所を使った営業行為をしているところが実際にあります。

岡山県内の探偵社は一人だけで営業している個人事業主が多く、事業所の所在地を公開していない業者は、電話の転送を使い事業所があるかのように装っている可能性があります。

所在地を公開していても、行って確認してみると空き地だったり、建物はあるが部屋番号の記載がなかったりというケースも少なくありません。

個人経営の業者だけではなく、大手探偵社でも使われている手段で、面談の際に、事務所以外の場所を指定されたり、クライアントが事務所に来る機会を避けようとする探偵社には注意が必要です。

浮気調査依頼の失敗原因

浮気調査依頼の失敗の原因は探偵社とクライアントに原因があります。

調査依頼の失敗について説明します。

探偵社の浮気調査依頼失敗原因

探偵社によっては、浮気調査技術が未熟なため調査がバレてしまうというものが挙げられます。面談時の打ち合わせ不足なども調査発覚の原因となる為、探偵社の能力には調査力だけでは片手落ちといえます。

クライアントの浮気調査依頼の失敗原因

クライアント自身が、浮気調査対象者に調査をしていることをバラしてしまったり、対象者の身辺をがぎ回って対象者を警戒させている場合などが挙げられます。

浮気調査依頼前にすること事

パートナーの浮気を疑い浮気調査依頼を考えるということは、勇気のいることです。

まず気持ちの整理と、感情的にならないように精神を安定させることを最優先してください。

感情的になっている状態ではろくな判断が出来なくなり、2手、3手先を読んでから行動できるぐらいであると最良といえます。

浮気調査依頼前にしてはいけない事

感情的になり問い詰めるなどの行為は必ず避けるべきです。また事前情報を探そうとパートナーを調べる時には絶対にバレてはいけません。

探偵社のホームぺージには事前に情報を掴みましょうと書いているところもありますが探っていることが相手に分からないということが前提です。

当然、問い詰める必要は全くありません。問い詰めて白状するぐらいなら探偵は必要ありません。

もし浮気を探っていることがバレた場合

もし浮気を疑ったり、調べていることが発覚してしまった場合も安心してください。ただ調査料金が上がってしまうだけです。

調査料金が上がってしまう理由は、調査対象者が警戒し調査員の人員が多く必要になるからです。

ここまで理解出来たら電話で面談の予約を入れましょう。

電話で面談の予約を入れる

当社は、面談のご予約をお取りしています。完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることないように注意をはらっています。

アポなしの事務所への訪問は、基本的にお断りしていることが多く、クライアントからも安心できると言われています。

もしあなたが、クライアントで事務所で調査報告を受けている最中に他の方がオフィスに来られても対応できる方がいなければ、帰ってもらうしかないのです。

クライアントは時時間を取って調査報告を聞きに来ているわけですから、話を折られても嫌なものです。

電話で問い合わせ前にすること

まずは感情を沈めましょう。

気持ちを落ち着かせて次の事を考えましょう。状況の整理と情報の整理をしておいてください。

1 浮気が発覚したときの状況

スマホのラインのやり取りをを偶然見てしまって浮気を確信した理由など

2 浮気が情報がどこまで分かっているか

  浮気相手の情報など 相手は独身とか

3 今後どのようにしたいかを少し考えてみてください

どのようにしたらうしたらよいか分からないも当然ありで、浮気浮気を疑っている状態ならどのようにしたらよいか判断できるものではありません。

調査で得た情報を基に考えるクライアントも多いのです。

事実をしっかり確認してから、じっくりと考えることで後悔しない選択をすることが出来ます。