岡山 社内浮気不倫調査 企業内浮気不倫調査

社内の浮気トラブルや企業の不倫の悩みは、一日でも早く解決し、日常を取り戻していくことが人間として、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。私共は、浮気不倫トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんな浮気不倫トラブルやお悩みの解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

浮気不倫トラブルや問題が身に降りかかった時、「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。

あらゆる浮気不倫トラブルを解決してきた専門家がが貴方のトラブル解決をサポートします。

浮気や不倫は私生活上の行為・プライベートな行為とされ、プライベートな行為について、企業、会社からとやかく言われる理由はないということが基本となりますが、「職場の環境に悪影響を及ぼす」という場合に該当しない限り、浮気や不倫は、会社から処分されるようなことにはあたらないと言われています。

現実的に、会社が積極的に社員の不倫を取り締まるようなことはしていないことが通常でが、業務に関する不正を働いた、会社の金品を横領したというような、直接会社に対して損害を与える行為とは取扱いが異なります。

企業内や社内で浮気や不倫が横行している様では、様々な悪影響で業務効率や、社内の雰囲気は悪くなってゆきます。

浮気、不倫のトラブルを解決するために事実をもとにあらゆることを精査し対策を考えていく中で、クライアントの悩みを解決していきます。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。

岡山 社内浮気不倫調査 企業内浮気不倫調査

岡山 社内浮気不倫調査 企業内浮気不倫調査

岡山 探偵調査を通じて悩み問題解決 興信所

社内浮気不倫の特徴 企業内浮気不倫の特徴

職場で毎日顔を合わせ、同じ仕事に取り組んでいれば、恋心が芽生え男女の仲になってしまうことはあり、不倫関係の始まりは圧倒的に職場・仕事関係での出会いが多く、当社で扱ってきた浮気不倫調査では、職場での出会いが殆どでした。

本当事者たちはバレていないつもりでも周り社員は気がついており、社内不倫は職場に気まずい雰囲気になり、関係のない社員にとっては迷惑な存在の人たちであることは間違いありません。

妻や夫がいるのに、社内で出会った人と不倫や浮気する人は一定数います。社内浮気不倫の特徴や、不倫するきっかけ、紹介します。

岡山 社内浮気不倫調査 企業内浮気不倫調査

岡山 社内浮気不倫調査 企業内浮気不倫調査

岡山 浮気調査 不倫調査 浮気 不倫の悩み解決

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

恋愛至上主義

結婚をしていても、恋愛しているかのような気分を味わっていたいという人は多くいるのが現状です。
社内にそのような考え方をしている人がいると、社内不倫、企業内浮気は必然と発生しやすいといえるでしょう。

結婚生活が充実していたと知れも恋愛は別な事のようで、結婚生活に満足してても、男女ともに、外にそうした性の刺激を求めます。

恋愛がすべてのモチベーションとなっていることも多く、大病を患わないと不倫を辞めないケースもありました。

このような人の対応は、恋愛がすべてなので、何らかの外的圧力が加われば問題が大きくなることもあります。

また、このような人には依存症といえる特徴があります。

恋愛依存症

誰かと恋愛し、その人と長期的な関係を築けば、恋愛感情ホルモンが分泌されて、安定した人間関係が作られます。しかし社内や企業内で、浮気や不倫をしていては良い結果を見込めるわけでもなく、環境不和を起こしてしまいます。

アルコール依存や薬物依存、ギャンブル依存やセックス依存など、人間はさまざまなものに「依存」するケースがあり、最近は、ネット依存やスマホ依存など、昔はあまり聞かれなかったものも多い。人間は様々な依存で苦しむことは多い。

セックス依存症

セックス依存症は、依存する対象は実際に相手のある性交渉だけでなく、自慰行為への過度な耽溺、強迫的な売買春、乱交、露出や覗き行為、性的ないたずら電話、インターネットのアダルトチャットなど、全ての性的な活動が考えられる。

