岡山 脅迫文 脅迫状 対策 相談【脅迫対応サポート】

脅迫文、脅迫状は、人物・団体に対して一方的な要求を突きつけると共に、文面に書かれている要求が実現されない場合に反社会的な行動の文書。

頻繁に脅迫文などのトラブルに見舞われることは無いのですが、脅迫文被害に遭うと当事者だけでは対応できることは少なく,第3者を利用することが必要なことは多々あります。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える脅迫文の悩みを解決してきました。

警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

岡山 脅迫文事例

中学の部活動停止 脅迫文
市教委は、「部活動を中止しないと何人かに死んでもらう。自殺の覚悟もある」などと脅す内容の手紙が届いたため同日から3日間、市立中学18校のすべてで部活動を中止すると発表した。県警署は威力業務妨害容疑で捜査を始めた。

市教委によると、手紙は郵送でに教育総務課に届いた。A4判の紙1枚で、特定の校名やクラブの名前はなかった。

また、市教委に「いじめられても、知らんぷりをするのはゆるせない」、県教委に「部活動の中でいじめられて苦しんでいる中学生はたくさんいる」などと書かれた手紙が届いていた。各中学は生徒への聞き取り調査を実施したが、いずれもいじめは確認できなかったという。

市教委は、全中学の校長へ説明。校長らは、「中止はやむを得ない」と理解したという。
市教育委員会は、市立中学18校で部活動を3日まで見合わせると発表した。教委に、「部活動を中止にしないと自殺する覚悟がある」などとする手紙が届いたための措置としている。

市教委によると、昨年末以降、市教委や県教委に、部活動の中止や解散を要求する手紙がそれぞれ1通ずつ届き、今回で3通目。手紙には「部活動の中でいじめられて苦しんでいる中学生はたくさんいる」「いじめられても、知らんぷりをするのはゆるせない」などと書かれていた。

1、2通目が届いた後、各中学校の担任教師や部活動の顧問を通じて事実確認をしたが、該当するようないじめの事案はなかったという。

市教委は、中学校の部活動でいじめを受けたと主張して殺人や自殺をほのめかす差出人不明の手紙が届いたとして、市立の全中学校18校で部活動を3日まで中止することを決めた。

市教委によると、手紙は届いた。学校名などの記載はなかったが、部活動でいじめがあったと主張。「我慢の限界。部活を止めなければ、土日に何人かの人に死んでもらう。自殺をする覚悟もある」などと書かれていたという。

部活動でいじめられたと主張する手紙が計2通届いたが、市教委の調査では該当する学校やいじめ事案は確認できていないという。ただ、今回は殺人や自殺に言及していたため、万一に備えて部活動の中止を決めたという。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。 

岡山 探偵 アンバサダー調査事務所

脅迫文対策
相談ダイヤル 086-226-1099

岡山 脅迫文 脅迫状 対策 相談【脅迫対応サポート】
岡山 脅迫文 脅迫状 対策 相談【脅迫対応サポート】

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山脅迫文 投稿

見ず知らずの女性に乱暴をしようとし、その後に脅迫文を投稿をした事件である。

たぶんであるが、その時の映像などを撮られていなかったから警察に相談できたのでしょうが、これが、勤務先、親元等の個人情報を相手が握りなおかつ、行為の映像や画像があればだれにも相談できずにずっと脅されていることでしょう。

私どもでは、実際にそのような案件を解決したことがあります。私どもに相談に来た時はすでに脅されて3年がったていたのでした。脅す相手が入念に計画を立てていた場合、相手の要求を呑むしかない状況に追い込まれます。

誰にも知られず脅迫を解決したいなら私どもへ相談ください。

岡山 脅迫文 脅迫状 対策 相談【脅迫対応サポート】
岡山 脅迫文 脅迫状 対策 相談【脅迫対応サポート】

元全日本王者、女性乱暴事件後脅迫文を「メールしろ」と投函していた。
ボート競技の元全日本王者の選手が女性に乱暴しようとした疑いで逮捕されました。この男は、事件後に脅迫文を女性の自宅に投函していたことが分かりました。

ボート競技の元全日本王者の容疑者は、面識のない20代の女性のアパートの部屋に押し入り、粘着テープで手首などを縛り、乱暴しようとした疑いが持たれています。その後の警視庁への取材で、事件後、遠藤容疑者が女性が住む部屋のポストに自分のメールアドレスと「バラされたくなかったらメールしろ」などのメッセージを載せた脅迫文を投函していたことが分かりました。取り調べに対し、容疑を認めています。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では、クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

脅迫文 対策対応

脅迫文の加害者は、意外と身近にいるものです。なぜなら脅迫文を出したら被害者の反応を見たいと思うのが加害者真理と言えるからです。身近にいる加害者だからこそ意外と犯人を見つけ出すことができるのです。犯人が判明すればどのように対応するかは、じっくり考えることを勧めます。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では水面下で調査。コンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

また、裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。

クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。

岡山 脅迫文 脅迫状 対策 相談【脅迫対応サポート】
岡山 脅迫文 脅迫状 対策 相談【脅迫対応サポート】

脅迫文は、ある人物・団体に対して一方的な要求を突きつけると共に、文面に書かれている要求が実現されない場合に反社会的な行動により報復・ないしは破壊的行為を以て臨む事を知らせる文書の俗称。なお、ここでは文書以外の例も記す。抽象名詞として恐喝行為自体も意味する。

脅迫文は、差出人の意思を伝える手段であると同時に、差出人の社会的背景を反映する重要な証拠が詰まっている物証ともなる。多くの場合、脅迫状を分析・解析することで、差出人の身元を割り出す事ができると以前はされていたが現代では困難場合が多い。またメールなどでの脅迫文も最近増えてきている。

東京・世田谷で開催予定だった盆踊り大会を、「中止しないと痛い目に遭う」などと脅す内容の封書が会場の小学校に届き、主催者が盆踊りを中止したことが、分かった。同署は強要容疑で捜査を進めている。
署によると、脅迫文は会場の小学校にに郵送で届いたという。小学校が同署に相談した。主催する地元の商店街は、開催する予定だった盆踊りを中止することを決めた。

トラブルや悩みは、一日でも早く解決し、日常を取り戻していくことが人間として、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。私共は、トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんなトラブルやお悩みのごを解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。