企業の情報漏洩

顧客情報漏洩問題

危機管理の中でも細心の注意を払わなければならないのが、情報漏洩・顧客の個人情報 の流出です。情報の流出は企業間でも、また顧客との間でも信頼関係をなくし、 大きな損失となります。

顧客情報漏洩問題に関して、刑事事件化するための焦点が、不正競争防止法が規定する「営業秘密」に該当するかどうかです。 営業秘密情報とはどのような情報を言うのか 営業秘密に該当するためには以下の3点の要素を持っていなければいけません。

秘密管理性 秘密な情報であるとわかるように管理されている必要があります。 電子データ アクセス制限されていたり、ログイン時のログ取得がされてるなど 文書… 金庫や鍵棚に入れられ、ファイリング管理されているなど 有用性 事業活動に有効である、営業活動に有効であることが明らかであると証明する必要があります。

非公知性 誰もが知っている情報ではないこと、その企業独自、またはその情報単体が公ではないことを証明する必要があります。 「企業の責任は以前よりも軽くなり、雇用者の責任感も以前より軽くなりました。」 これまでは明確な職務規定がなく、「責任」という倫理観で縛ってきた企業も多くあったでしょう。

ただし雇用の流動性が生まれ、待遇面で就職を考える人が増えた場合に、倫理観を縛るためには厳格な個人契約が必要になります。 これまでの企業体質は見直し、営業秘密を流出させた社員がどのような罰則を受けるかを明記した契約書をまき、契約上での責任を理解してもらう必要があります。

情報漏洩が増えている

企業情報は宝の山、情報が金を生む時代です
最近、情報漏洩や産業スパイのニュースを見る機会が増えたように思います。

LINEように個人が気をつけて対処すべきというだけの話ではありません。
様々な乗っ取り、迷惑行為、スパムにLINEが取る対応方針とはLINE乗っ取り被害者はアカウント強制削除!?対策方法を確認

例えば、少し前にベネッセの情報漏洩がありました。

あの事件は国内最大級の情報漏洩だったため、とりわけ大きく報道されました。確定した個人情報漏えい件数だけで約760万件です。もちろんベネッセの事件、生命保険情報漏えい事件だけではなく、日本ではこれまでに個人情報漏洩や企業情報の流出、人材流出による産業スパイ事件などがあります。

近年、個人トラブルと同様に、企業間のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします!

企業の情報漏洩

こんなニュースがありました。企業の情報漏洩こんなことは日常的に行われているのが現状です。住宅関連の企業で、原価表を競合他社に渡されたり、営業先、顧客先リストを渡されたり、企業は情報の管理をしておかないと多大な損害が出ます。
韓国企業に流出した研究データ、東芝の最高機密だった
フラッシュメモリーに関する東芝の研究データの不正流出事件で、逮捕された男が韓国企業に流出させた情報は、東芝の機密データの管理基準の中で最もセキュリティレベルが高いものだったことがわかりました。
この事件は、東芝とフラッシュメモリーの事業で提携していた半導体メーカーの社員だった容疑者(52)が東芝の研究データをコピーし、その後転職先の韓国の半導体企業「SKハイニックス」に不正に提供したとして逮捕されたものです。
その後の警視庁への取材で、容疑者が流出させたフラッシュメモリーに関するデータは、東芝が3段階に分けている機密データのセキュリティレベルの基準の中で最も高いものだったことが新たにわかりました。容疑者は当時、提携会社の社員として東芝の四日市工場で、フラッシュメモリーの故障原因を解析する仕事をしていたため、データへのアクセス権限を持っていたということです。
警視庁は、杉田容疑者が、「SKハイニックス」に好条件で転職できるようにより機密性の高い情報を提供していたとみて調べています。 

企業の情報漏洩、社員の動向調査などは当社にお任せください。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

