浮気の事実を知ったら、ショックで頭が真っ白になり、「浮気相手はどこの誰なのか」を知りたくなる人も多い。

離婚を考えていなくても、とにかく相手がどんな人なのか無性に知りたくなってしまいます。

浮気相手、浮気相手の素性を突き止めて、今後の関係をどうするべきか、見つめなおす判断材料の一つにしてみてはいかがでしょうか。

感情的なっては、あなたの思いどうりにならなくなります。

事実を知ることで、冷静な判断ができるようになります。

夫や妻の浮気相手を知りたい! そう思うことは当然です。自分と比べてどのような暮らしぶりなのか、家庭を持っているのか、職業は?いろいろ知りたいことはあると思います。また、浮気相手に対して 言いたいことがあるはずです。慰謝料などの請求を考えている方浮気相手がどこの誰だか知らないようでは請求できません。権利の主張すらできないようでは慰謝料請求はできません。

岡山 浮気相手 浮気相手調査 相手を知りたい

岡山 浮気相手 浮気相手調査 相手を知りたい

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

浮気相手 浮気相手を調べる方法

浮気相手に対して、慰謝料の請求を考えている方は多いですね。 もちろん、その額は大いに越したことはないのでは しかし、相手のことが分かっていないと、どこに何を請求して良いのかさえも分かりません。 浮気相手の住所や勤務先などを考慮したうえで慰謝料の額を算定する方も多いのです。

それは、自分が受けた苦痛を金額として換算する時に相手を見て計算するからです。 現実的な金額を算定するうえでも必要な情報と言えます。 また、浮気相手と別れさせるためにも浮気相手の情報は必要です。 浮気を繰り返させないためにも、重要です。

浮気相手を調べる方法として行動調査は必須だと思います。

孫子の兵法は、中国春秋時代(紀元前500年ごろ)に、思想家孫武によって書かれたとされる兵法書のこと。

孫子の兵法の特徴
1.戦争は国家の重大事なので、軽々しく始めるべきではない
2.情報収集と分析による綿密な情勢判断が重要である
3.不敗の体制を取り、勝算のある戦略構想を練るべし
4.戦略構想を実現する為に効率的な戦略計画を立て、実行せよ

調査は、上記の2番目の情報を入手するために非常に重要な事です。

確かな情報を基に、対応を考えることが今後の対応に間違いない判断の基準となります。

浮気相手の行動調査

行動調査とは、対象者の行動を確認/監視し、実態を確認する調査になります。対象者が、「いつ」「どこで」「何をして」「誰と接触するか」を明らかにすることを目的として実施されます。

事実を持ってどう対応するかが、浮気トラブルや浮気の悩みが、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。私共は、浮気トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんなトラブルやお悩みの解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

浮気相手の調査項目

浮気相手の調べるべこ項目は何をするかによって変わってきます。浮気相手の調査は、望む結果にもよりますが最低限知っておくべき情報は、 氏名や住所、勤務先や家族構成は把握しておいた方が良いでしょう。 もちろん、情報が多いほど優位な立ち回りを考える事が可能になります。

  • 氏名と住所 このくらいは調べることは最低限といえますが、誰と浮気しているか分からないということは多くあります
  • 浮気相手の家族構成 既婚者か、子供がいるかなどの家族構成を知っておくとどう対処して行くかの一つの基準となるでしょう。
  • 浮気相手の職場 勤務先を調査しておくと相手の人となりを少なからずはかり知ることが可能となります
  • 浮気相手の行動パターン 行動パターンが分かればいつどのように浮気をしているかの予測が付きあた油る対応が出来るようになります。
岡山 浮気相手 浮気相手調査 相手を知りたい

岡山 浮気相手 浮気相手調査 相手を知りたい

浮気調査依頼の必要性について

浮気や不倫は犯罪ではありませんので、
夫の浮気相手や妻の浮気相手は自分で調べるしかありません。

警察は民事不介入

探偵アンバサダー調査事務所岡山では、9割以上のクライアントから浮気相手の調査を依頼されます。 夫や妻の不貞行為の相手を知りたい欲求はもちろん、浮気の証拠を有意義に活用するためには浮気相手の情報は必要不可欠だからかです。

浮気調査や不倫調査の延長で調査依頼するとスムーズ

浮気や不倫には必ず相手がいますので、不貞行為の証拠が取れた際には浮気相手や不倫相手について調査を進めるのが一般的です。

浮気調査や不倫調査を進めていると、行動のパターンや会い方などが分かってる事が多いので、比較的調査もスムーズで費用も安く抑えることが出来るのでこのチャンスを逃すのはもったいないです。

知人と浮気していたケース以外は、

浮気調査の延長で浮気相手についても調べておくことをおすすめします。

あなたが浮気相手や不相手の事を知らなくても、相手はあなたの事を知っている可能性があります。

特にダブル不倫の場合など、浮気していることがお互いの家族にバレないように二人で共同して工作することがあるからです。普段妻とはいかないレストランで食事をしたり、夫の行動範囲で待ち合わせをしないなど徹底して隠している背景では、あなたの情報が筒抜けになっている可能性は高いでしょう。長く続いている不倫関係ほどよくあります。

※浮気関係を視点に考えた場合、あなたは「敵」のような扱いをされていることも少なくありません。

浮気相手はあなたの事を調べている可能性がある。
不貞行為の慰謝料請求ができない。
知らない相手に夫や妻が寝取られる。
浮気相手にバカにされる。
別れたと言われても確認できない。
嘘を信じてしまう。
また、浮気をしている人の中には「夫(妻)は馬鹿だから浮気をしても気づかない」と思って浮気や不倫を繰り返す人もいます。

相手を知らずに放っておくと、浮気が本気になったり、子どもができたり、別れたと嘘を付かれて信じたり・・・ろくなことにはなりません。

何の条件も要求もせずにタダ離婚するだけならば調査に費用をかけるのはもったいない話ですが、夫や妻との関係を修復するにせよ、離婚で条件を付ける場合も浮気が原因で離婚するのであれば浮気相手についても調べておいた方が良いでしょう。

岡山 浮気相手 浮気相手調査 相手を知りたい

岡山 浮気相手 浮気相手調査 相手を知りたい

浮気相手 浮気調査 のメリットとデメリット

簡単に説明すると、浮気相手調査や不倫相手調査のデメリットは費用がかかること。
あとはメリットしかありません。

今まで知らなかったことが次々と情報として入っていると、鬱(うつ)状態でしずんでいた人が生き生きしてきます。知らない事を知るということは脳が活発に働きだすのでしょう。アレもできるコレもしたいとやりたいこともあふれ出てきます。

浮気相手と別れさせたい。
慰謝料請求をしたい。
直接会って話がしたい。
浮気相手が離婚する前に離婚したい。
浮気相手の家族に知らせたい。
浮気相手の職場に行きたい。など
浮気相手についての情報が多いほど、

できることが増えたり様々な可能性もひろがります。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