岡山 体罰事件 体罰隠ぺいトラブル解決

「しばけや」「体罰や」生徒が教諭挑発増長傾向 体罰事件の余波
立高校の体罰事件が発覚して以降、同市立中学校の生徒指導担当教諭の約4割が生徒から「しばけや」「体罰や」などと言われる挑発・揶揄が増えたと感じていることが、市立中の校長らで作る研究班の調査で分かった。

体罰事件の余波

約6割が「生活指導をやりにくくなった」とも回答。体罰事件をきっかけに全国的に体罰撲滅が進む水面下で、生徒の一部が増長し、教諭が萎縮している現状が浮かび上がった。

高校で、男子バスケットボール部の男性顧問から繰り返し体罰を受けていた2年生の主将が自殺。文部科学省が緊急の全国調査に乗り出し、各地で体罰を行った教諭の処分が相次ぐなど社会問題化した。

こうした中で市立学校の現場から生徒の挑発行為に悩む声が上がるようになった。生活指導の経験が長い校長を中心に現状把握のための研究班を発足。市立中にアンケートを行い、128校の生徒指導担当教諭から回答を得た。

事件以降、挑発・揶揄があったと回答したのは約5割の62校。具体的には、生徒から殴るそぶりをされた際に手を振り払うと「体罰や」と言われた 喫煙をした生徒から「何を言われても変わらない。変えたかったら、しばけや」と言われたなどがあった。

約4割の48校がこうした行為が「(桜宮事件の)以前よりも増えた」と回答。「以前は0回だったが月10回ぐらいに増えた」や「ほぼ毎日」「事あるごとに挑発行為が起こる」などの申告があった。

「生活指導がやりにくくなった」と答えたのは約6割の81校。「教諭が手出しできないという感覚で平気で物を壊したり、傷つけたりすることが増えた」という指摘や、「暴力や危険行為を防ぐための行為でも体罰と言われかねない」「状況や背景に関係なく体罰の言葉でくくられる」などの悩みも寄せられた。

子供は、教師みたいな大人は少ないこと知らない。とんでもない事になる。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題、悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

岡山の探偵アンバサダー調査事務所岡山
相談ダイヤル 086-226-1099

岡山 体罰事件 体罰隠ぺいトラブル解決
岡山 体罰事件 体罰隠ぺいトラブル解決

体罰隠蔽 横行 

教師の体罰・暴力の実態を把握するため、市が委嘱した弁護士チームが市立学校を調べた結果、一部の中学校で暴力を知りつつ市教委に報告しなかったり、調査せずに「教諭から聴取した」などとうそを伝えたりした疑いがあることがわかった。

体罰 市への学校報告 外部調査で指摘

教諭をかばうため、虚偽の報告書を作った疑いも浮上。チームは市教委に再調査を求めた。

高校で一昨年発覚した暴力問題を機に、市が弁護士でつくる「外部監察チーム」に調査を依頼。チームは外部から情報が寄せられた小中高など計41校を調べ、24校で体罰・暴力を確認した。市教委は昨年12月にその調査概要のみを公表したが、隠蔽(などの疑いには触れなかった。

チームが作った報告書によると、ある中学のハンドボール部顧問が生徒を平手でたたいたり、ボールをぶつけたりしていた。顧問も「女子生徒数人や3年男子全員をたたいた」と認め、被害をうかがわせる生徒のアンケートも存在した。だが、校長は「指導の一環であり体罰ではない」として市教委に一切報告書を出していなかった。

組織があれば、このように隠ぺい体質は必ず生まれてくるもので、当たり前のことと思って対応すべきです。組織の中では対応できないような手法が、事実を知るのは必要となってきます。

そんな時には当社をご利用ください。あなたの力になります。
いじめトラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。目に見えないいじめ行為もありますから非常に厄介です。いじめ」でお困りの際は一度、現状把握調査をに依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。

岡山 体罰事件 体罰隠ぺいトラブル解決
岡山 体罰事件 体罰隠ぺいトラブル解決

いじめ認知件数 過去最多

いじめ認知19.8万件=過去最多、2.8倍に―12年度問題行動調査・文科省
 2012年度に全国の小中高校などが把握したいじめは前年度の2.8倍の19万8108件だったことが10日、文部科学省の問題行動調査で分かった。1985年の調査開始以来最多。同省は、大津市の中2男子自殺問題を受け教員らの意識が向上し、積極的に把握に努めたためと分析する一方、「これまでの認知に不十分な点があった」(児童生徒課)と話している。

 都道府県別では、最多の鹿児島が3万2167件(1000人当たり166.1件)、最少の佐賀が207件(同2.0件)。昨年11月公表の12年度上半期の緊急調査(全国で14万4054件)と同じく大きな開きが出た。同課は、調査手法の違いや事案の認識に差があったのが理由とみている。

 学年別では中1が14.9%で最も多く、小3~5と中2が11%前後で並んだ。いじめの97.3%は解消済みか一定の解消が図られたが、転校や退学も783件(0.4%)あった。

 態様別(複数回答)では「からかい、悪口や脅し文句」(64.3%)、「遊ぶふりをしてたたかれたり蹴られたりする」(21.4%)、「仲間外れや集団無視」(21.3%)が上位を占めた。項目ごとの割合は前年度と大きくは変わらず、パソコンや携帯電話を使ったいじめは0.3ポイント減の4.0%(7855件)だった。

 一方、自殺した小中高生は前年度より6人減って196人。うちいじめが要因に含まれるのは中学生5人、高校生1人の計6人だった。

不登校は小中で前年度比4769人減の11万2689人だったが、高校では同1303人増の5万7664人だった。 
 これは、文科省が積極的に把握しようとしたのと、各自治体もにいじめ把握の意識が出てきたためでしょう。しかしまだまだ表に出ていないいじめはあるでしょう。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。