社内のセックス依存者は、それらによって得られる性的な興奮や刺激に溺れることが習慣化し、徐々に自己コントロールを失っていく。

事務所内での性行為などの行為におぼれたり常習化し企業としては対処する必要があります。

岡山 社内浮気不倫調査 企業内浮気不倫調査

岡山 社内浮気不倫調査 企業内浮気不倫調査

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

会社経費を使っての浮気不倫

会社の経費を役員、従業員が浮気不倫の費用とに流用しているケース以外に多く、背任罪、業務上横領罪に問われるのですが、それなりの立場いいたら、上手くゴマ欠かすことも出来ます。当社が扱ったケースでは、1年に500万円以上使われたケースもあり、それが7年間ともなれば大損害です。

浮気、不倫をするにも費用がかかります。その経費を会社の金を使い浮気や不倫を楽しんでいる輩は意外と多いのです。

また、浮気不倫の費用をねん出するために、必要も無い残業をしていたケースもあり、社内の浮気や不倫は企業や会社からすればよいことは望めません。

このような事を放置していては、様々な損害が出てきます。早期対応をすることをおすすめします。

社内浮気不倫のリスク 企業内浮気不倫のリスク

社内で仕事をしていれば、身近にいる男女それぞれが惹かれあってしまうことは自然なことなのですが、社内恋愛であれば経営者、社長は暖かく見守っていくことが通常ですが、自由恋愛といえど社内不倫となると話は全く別のものです。

企業、会社は一般的には濃密な人間関係の中で成り立っていますが、企業内浮気や社内不倫の発生は社内悪影響を避けがたいもので、企業内浮気、社内不倫が会社に及ぼす悪影響は無視できるものではないのです。

企業は健全な運営やほかの社員の士気を守るためにも、経営者、社長として社内不倫にはしっかりと対策る必要がありますが、社内不倫が起きてしまったときには対処しリスクの低減を図る必要があります。

社内不倫を理由にいきなり懲戒解雇になったり、厳重な処分を下すことも出来ず、「口頭注意、厳重注意、配置転換、左遷、警告、始末書、減俸、減給、出勤停止、降格、最悪の場合は解雇」ぐらいしかできないのが現状です。

浮気不倫の企業内リスク 社内リスク

社内浮気不倫をしている男女が恋愛感情と業務の区別がつかなくなり、経費精算や勤怠データ、人事異動などに不正を働くことはよくあ、経費の不正使用などが頻繁になる事もあります。

社内不倫の関係がこじれてしまった場合、セクハラやパワハラのような行為をするというトラブルに発展してしまうこともあります。

浮気不倫の当事者たちの業務の生産性が下がり、社内でギスギスした雰囲気が、周りの部下たちに不快感を与え、業務に支障をきたす場合があります。

浮気や社内不倫で会社の業務中に行われている場合だと、浮気不倫された被害者は自分の配偶者が勤務する会社に対して損害賠償請求をする可能性があります。

社内浮気不倫が起こりうるような環境を見逃していたという可能性が出てくると不倫の被害者からの訴えを避けられないこともあります。

企業が社員の監督について過失があると認められる場合や、相応の注意を払っていないとされる場合、社内不倫についての社員教育を怠っていた場合は法的責任を会社が負わなければいけない可能性が出てきます。

岡山 社内浮気不倫調査 企業内浮気不倫調査

岡山 社内浮気不倫調査 企業内浮気不倫調査

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

会社経営者サイドが行う社内浮気不倫調査

浮気、不倫関係の始まりは職場、仕事関係での出会いが多く、当社での浮気調査・不倫調査依頼も仕事関係での出会いがきっかけで発展したケースがばかりです。

職場浮気、社内不倫によって職場に気まずい空気が漂い、関係のない社員にとっては迷惑この上無いのが、社内浮気不倫、 企業内浮気不倫といえます。

リスクを考えると、社内不倫に気づいたら一刻も早く、企業側、会社側にとっても、まず事実関係を把握し適切な対応をとる事が、リスクに対処する最初の行動です。

会社経営者サイドが調査を行う理由 不正発覚

浮気不倫などで感情のもつれに発展し、人間関係が悪化すると、セクハラ・パワハラとみなされる行為に発展したり、また社内不倫と業務で公私混同が発生し、立場を利用し不正経費の流用や様々な不正を働くことがあります。

