今、増加中の高齢者トラブル解決相談 全国対応

老害という言葉が近年言われることがあります。組織や社会で幅を利かせすぎて言動が疎まれる高齢者、傍若無人な振る舞で迷惑をかけている高齢者などを指す表現として使われる言葉が老害という言葉で表しているのです。

老害という言葉は、組織の世代交代・新陳代謝を阻む高齢層といった意味が主流だったのですが、組織というよりは世間・地域社会において迷惑な振る舞いをする老人を指す言葉として用いられていることが多いです。

根性論を持ち出して若者をなじる、自分を無条件に絶対的に敬うように強いる、自分の気にくわないことがあれば感情的に怒りを爆発させる、一切譲歩しない、自動車を運転して高速道を逆走し、事故を起こ寺迷惑をかける、など様々な問題を引き起こすことがあります。

しかし、この高齢者トラブルは他人事ではありませんし、高齢者も犯罪被害によく合っていることも事実です。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える高齢者トラブル、高齢者問題の悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、 高齢者トラブル、高齢者問題 の本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

高齢者が加害者になるトラブル解決相談

自己中心的な行動で周囲に迷惑をかけたり不愉快な気持ちにさせたりする老害

迷惑、不快の基準は被害者の主観によるもので、客観的な判断基準があるわけではない。周囲の人間に迷惑をかける人を老害と呼んでいるのです。

人は年老いると、心身の衰えによる言動は周囲が多少の迷惑を被るとしても老害と呼ばれることはあまりないし、老害と呼ばれる人は、自分本位な思考によるものの場合が多い。

老人の自分本位な考え方が、社会のルールを守らず、常識からも外れるような言動に結びつき、老害と呼ばれるべき迷惑行為と認識されるのである。

しかし、現実に我慢できる範囲を超えたトラブルも多く、刑事事件に発展していることも多く、対応はしておかないと危険を排除できません。

高齢者トラブル解決相談 全国対応
高齢者トラブル解決相談 全国対応

高齢者が加害者になるトラブル例

高齢化が進んだ現在、高齢者が事件や事故に巻き込まれるケースが多くなりました。しかしその反面、高齢者が加害者となる事故やあおり運転といった交通トラブルも多発し、社会問題化しています。政府や警察の資料では、この数年間、交通事故で亡くなる人の数は全体的に減少傾向にありますが、高齢者の占める割合が年々増加し、近隣トラブルか高齢者が関係している事件も多く問題が山積の状況です。

高齢者が加害者になる交通トラブル例

逆走などの、高齢ドライバーの事故のニュースは日々見かけることとなり常態化している状況ですが、注意が必要なのは運転する人だけでなく、高齢者の加害交通トラブルを理解することがトラブルを避けるには重要となってきます。

内閣府の統計を見ると65歳以上の高齢者のうち、交通事故で死亡にまで至った方の割合は、歩行中73.7%と最も多く、次いで自転車乗用中の人が67.2%を占めていました。これに対し、自動車乗車中は48.1%、二輪車は20.8%です。 (出展:高齢歩行者等の死亡事故の発生状況 平成29年交通安全白書|内閣府)

運動機能低下と判断ミス、認知機能低下といった要因が考えられていますが、トラブルを避けるには高齢者の行動について理解し対応を考えることで、リスクを低下することが可能です。

高齢者のあおり運転対策としてドライブレコーダーは必須と考えてください、証拠能力としては前方だけでなく後方や車内まで全方向の録画ができるものが最適です。高齢者の特徴として自分は悪くないと主張することが多く、ニュースでその話題を取り上げられています。(いいずか事件)

安全安心と自己主張の為にドライブレコーダーなどのテクノロジーを活用する必要もあるでしょう。

高齢者が加害者になる近隣トラブル例

 高齢者が関係する近隣トラブルがこじれると当事者だけで解決するのは難しくなることがあり上に、古くから住んでいる場合は、当事者だけで済めばよいのですが、近隣住民を巻き込み大きなトラブルに発展してしまうこともしばしばあります。

 高齢者の近隣トラブルの解決においては、被害者と加害者の双方が地域で孤立することなく解決していくことが重要なのですが、高齢者特有の思考や考え方が大きく左右するので解決するには困難を極めます。

この問題を対応するなら、被害者の救済とともに加害者も地域の住民であるという視点を持って円満な解決を図ることで、地域社会のつながりを保っていくことができるよう考えなくてはなりません。

最近、高齢者に加害者の殺人事件などの事件も多く、身近の脅威として高齢者を見る必要が出てきました。

今、増加中の高齢者トラブル解決相談 全国対応
今、増加中の高齢者トラブル解決相談 全国対応

高齢者が被害者になるトラブル解決相談

高齢者が詐欺被害によく合っているなどが典型的な例ですが、当社でよく扱っている案件は、一人暮らしの老人をターゲットとして、家に上がり込み財産を奪っている輩の調査です。

