岡山 探偵トラブル

探偵は、クライアントの権利や利益を守ることが仕事です。調査依頼を受けたらすべての調査に誠実に対応し、クライアントの要望を叶えることが仕事です。

探偵の仕事は、クライアントの立場や権利を守るため、日々、最良の解決を考え目指すものです。敷居が高いと思われがちな探偵社ですが、実際に敷居が高いと思っていただく方がトラブルに合わずに済みます。

探偵に無料でアドバイスをもらおうと思って気軽に探偵事務所に訪れるものではありません。「インターネットの広告にはお気軽に相談して下さい」などと書いていますが、本当は調査依頼する気が無いのに簡単に考え、面談したら無理矢理契約させられたなどの相談電話などの問い合わせは年数件とあり、当社に電話されてもその探偵社との契約ですので、私どもでは何も答えることが出来ません。

無料相談とうたっている探偵社でも実際は、契約して入金しないと経費も賄えないわけですから、契約をしようと必死になっているのです。

岡山 探偵 トラブル
岡山 探偵 トラブル 探偵アンバサダー調査事務所岡山

クライアントも、どの探偵社に調査依頼するべきか悩むことでしょう。しかし無料だからといって面談に効くと探偵社も契約を取るための面談ですので、契約しようとするのは当然のことです。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では、調査依頼でトラブルを避けるためと、時間の無駄を省くため、問い合わせの段階で、電話相談すら断っていることが多く、無料相談を希望している人に無駄な経費を使用しないので結果的に調査料金を低く抑えることに成功しています。

下記の事例は、探偵の違法な調査の事例ですが、違法調査をしてまで調査費用を欲しがる探偵社が存在するのも事実なのです。そんな探偵社に調査依頼すればトラブルになると思います。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、無料のサービスをクライアント以外には行うことはしていません。無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。クライアントが出している費用はクライアントのみに使います。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

その上、調査員との調査打ち合わせもクライアント情報は必要最小限の事のみ伝え情報の管理をし、情報管理を徹底管理しているのが探偵アンバサダー調査事務所岡山なので、安心して調査依頼ができるのです。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 探偵トラブル事例

探偵会社幹部逮捕 別の個人情報不正取得

ワークショップコーディネーターのが以前交際していた元教員の男に殺害された事件で、被害者の住所を調べた探偵会社について、県警捜査2課は、民間企業から別の個人情報を不正に取得した疑いが強まったとして、幹部の男を不正競争防止法違反(営業秘密侵害)容疑で逮捕した。別の幹部1人も同日中に逮捕する方針。捜査2課は、住所も不正に入手した可能性があるとみて追及する。

ストーカー 個人の情報、 業者間で安易に売買

捜査2課は6日、探偵会社の事務所や社長の自宅などの関係先の家宅捜索を始めた。
捜査関係者によると、容疑がもたれているのは、元教員から住所調査の依頼を受けた探偵業者から発注を受け、住所を調べた探偵会社幹部2人。今年初夏ごろ、公共インフラを扱う企業から不正な手法で個人情報を入手した疑いがある。
事件は数年前発生。元教員が被害者さん宅を訪れて被害者を刺殺し、事件直後に現場で首をつって自殺した。
県警は事件前に、被害者に「殺す」などのメールを送ったとして、元教員を脅迫容疑で逮捕。被害者は結婚後の姓や住所を元教員に知られないよう警察に求めていたが、逮捕状に部屋番号まで記した住所が記載されており、捜査員が元教員を逮捕する際、住所の一部を読み上げた。


元教員は被害者を殺害する前日に、被害者の夫の名前という大まかな住所を探偵業者に伝えて調査を依頼し、同日中に詳しい住所を教えてもらった。元教員の自宅から、この探偵業者からの請求書が見つかっていた。警察は、個人情報を売買していた探偵業者や業者に情報を流していた公務員などを相次いで摘発しており、一連の捜査の過程で今回の調査会社が浮上したとみられる。

元教員は執行猶予判決を受けた後に1400通以上のメールを被害者さんに送りつけていたが、当時のストーカー規制法ではストーカーと認定する条件である「つきまとい」に当たらず、再度の摘発はできなかった。

探偵 岡山
探偵アンバサダー調査事務所岡山

被害者殺害事件をきっかけに、警察庁はストーカー事件などで被害者の氏名や住所などを加害者に知られないよう都道府県警に通達。拒む相手にメールを繰り返し送信することを禁じる改正ストーカー規制法が成立している。

岡山のアンバサダー調査事務所岡山では男女のもつれや近隣とのやっかい事、金銭や犯罪にまつわる問題だけでなく、家族・親族間での心配事は勿論の事、職場や企業における悩み事、商取引における衝突などにも対応させて頂きます。これら以外にも諸々のご相談事を承っておりますので、該当するものがないと思われるケースに遭遇しておられる方も、是非一度当方までお問い合わせ頂ければ、専門スタッフがご相談に応じさせて頂きます。
 

探偵 調査依頼なら

探偵アンバサダー調査事務所岡山

相談ダイヤル 086-226-1099

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。