自殺願望のある方は必ず読んでください 自殺後のトラブル回避

自殺願望のある方は、必ず読んで欲しいと思うことがありましたのでみてください。

自殺願望があっても、100%その自殺の意思が固まっているわけではなく、「死にたい」気持ちと「生きたい」気持ちの間で激しく揺れ動いているのが通常時です。

 「死にたい」のではなく「死んでしまいたいくらいつらい」ということを、実際には、わかってもらいたいだけの人もいるようです。

自殺後の起きるトラブルがあることも理解していただきたいです。

自殺願望のある方は必ず読んでください 自殺後のトラブル回避
自殺願望のある方は必ず読んでください 自殺後のトラブル回避
こちらも併せてお読みください

自殺後のトラブル回避 自殺の予兆、自殺のサイン

自殺のサイン 自殺の予兆

自殺の直前にはどのような行動の変化が現れるのでしょうか。

潜在的に自殺の危険が高いと考えられる人に、何らかの行動の変化が現れたならば、すべてが直前のサインと考えるべきです。

自殺に至るまでには一般的には過程があり、この準備状態の時にどうするかが重要です。自殺直前のサインは自殺につながる直接の動機とも言いえ、自殺準備状態が長年にわたることにより、自殺の引き金になる直接の動機は第三者から見ると、大したことでないように見えても、その動機が自殺の引き金になるということです。

自殺の直前のサインを取り上げてみましょう。

感情面の自殺サイン

突然、涙ぐみ、落ち着かなくなり、不機嫌で、怒りやイライラを爆発させ、深刻な絶望感、孤独感、自責感、無価値感に襲われる。これまでの抑うつ的な態度とは打って変わって、不自然なほど明るく振る舞う。

周囲から差し伸べられた救いの手を拒絶するような態度に出る。投げやりな態度が目立つ。身なりに構わなくなる。 周囲からのサポートを失う。人から見捨てられる。近親者や知人の死亡を経験する。

行動面での自殺のサイン

仕事の業績が急に落ちる。職場を休みがちになる。 これまでに関心のあったことに対して興味を失う。 交際が減り、引きこもりがちになる。激しい口論やけんかをする。

極端に食欲がなくなり、体重が減少する。不眠がちになる。さまざまな身体的な不調を訴える。多量の飲酒や薬物を乱用する。

具体的な自殺サイン

遺書を用意する。自殺の計画を立てる。自殺の手段を用意する。

自殺願望のある方は必ず読んでください 自殺後のトラブル回避
自殺願望のある方は必ず読んでください 自殺後のトラブル回避 探偵アンバサダー調査事務所岡山

自殺後のトラブル

日本では毎年3万人以上が自殺していと言われ、コロナ名でさらに増えると言われています。

自殺の場合、病死や老衰死とは別の負担が生じ、病死であれば、入院先の医師が死亡を確認した後、遺族は遺体をすぐに引き取ることができます。しかし自殺だと、遺体を引き取るにも時間がかかります。様々な問題が発生してしまいます。

自殺者を恥と思う日本文化

日本には自殺を恥だと考える人は多く、自殺者を弱い、人生の敗北者と考えてしまう傾向があるということで、まわりがそうは思わなくても、遺族が死因が自殺であったことを隠ことがあります。

自殺者がが若ければ、珍しくありませんし、周囲に隠し通して葬儀を行うことはかなり難しいです。

自殺は家族にも多くの負担をかけてしまいます。

自殺者の遺族に損害賠償請求

自殺者が亡くなった現場が賃貸物件だったら、家主から遺族に賠償金を請求され、苦しむケースがあります。

遺体が見つかったその日からアパートの家主が賠償金を支払うよう求めてくることは当然考えられます。

賃貸物件の資産価値の減少は大きく、長期間にわたって借り手が見つからない恐れもあり、数年分の家賃と部屋の改修費、さらに、隣接した部屋の住人にも精神的苦痛を与えたとして、慰謝料も含む合計420万円を連帯保証人である遺族が払うよう求めということです。

外壁や屋根を改修した上で、建物と土地をすべて買い取るよう3000万円を要求されたケース

マンションを丸ごと建て替える費用として1億5000万円あまりを請求されたケース。

など、残された遺族が大きな負担がかかることとなります。

しかし、家主からすれば、借り主の自殺による影響は極めて大きく、自殺物件は、すぐに次の借主が決まるとは考えにくく、2年あるいは3年、下手したら5年も見つからないことがあります。

請求できなければ全部、家主がかぶるということになりますから、死活問題になりかねないです。

自殺の遺体はすぐに引き取れない

自殺者の遺体は、警察が死因を調べる必要があるからです。事件性がないか、つまり自殺に見せかけた他殺ではないかチェックします。

自殺願望のある方は必ず読んでください 自殺後のトラブル回避
自殺願望のある方は必ず読んでください 自殺後のトラブル回避

自殺をする前にお読みください

身近な人を亡くしたとき、その悲嘆はとても一人で抱えきれるものではありません。それが自死であればなおさらです。

 一人の自殺が、少なくとも周囲の5〜 10 人の人たちに深刻な影響を与えると言われており、家族と地域に与える心理的、社会的、経済的影響ははかりしれません。

 自殺は個人の自由な意志や選択の結果と思われがちですが、実際には、様々な要因が複雑に関係して、心理的に追い込まれた末の死と言われています。つまり “自殺は追い込まれた末の死なのですが、残された家族、賃貸なら家主、その他貴方に係わる人々が困ることとなります。

自殺という行動を起こす前に、必ず考えてみてください。

自殺の真相解明 自殺原因調査

自殺者が家族から出ると人に言えない苦しみがあります。

社会の偏見からの苦しみや怒り

「周囲の理解が得られにくい」「誰にも話せない」「必要な情報が届かない」「家族内に問題が生じる」認めたくないという思い

自殺であることを認めたくないその為亡くなったことを周囲の人に話せず一人で苦しみ、地域・社会から孤立することがあります。周囲の人の言葉からの傷つき

周囲の人の言葉に救われたり、逆にさらに傷つくことがあります。

多様な問題を複合的に抱える

「子どもの養育」「残された借金」「親族間の問題」「過労死等での裁判」「健康不安」「日常生活上の困難」といった、保健医療、心理、福祉、経済、法律等様々の問題をかかえることがあります。

上記のような状況で、次に進めないのは苦痛です。

自殺を受け止める一つのの手段として 自殺の真相解明 自殺原因調査 があります。

原因が分からない事も多く、そのような状態では何も受け入れない状況となります。そのような時には調査依頼も考えてはどうでしょうか。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。