岡山の探偵アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

サイバー攻撃と情報漏洩

引先への、発注単価を盗聴やその他の情報収集により、競合した場合にすべて仕事をとられたりしたケースがありました。このように盗聴は情報収集の手段の一つとして考えてもいいのです。兵法として、相手の情報を入手すると戦略を立てやすくなるのです。情報をより多く入手することは、相手より優位に立てるため、盗聴や盗撮には時として過敏になる必要があるのです。また、人から人も気をつけなければなりません。信用していた部下や、同僚などからも情報が漏れる…いえ、故意に自分の利益の為に漏らすこともあるのです。

サイバー攻撃による相次ぐデータ流出

サイバー攻撃による相次ぐデータ流出を受け、政府と企業との間でサイバー攻撃に関する情報共有を促す大統領令に署名した。米政府は軍や情報機関、捜査当局などが持つ情報を一元化する新組織を設立。民間企業とも情報共有することで攻撃に素早く対応できるようにする。米アップルやクレジットカード大手のビザなど金融・IT(情報技術)企業も協力を表明した。

オバマ氏は企業経営者らを招き米カリフォルニア州で同日開いた「サイバーセキュリティーと消費者保護サミット」で演説。北朝鮮の関与を断定したソニー米子会社へのサイバー攻撃を例に挙げて「米企業が狙われ、企業秘密や知的財産を盗まれている」と警鐘を鳴らした。

大統領令では米国家情報長官の下に「サイバー脅威情報統合センター」を新設。各機関が縦割りで集めていた情報を集約するほか、企業同士の情報交換も促す。オバマ氏は「政府だけでは対応できない」と企業に協力を要請した。

オバマ氏は中国やロシア、北朝鮮などのハッカーがサイバー攻撃に関与していると批判。シリアや過激派「イスラム国」に同調するハッカーも侵入や乗っ取りなどの攻撃を仕掛けており「国家安全保障への挑戦だ」と訴えた。

サミットにはアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)らも出席、政府とともに安全強化に取り組む方針を表明した。アップルはセキュリティーが高い自社の決済サービスを連邦政府のカードで使えるようにして、政府職員への攻撃を防ぐ。インテルはパスワードを使わず生体情報などを利用する認証技術を開発した。

サイバー攻撃による被害は拡大

サイバー攻撃による被害は拡大している。米医療保険大手アンセムは5日、契約者や社員らの個人情報が最大8千万件流出した恐れがあると発表。金融機関や小売業などでも数千万人規模の情報流出が相次ぎ、対策は急務だった。2016米会計年度(15年10月~16年9月)の予算教書では、サイバー攻撃対策の強化に140億ドル(約1兆7千億円)を計上した。

一方、13年に米中央情報局(CIA)の元職員が告発した米国家安全保障局(NSA)による個人情報収集活動の影響で、政府と距離を置くIT企業も多い。サイバー攻撃対策には民間の協力が不可欠なため、官民で共有する情報からは不要な個人情報を削除することを認めるなど、プライバシー保護も打ち出した。

情報漏洩事件 SNS

山梨県警察本部鑑識課長が、1月に同県内で起った火災について「2人死んでました。明日は検証です。寒そう……」などと、会員制SNSに書き込みをした出来事は、記憶に新しいところだ。
福岡の消防団員が火災現場を携帯電話のカメラにて撮影、「はなはだ不謹慎」との非難を浴びたという事件もあった。

「公務員の場合、職務上知り得た秘密を漏洩したら、懲戒免職モノと教育されている」(地方公務員)という声を裏づけるように、冒頭の山梨県警鑑識課長はこの書き込みにより本部長訓戒、福岡の消防団員も近く処分される見通しという。どちらの事案も、利用者に実名での参加を求めている会員制SNS・Facebookでの出来事である。

Facebookは、利用者に実名での参加を求めている。この実名性が、Facebookにおける書き込み内容の信憑性が高いとされる所以だ。

自衛隊の情報漏洩事件
「背景から広島湾、那沙美の瀬戸と丸わかり。護衛艦にある20センチ望遠鏡から撮影したのは間違いない。分角(目盛)が入りこんでいることで、映りこんでいる建物と潜水艦のセイルの位置などから、海上自衛隊の艦艇の航路が容易に読み解ける。この位置に機雷でも仕掛けられたら、たまったものではない」
つまり安全保障上、問題のある写真である可能性が高いということだ。もっとも今の時代、広島湾に諸外国が機雷を仕掛ける可能性は、現実的には低いかもしれないが、元幹部海上自衛官は、こう懸念を示す。

