岡山 個人情報 情報流出 対策 対応

個人情報漏洩対策

様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか?そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。
フォロー体制も万全です。相談時はもちろんですが、案件の経過期間中であっても、随時専門スタッフによるサポートを受ける事が出来ます。常に見守るスタッフがいるので安心です! 警察OBも在籍

個人情報 同意なし転用拡大へ 改正案衆院通過 情報流出

岡山 個人情報 情報流出 対策 対応
岡山 個人情報 情報流出 対策 対応

個人情報保護法改正案が21日、衆院本会議で可決された。企業などが本人の同意なしに変えられる個人情報の使い道の範囲を、いまの条文の「相当の関連性がある範囲」から「相当の」を削る内容だ。今後、参院で審議されるが、大半の野党も賛成しているため、大きな変更なく成立する見通し。

同意なく使える範囲が、大きく広がる可能性が高い。

当初は本人の同意なしに使い道を自由に変えられる規定を入れる案もあった。しかし、消費者団体などの反発を受けて撤回するときに、いちど集めた個人情報を別の目的にも転用できる道を残した。法案成立後、2年以内に本格的に施行される予定だ。

国会審議では、山口俊一IT担当相が、電力会社が省エネを促すサービスのために集めた家庭の電力使用状況は法改正後、社内の研究開発や安否確認サービスにも使える、と説明。山口氏は「自信をもって(使い道を変えることが)できる」と述べた。変更できる範囲は「本人が予期し得る限度内だ」ともいうが、さまざまなサービスで同じように使い道を変えられる可能性がある。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

個人情報流出事件 

個人情報流出は企業だけでなく、個人レベルでも力を入れなければならない状況で情報流出の具体的な対策を考える必要があります。

実際にどのような情報漏えい個人情報流出のトラブルが起きているか知ることが重要です。

 4万7千人分の情報流出事件

 成績などネットで閲覧可能に 

千葉大は、教育学部の男性教授が研究室からデータ保存用の外付けハードディスクを自宅に持ち帰るなどしたため、学生名簿など延べ約4万7千人分の個人情報が約1カ月にわたりインターネットで閲覧可能な状態だったと発表した。個人情報が悪用されたとの連絡はないという。

千葉大によると、この教授は、個人情報を入れたままハードディスクを自宅に持ち帰り、ネットワークに接続。適切なセキュリティーを設定しなかったため、ネット上でハードディスク内の情報が見られるようになった。

ハードディスクには卒業生や在校生計約3万7500人分の学生名簿をはじめ、約3400人分の成績、教授が教える他大学の約3900人分の学生名簿などが保存されていた。学内の規定で成績などの個人情報を研究室外に持ち出すことを禁じていたが、教授は「研究に使うためだった」と説明しており、軽い気持ちで持ち帰ったとされる。

岡山 個人情報 情報流出 対策 対応
岡山 個人情報 情報流出 対策 対応

外部から指摘があり情報の流出が判明。翌27日にハードディスクをネットワークから外すなど教授に指示したが、検索サイトから情報を完全に削除するのに約20日間を要したという。

同大学生の情報が漏れた他大学にすでに謝罪を行った。千葉大生には、今後メールで説明する。ハードディスクには約10年分、15万ファイルの情報が保存されているため、詳しい内容の調査を進めている。

県庁で記者会見した安村勉理事らは「関係者に迷惑を掛け申し訳ない」と謝罪。教授の処分を検討するとともに、個人情報の管理徹底へ教職員に対する教育と指導に努めるとした。

個人情報流出785万件

不正送金事件の摘発サーバーに―カード番号

中国から日本国内へのインターネット接続を中継する「プロキシ(代理)サーバー」の運営会社が不正アクセス禁止法違反容疑で摘発された事件で、警視庁は、流出したネットのIDやパスワードなど個人情報約785万件が同社の中継サーバーから見つかったと発表した。重複分を除くと約506万件で、うち約5万9000件が大手ショッピングサイトなどで悪用された可能性があり、同庁が調べている。

警視庁はショッピングサイト運営会社などに情報を提供し、被害の未然防止を要請。IDやパスワードの使い回しが、さまざまなサイトに自動的にログインを試みる「リスト型アカウントハッキング」の被害に遭っていることから、注意を呼び掛けている。

警視庁によると、摘発したサーバー運営会社「SUNテクノ」(東京都豊島区)の中継サーバーからリスト型アカウントハッキングのツールも見つかった。ツールは中国語で作成されていたという。

岡山 個人情報 情報流出 対策 対応
岡山 個人情報 情報流出 対策 対応

中国の犯行グループが流出したIDとハッキングツールを使い、ショッピングサイトや無料通信アプリ運営会社など3社のサーバーに繰り返し不正アクセスし、約5万9000件のIDやパスワードで不正ログインに成功したとみている。

中継サーバーからはIDやパスワードのほか、氏名や生年月日、クレジットカード番号なども見つかった。流出経路は不明で大半は国内のIDとみられるが、ドメイン名から米国や韓国、台湾のものもあったという。

SUNテクノの中継サーバーからはこれまでに、韓国の金融機関10社や国内大手銀行の偽サイト、ネット銀行利用者のものとみられるIDなどが300件以上発見されていた。警視庁は中継サーバーが不正アクセスやサイバー犯罪の温床になっているとみて、詳しく調べている。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 顧客情報流出