この手の犯罪は、以前からあったのですが、このコロナ過で益々増加しています。

この手の犯罪を犯す輩は、社交的ではたから見ると良い人に見えますが、一皮むけばゲスの極みというようなヤツばかれで、老人の身ぐるみをはぎ取るような連中です。

身内の老人が一人暮らしをしているような人がいれば注意が必要です。

高齢者が被害者になるトラブル例

高齢化が進んだ現在、高齢者が事件や事故に犯罪被害者になるケースが多くなり、高齢者が犯罪被害者となる詐欺トラブルも多発し、社会問題化しています。

高齢者は詐欺師の狙われやすいのですが、騙されたと認めることもできない高齢者が多くいることを理解するということは重要です

家族がいる方はまだ良いのですが、一人暮らしの高齢者の方が身内にいる方は特に注意してください。

高齢者が被害者になる犯罪トラブル例

マイナンバーカードと高齢者 給付金詐欺
高齢者の一人暮らしに不安 悪質商法
高齢者一人暮らし 特殊詐欺
高齢者のネット詐欺被害 
高齢者をネット詐欺やアポ電強盗

など高齢者をターゲットにする犯罪はどんどん進化します。詐欺はその典型的ら例です。

一人暮らし高齢者が被害者になる犯罪トラブル例

少子高齢化と長寿化が進むなか、一人暮らしの高齢者が多く、自立して元気に暮らしている高齢者が多い一方、健康面など不安を抱えながら一人で暮らしている方もいます。年をとればとるほど体力は衰えていくので、何かと不安要素は増え、家族の立場から一人暮らしの高齢者に不安に感じるのも当然です。

一人暮らしの高齢者には、周囲からの支援が必要となることが多いのです。多くの自治体では一人暮らしの高齢者への支援を提供していますはそれだけでは犯罪被害を防ぐことはできません。

一人暮らしの高齢者を狙い、家財を売り払い、家まで売り飛ばされたということのありました。

一人暮らし高齢者が家族にいる場合は注意が必要です。

今、増加中の高齢者トラブル解決相談 全国対応
今、増加中の高齢者トラブル解決相談 全国対応

介護保険施設等の高齢者が虐待被害 高齢者トラブル解決相談

施設などでの安易な身体拘束も虐待です

介護保険施設等では、「身体拘束」が禁止されています。家庭における「身体拘束」も、高齢者に与える悪い影響は施設と同じです。しかし、家族の介護力には限界があり、拘束せずに介護を続けるためには、事業者や地域の適切な支援が欠かせません。

ケガの予防や認知症(痴呆)の行動障害の防止策と思われがちな身体拘束ですが、問題となっている行動の目的や意味が理解されず、適切な介護や支援が行われないことで、高齢者本人の状態はむしろ悪化し、心身に重大な影響が生じることが明らかになっています。

無届け有料老人ホームで、入所者の手首をベッド柵に縛り付けたり、介護放棄のネグレクトが行われていた容疑が固まり、捜索に入っているというのです。

無届け有料老人ホームを運営する女性経営者が、特別養護老人ホーム建設をめぐって虚偽申請をしていた疑いが強まり、有印私文書偽造・同行使の疑いで、施設や経営者宅などを家宅捜索した。捜査関係者などへの取材で分かった。

施設は以前から、入所する高齢者を放置する虐待(ネグレクト)などをめぐる告発などが相次いでいた。県警は本件容疑を固めるとともに、施設の運営実態を慎重に調べる。
虐待の告発を受け調査。経営者の指示で従業員が入所者の手首をベッドの柵に縛り付けていたほか、部屋の外から鍵をかけて閉じ込める虐待があったと認定。必要な措置を取るように通告していた。

少なくとも入所者18人が死亡している。捜査関係者によると、検視や司法解剖はされていない。

建設を申請した際、入所者の口座残高を示す書類を自分の名義に書き換えて、市に提出した疑いが持たれている。書類は自己資金を示すために必要という。

こうした事件は普通、知能犯罪を受け持つ捜査2課が扱うが、今回は殺人や傷害致死、虐待死などの事件を担当する捜査1課が主体となり、押収資料の分析などを進めている。捜索を実施した。

デイサービスなどの介護機能を備えており、老人福祉法の届け出はないが、実質的に有料老人ホームだった。捜索時に14人が入所していたが、市などが他施設への全員の転居を進めている。

無届けの有料老人ホーム

国の制度改革で病院や介護施設にいられなくなった高齢者の受け皿として、全国で急増した介護や食事付きの高齢者向け入居施設。無届けのため行政の監視が行き届きにくく、ケアの質などをめぐるトラブルが目立つ。

高齢者トラブル解決相談 高齢者の人権侵害

人権侵害とは、国家権力が憲法の保障する基本的人権を犯すことをいう。また、私人間で、顔役、ボス、雇主、マスコミなどが、弱い立場にある人々の人権を違法に侵犯する意味にも用いられる。

法律学の分野や行政機関では「人権侵害」という用語が用いられることが多く、一般用語としては「人権蹂躙」という呼び方が用いられることが多い。「人権」を「勝手が通る事」という意味に解釈し、「勝手が通らない事」を特に政治的意図を持って「人権侵害」と呼ぶ事もある。これは、前述の語意と大きく異なるので、文中での使用がどちらの意味で使われているのかよく判断する事が必要である。

高齢者トラブル解決相談 ネットでの事例 前年1.5倍 過去最高に

法務省は13日、全国の法務局が2014年中に救済手続きを手がけた人権侵害事案のうち、インターネット上での事例が、前年の約1.5倍に当たる1429件に達したと発表した。この件数は、現行と同じ方法で統計を取り始めた01年以降で過去最高という。

13年は957件で、これも過去最高だったが昨年は急増した。主な被害は「プライバシー侵害」(739件)と「名誉毀損」(345件)で、両者で全体の4分の3を占める。

インターネット上の動画投稿サイトに、中学生の学校名、氏名を記したうえで「汚い」「死ね」などと中傷する内容の動画が掲載された例などがある。この事案では、学校側からの削除要請にサイト側が応じなかったため、中学生の親からの相談で法務局が削除を要請したという。

高齢者トラブル解決相談の手順

高齢者のトラブルでは、様々なお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか。

そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません。

まずはヒアリングから始めてください

高齢者トラブル解決相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山ご相談ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。