浮気や不倫の費用を会社費として不正利用などは、当社で扱った案件などでは非常に多く出くわしている上、プレゼント代まで会社経費で落としていた人もいます。

会社経営者サイドが調査を行う理由 職務怠慢

勤務時間中に不倫や浮気をしていることもしばしば、外回りをすると言ってラブホテルに、昼から夕方までというケースもあります。当然ラブホテルで仕事もできるわけもなく、売り上げは見る見るうちに下がっていったのでした。

破局した際の職務怠慢、浮気不倫の関係性が、周りの同僚に業務に支障をきたすレベルで、社内不倫の場合は、配偶者からクレームなどもあり得ます。すべて業務の生産性低下につながる問題です。

社内、企業内の浮気、不倫は様々な弊害を生みます。

社内浮気不倫は、当事者だけで済まされるというわけにはなららいことが多く、社内、企業内の人に迷惑がかかるからこそ、対応を十分いすることをおすすめします。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

不倫をされたサイドが行う社内浮気不倫調査

社内や企業内では浮気や不倫関係に発展してしまうことが多いのが現状で、 1日の多くの時間を会社で働いていると、人間関係は密になる事は当然といえます。

職場に異性がいれば、関わる機会も多くなる為、浮気や不倫に発展してしまうことも当然のようにあり、 不思議な事ではなく不倫関係にまで発展する可能性は十分にあります。

パートナーが同じ職場に勤めていなければ、行動パターンもつかめず、浮気の発覚が遅れがちになってしまいます。

浮気不倫を疑う状況なら、即調査をおすすめします。浮気不倫を放置してしまえば思わぬトラブルを招きかねません。

第三者からの社内浮気不倫調査依頼

浮気不倫を会社に告発をし、企業、会社側に解雇や退職勧奨、降格などの処分を取ってもらいたいと思っている人が多いものです。

しかしも内部告発をしたとしても、不倫が事実であっても、企業、会社側が当事者を処分するとは限らず、報告しても音沙汰なしということも十分にあり得ますし、実際にそのようなことが多いと聞きます。

状況によっては、脅迫や名誉毀損などで、告発側が反対に訴えられてしまうおそれもあり、十分に対応を考えて行動するべき案件といえます。「会社の同僚が社内不倫をしているので証拠を掴みたい。」といった内容のご相談をいただくことがありますが、雇用関係にあるなどのケースを除き、調査依頼をお断りさせていただくことがあります。

個人情報保護法 第十八条(取得に際しての利用目的の通知等)

個人情報を取り扱うに当たっては、その利用の目的(以下「利用目的」という。)をできる限り特定しなければならない。(第十五条)」「あらかじめ本人の同意を得ないで、前条の規定により特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱ってはならない。(第十六条)」とされています。

また、「個人情報を取得した場合は、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、又は公表しなければならない。(第十八条)」と定義されています。
しかしながら、十八条には4項において「次に掲げる場合については、適用しない。」と定められています。

  • 1 利用目的を本人に通知し、又は公表することにより本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利     益を害するおそれがある場合
  • 2  利用目的を本人に通知し、又は公表することにより当該個人情報取扱事業者の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
  • 3  国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的を本人に通知し、又は公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  • 4  取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

個人情報保護法の例外規定にある「利用目的を本人に通知し、又は公表することにより本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合」により、利用目的を調査対象者に通知しなくてよいケースとは、一般的に以下に該当する場合になります。

  • 依頼人と対象者が夫婦(事実婚含む)である場合
  • 依頼人と対象者が親子の場合
  • 依頼人と対象者が法律行為の相手方である場合。
  • 依頼人が対象者から被害を受け、被害防止に必要な場合

浮気トラブルや不倫の悩みは、一日でも早く解決し、日常を取り戻していくことが人間として、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。私共は、トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんなトラブルやお悩みの解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

探偵アンバサダー調査事務所岡山

所在地:〒700-0817
岡山県岡山市北区弓之町13-17柴田ビル2F

 086-226-1099

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。