体罰 体罰事件の余波

「しばけや」「体罰や」生徒が教諭挑発増長傾向 体罰事件の余波
立高校の体罰事件が発覚して以降、同市立中学校の生徒指導担当教諭の約4割が生徒から「しばけや」「体罰や」などと言われる挑発・揶揄が増えたと感じていることが、市立中の校長らで作る研究班の調査で分かった。

体罰事件の余波

約6割が「生活指導をやりにくくなった」とも回答。体罰事件をきっかけに全国的に体罰撲滅が進む水面下で、生徒の一部が増長し、教諭が萎縮している現状が浮かび上がった。


高校で、男子バスケットボール部の男性顧問から繰り返し体罰を受けていた2年生の主将が自殺。文部科学省が緊急の全国調査に乗り出し、各地で体罰を行った教諭の処分が相次ぐなど社会問題化した。

こうした中で市立学校の現場から生徒の挑発行為に悩む声が上がるようになった。生活指導の経験が長い校長を中心に現状把握のための研究班を発足。市立中にアンケートを行い、128校の生徒指導担当教諭から回答を得た。

事件以降、挑発・揶揄があったと回答したのは約5割の62校。具体的には、生徒から殴るそぶりをされた際に手を振り払うと「体罰や」と言われた 喫煙をした生徒から「何を言われても変わらない。変えたかったら、しばけや」と言われたなどがあった。

約4割の48校がこうした行為が「(桜宮事件の)以前よりも増えた」と回答。「以前は0回だったが月10回ぐらいに増えた」や「ほぼ毎日」「事あるごとに挑発行為が起こる」などの申告があった。

「生活指導がやりにくくなった」と答えたのは約6割の81校。「教諭が手出しできないという感覚で平気で物を壊したり、傷つけたりすることが増えた」という指摘や、「暴力や危険行為を防ぐための行為でも体罰と言われかねない」「状況や背景に関係なく体罰の言葉でくくられる」などの悩みも寄せられた。

子供は、教師みたいな大人は少ないこと知らない。とんでもない事になる。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題、悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

岡山の探偵アンバサダー調査事務所岡山
相談ダイヤル 086-226-1099

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。