顧客情報流出

不倫専門出会い系サイトの情報流出 不倫は本来は、倫理から外れたこと、人の道から外れたことを意味する。近年では特に、近代的な結婚制度から逸脱した男女関係、すなわち配偶者のある男や女が配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことを指して用いられる配偶者のいない男や女が、配偶者がいる異性と恋愛し、性交を行う場合も含む。古くは姦通、不義密通といったくだけた表現では浮気と呼ばれる。この言葉は未婚の恋人同士でも使われる。

不倫を奨励するカナダの出会い系サイト「アシュレイ・マディソン」の運営会社は20日、同サイトがハッカーによる攻撃を受けたと発表した。

利用者を特定できる情報が、インターネット上に一時流出したという。
運営会社によると、「許可されていない参加者」がサイト内の複数のアクセスポイントを通じて利用者のデータを取得し、ネットに掲載した。サイバー攻撃を加えたと主張するグループは、声明で「サイトを即時かつ永久に閉鎖しなければ、本名や住所を含む全ての顧客記録や、利用者の性的妄想を添えたプロフィル」などを公開すると脅迫した。
運営会社は既に問題点を改善したとしているが、「世界中の主要IT企業と協力してきた安全対策でも攻撃を防げなかった」と利用者に謝罪した。
アシュレイ・マディソンは2001年創設。「人生一度。不倫をしましょう」を売り言葉に業務を拡大し、利用者は現在、世界46カ国で3700万人を超える。

個人情報の悪用 個人情報漏洩調査

女児誘拐未遂

逮捕の巡査「巡回連絡カード」悪用勤務する交番の管轄エリアで小学4年の女児(10)を誘拐しようとしたとして、県警は18日、地域課巡査、容疑者を未成年者誘拐未遂容疑で逮捕した。容疑者は女児の自宅前に乗用車を止め、女児が帰ってきたところを、車から降り声をかけた。私服で、警察官であることは明かさず、女児や父親の名前を口にして父親の知り合いを装っていた。

容疑者が女児や父親の名前を事前に知っていたことについて、県警は、職務上知り得た情報を利用した疑いがあるとしている。地域をパトロールする巡査は通常「巡回連絡カード」を使って個人情報を収集しているとみられ、今回もこれを悪用した可能性が考えられる。

巡回連絡カードは、警察庁が「住民の安全で平穏な生活の確保に役立てる」として地域警察官に住民の情報を収集させている制度。事件・事故が発生したり、迷子を保護したりした緊急時に家族への連絡に役立てると説明し、家族全員の氏名、生年月日、勤務先、学校名などの記入を求めている。

女児や両親と容疑者に元々面識はなく、女児と友達は、パトロール中の容疑者を5、6回見かけたと話しているという。この時の容疑者の挙動について県警は「地域の見守り活動をしているような様子だった」と説明しているが、「かわいい女の子をつけ回していたのでは」と疑う声も住民の間から出ている。隣町の主婦は「そもそも何のために書かされるカードなのかと思っていた。今回もし警察官に悪用されたなら、巡回連絡カード自体、廃止してもらいたい」と憤る。

容疑者が勤務していた交番は原則2人体制。監視・管理体制が弱く、個人情報を比較的容易に入手できた可能性もある。過去には長野県警や愛知県警で、交番の連絡票のコピーを悪用したり、駐在所の情報照会用端末を不正操作したりした手口もあった。

情報流出 情報漏えい

今では、パソコンなどでの情報漏えいが騒がれていますが、本当に怖い情報漏えいは、社員などの内部の人間が何らかの見返りの為に情報を外部にも出しことです。実際にベネッセの例もあるように情報を見返り目的で持ち出す場合は、情報の使い道があらかじめ決まっていることもあるのです。

当社で携わった案件では、ある企業の原価単価票をライバル企業に売り渡していた社員がいました。

情報管理は企業なら十分にしておく必要があります。
東京都は24日、職員用パソコン端末6台がウイルス感染し、うち3台が都の内規に反して個人情報を保存していたため、情報が外部に流出した可能性があると発表した。

悪用されたケースは確認されていないという。

発表によると、3台のうち1台は都立駒込病院の職員のパソコンで、患者の氏名や受診科名など延べ2万6799人分の個人情報が保存されていた。残る2台には、病院で実習を受けた学生の氏名や学校名など延べ589人分、都下水道局の職員の住所など7人分などがそれぞれ保存されていた。

いずれも職員が特定のソフトを起動したパソコンで外部のホームページを閲覧した際に感染したとみられる。

都ではパソコン9台が感染していたと発表し、うち4台には、都税の還付を受けた法人名や個人名など2709件分のデータなどが保存されていた。

トラブルが起こった時の解決方法は弁護士や警察だけと思われがちですが違います。解決のノウハウを買う時代です。ネット上をいくら探してもあなたのトラブルを解決してくれる知恵など書いていません。誰にも相談できずに一人で悩んでいる方は探偵アンバサダー調査事務所岡山へお問い合わせください。

家族や職場にバレないように解決したい方からもご依頼が寄せられています。誰にも知られず解決というのが理想です。泣き寝入りせず、解決向けて取り組む方を全力でサポートいたします。証拠をお持ちでない方も諦めずにご相談ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。