岡山 宗教トラブル お墓に関するトラブル解決

最近増え始めた依頼です。高齢化や、コロナ過で、自宅からのアクセスを重視する人が増えてきたのが、昨今の大きな特徴のようです。
実際に、当社にも「実家のお墓を現在の住まいの近くに移したい」「子どもに迷惑をかけたくない」といっことからのトラブル解決依頼の仕事が増えてきました。

ここ岡山では、このような依頼が都市圏からの依頼が増えてきています。

近年、経営面で課題を抱えるお寺などの宗教も少なくないのが現状と宗教関係者か聞いたことあります。ある宗教のお寺を対象に行った調査26年実施時点で、寺院収入が年300万円未満のお寺は45%に上った。年50万円未満も10%あったという。

 寄付など檀家であることが負担となり「檀家関係がわずらわしい」と宗教を離れ、先祖代々受け継がれてきた墓を更地に戻す「墓じまい」も増えているのがトラブルの一員ともその人は言っていた。

少子化と、また都市圏に出ている者は、お墓の管理が出来なくなっていることも理由にあげれれ、その上、檀家制度の崩壊が、お墓に関するトラブルの増加につながっているようである。

墓じまい 改葬 トラブル 宗教トラブル

墓じまいとは、代々受け継がれているお墓を撤去し、先祖の遺骨を近場に移したり、永代供養の墓地に改葬したりすることを指します。

永代供養とは、その名のごとく寺院や墓地に遺骨を預けて“永代にわたって供養”してもらうことです。

墓じまいの件数は平成25年度に8万8397件、平成30年度には11万5384件と増加傾向にあるとのことですが、岡山県などの地方の過疎化によって子ども世代は都市部に出ている場合が多く、地方にある墓地に行けなかったり、お盆でも地元に帰省しなかったりと、家族にとって墓の存在そのものが重要でなくなったことも、影響しているようで、特に今年はコロナ禍でお盆に帰省をしたいない人が多かったようです。

岡山 宗教トラブル お墓に関するトラブル解決
岡山 宗教トラブル お墓に関するトラブル解決

墓じまいの手順

墓じまいとは、現在のお墓を解体・撤去して更地にし、その使用権を墓地の管理者に返還することです。

  1. 改葬元に墓じまいの意思を伝える。
  2. 「埋葬証明書」または「納骨証明書」を発行してもらう。
  3. 改葬または合祀墓への埋葬申請を行う。
  4. 閉眼供養(お魂たま抜き)を行う。
  5. 墓石を撤去する。

以外と手のかかる墓じまい

墓じまいは、デリケートな問題で意外と些細な事でトラブルに発展してしまいます。

改葬の手順

改葬とは、すでに埋葬されている遺体や遺骨を、所定の手続きを踏んで永代供養墓、外墓、納骨壇など別の形態のお墓に移動させることで、簡単に言えばお墓の引越しのことをいいます。

  1. 改葬元に改葬の意思を伝える
  2. 改葬先の墓地を確保する
  3. 「改葬許可申請書」「埋葬証明書」を用意する
  4. 改葬許可の申請をする
  5. 閉眼供養(お魂抜き)を行う
  6. 墓石を撤去する
  7. 改葬先に納骨する
  8. 開眼供養(お魂入れ)を行う墓石を撤去する

改葬許可証の発行に改葬許可申請書などの書類や手続きが必要なほか、元のお墓で行う供養・抜魂式、移転先で行う納骨式や開眼供養など、改葬にはいくつかの手順があります。また、土葬から改葬する際には火葬が必要となります。

以外と費用と手間と時間もかかるものです。

墓じまい 改葬 トラブル 例 宗教トラブル

墓じまい、 改葬 は早々するものではなく大半の人が初めてです。少しトラブル例を挙げてみます。

参考になると思います。

家族・親族間のトラブル 宗教トラブル

お墓は、家族はもちろん親族にとっても様々な思い入れにある人もいて、墓じまい、改葬では、承継者の一存だけで決めずに、親族も交えてしっかり話し合い、同意を得ることが常識です。

新しいお墓を決定する際も同様に、できるだけ多くの親族が納得できる地域を選び、お墓参りなどに支障
を来さないように配慮することが通常です。

埋葬した遺骨を取り出すのは縁起が悪いと考える人がいることもあり、先祖を供養するうえで最良の選択であることを理解してもらうほかありませんことは必須となります。

関係者に連絡も取らず墓じまいしたらとんでもなくトラブルになる事はお判りでしょう。しかも墓参りにめったに来ない人ともトラブルになってしまいます。

改葬元(菩提寺)とのトラブル 宗教トラブル

改葬では、改葬元に改葬の意思を伝えることから始まり、特に寺院墓地に多いのが、「改葬は認めない」と言われることです。

人によっては100年を超える長きにわたって供養してきて突然「改葬する」となれば、寺院側が気分を害するというのです。地方では、過疎化が進み檀家が減り続け、存続の問題も多くあります。

改葬許可申請書に印鑑を押してくれない、閉眼供養をしてくれないというトラブルや、法外な離檀料を請求されるなどがありました。

法的問題でなないところで揉めてしまいます。

石材店、 管理者 とのトラブル 宗教トラブル

墓じまい、改葬を行うときは、墓石の解体・撤去後、更地に戻して返却しなければなりません。これらの作業は通常石材店に依頼しますが、その条件として、改葬元の許可を得ている、改葬元が許可を出している石材店が工事を行うことが慣例となっていることも多くあります。

墓地で工事をするため、事前に改葬元に話しておく必要がありまた、公営墓地以外では、提携先の石材店があるのが一般的で、その石材店以外は基本的に工事を行えないという既得権を主張されるでしょう。

石材店との間でも、墓石の撤去費用のトラブルも多く、高額の費用を請求されたというものも多く聞きます。

お墓に関するトラブル解決依頼の手順

探偵がなんでこのような依頼を受けることになったかの経緯は、当社の社長の友人からの依頼をを受けたことが始まりでした。

上記のような事からも分かるように、かなり手間のかかる作業と調査も必要になる為、クライアントがなとかしてということが、この依頼を受けたきっかけでした。

さすがに手掛けてみるとかなり難易度が高い内容でした。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱えるさまざまな悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

トラブルや問題が身に降りかかった時、「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

対応地域

岡山市北区 | 岡山市中区 | 岡山市東区 | 岡山市南区 | 倉敷市 | 津山市 | 玉野市 | 笠岡市 | 井原市 | 総社市 | 高梁市 | 新見市 | 備前市 | 瀬戸内市 | 赤磐市 | 真庭市 | 美作市 | 浅口市 | 和気郡和気町 | 都窪郡早島町 | 浅口郡里庄町 | 小田郡矢掛町 | 真庭郡新庄村 | 苫田郡鏡野町 | 勝田郡勝央町 | 勝田郡奈義町 | 英田郡西粟倉村 | 久米郡久米南町 | 久米郡美咲町 | 加賀郡吉備中央町 |

岡山 宗教トラブル お墓に関するトラブル解決
岡山 宗教トラブル お墓に関するトラブル解決

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。