「国内のテロ組織が、漁業を装って、この位置に魚網を仕掛け、スクリューを巻き込ませるなど、自衛隊を標的としたさまざまなテロ行為の可能性が考えられる。つまりこの写真は、Facebookに投稿されてはいけない代物。しかもこの広島湾の那沙美の瀬戸は狭水道なので、航行するときに、こうした写真が撮影できるのは艦長、副長、甲板士官くらいしか考えられない」

安全保障上の問題があるばかりではなく、勤務時間中に写真撮影を行っていた疑いは濃厚だ。このほかにも、護衛艦「はたかぜ」のエンジンルーム、艦砲射撃の写真もあわせて投稿されていた。「はたかぜ」のエンジンルームも「詳細は話せないが、外部に出してもらっては困る」(元海上自衛隊幹部)写真だという。

試験問題漏えい事件

この問題は起こるべくして起こった問題で、人間に対して個々の良識で対応を考えていたこと自体が問題である。こんなことでは司法の信用問題にも発展する汚点である。
今年の司法試験の内容が漏えいした問題で、法務省は8日、試験問題作成などを担当する「考査委員」を務めていた明治大法科大学院の青柳幸一教授(67)が、試験前に教え子の受験生に問題の内容を漏らしていたと発表した。
考査委員は非常勤の国家公務員として守秘義務が課せられており、法務省の司法試験委員会は同日、国家公務員法違反(守秘義務違反)容疑で青柳教授を東京地検に告発した。
法務省の調査に対し、青柳教授と受験生は漏えいの事実を認めており、同省は同教授を考査委員から解任。告発を受けた地検特捜部は、漏えいの経緯などについて本格的に捜査を始めた。教授は明大を通じ、「大学と社会を騒がせて申し訳ない」とコメントした。
法務省などによると、青柳教授は作成に関わった憲法の論文試験1問の出題内容や論述すべき事項を、今年5月の試験前に教え子の20代女性に漏らした。試験を採点していた別の考査委員が、他の受験生と違って答案の内容が高度なため不審に思い、漏えいを指摘したという。
漏えい先はこの女性1人で、法務省は女性を採点の対象から除外するとともに、今後5年間、司法試験などを受験することを禁止する行政処分を行った。
企業のトラブルも増加しております。法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします。

盗まれるカード情報

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。
詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

買い物をしたときに提示したクレジット機能付きカードから、番号などが盗み取られ悪用される被害が相次いでいる。専用の機械などを使わず、スマートフォンで写し取ったり、声で記録したりと手口も様々だ。専門家は「カード利用の危険性を認識すべきだ」と指摘する。
警視庁は、盗み取ったカード情報で不正に電子マネーを購入したとして、東京都台東区浅草橋5丁目、元コンビニエンスストアのアルバイト店員で接客業の神野大二郎容疑者(29)を電子計算機使用詐欺容疑で逮捕し、28日発表した。
サイバー犯罪対策課によると、逮捕容疑は、昨年9月18日ごろから12月15日ごろの間に、不正に入手した他人名義のクレジットカード情報を使い、ゲーム関連会社のウェブサイトで電子マネー計17万6千円分を不正に購入したというもの。容疑を認めているという。
同課の説明では、神野容疑者は昨年4~7月ごろ、アルバイトをしていた東京都調布市のコンビニエンスストアで、客2人がポイントをためるために提示したクレジット機能付きポイントカードを「機械の調子が悪い」と言って預かり、カード番号や有効期限などをスマホで撮影したり手書きでメモしたりしていたという。同課は、神野容疑者がこの情報を悪用していたとみている。

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。