岡山 不当請求 不当要求 解決相談

岡山 不当請求 不当要求【悩み問題トラブル解決相談】

要求するには何らかの理由があります。要求に至った経緯は十分に精査する必要があります。不当要求の対策対応は、行き当たりばったりで行ってしまうと、問題をこじらせてしまうことが多々あります。

不当要求 不当要求の理由

不当要求事例

市職員の不当要求問題で市職員が右翼関係者と人事異動の希望を通すよう乱暴な言動を伴って要求した問題で、市長は定例会見で、この職員を処分せず、問題を公表しなかった対応を「私を含めて市として適切に判断しており、問題はない」との認識を示した。

情報公開請求を受けた後に、市が関連公文書を廃棄した可能性があることも含め、「経緯を調査する考えはない」とした。

市の決裁文書では同問題を不当要求とし、「暴力、乱暴な言動などを伴う行為」に分類していた。市長は不当要求かどうか、最終的に判断していないと説明した。 異動を要求した女性職員(当時)を処分しなかった理由として「他の男性職員2人からセクハラ被害を受けたと訴えた」ことを上げた。双方の言い分が異なり、刑事裁判に発展したため「判決の結果を見守っていた」という。

岡山 不当要求
岡山 不当要求 探偵アンバサダー調査事務所岡山

女性職員は判決前に依願退職し、裁判では1人が有罪、1人が無罪になった。
ただ関係者によると、要求時の言動を問題視して、女性の退職前に処分を求める声が庁内で上がったという。市長は「当時さまざまな議論をしたが、処分はできなかった」と答えた。

市長は不当要求は正当な理由なく要求するのが一つの類型とし、セクハラが正当な理由になり得るという認識を示した。一方、右翼関係者の乱暴な言動についての評価は明らかにしなかった。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

不当要求対策なら探偵アンバサダー調査事務所岡山

岡山県内の探偵調査、興信所の利用は探偵アンバサダー調査事務所岡山にお任せください。明朗会計で安心価格の地域密着型、トラブルの解決力も魅力の他社にはないサポートが魅力!
警察OB在籍のアンバサダー調査事務所は、他社では断られた案件も諦めずにお問い合わせください。

不当要求のトラブルは非常にデリケートな問題で、対応を間違ったり、放置していては被害が大きくなります。

岡山 不当要求解決
岡山 不当要求解決 探偵アンバサダー調査事務所岡山

当社は、創業30年の探偵調査事務所です。プロの探偵と言うことは、クライアントの抱える悩みを解決してきた事績に支えられトラブルを解決するプロです。
クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

当社では、無料のサービスをクライアント以外には行うことをしていません。無料相談してくれないかなどの問い合わせが多く寄せられますがお断りしています。クライアントに時間を割くため無料相談は物理的に時間を取ることが不可能です。無料でできることは問い合わせのみです。

岡山 不当要求 相談
岡山 不当要求相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。
完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

架空・不当請求

スマホの普及で5年ぶりに6万件に迫る
架空・不当請求の全国相談件数

全国各地の消費者センターに寄せられる架空・不当請求に関する相談が増加傾向にあり、今年度は5年ぶりに6万件に迫る勢いをみせている。スマホの普及を背景に、インターネットのサイトやメールを見て飛びつき、悪質業者へアクセスしてしまうケースが相次いでいるとみられる。公的機関を装った業者に相談を持ち掛け、不当な料金を請求される2次被害も目立ち始めた。東京都消費生活総合センターは「公的な相談機関は料金を一切請求しません。

被害に遭ったら、あわてずに連絡してほしい」と注意を呼びかけている。

レターパック、宅配便で「現金を送れ」はすべて詐欺です

自分が使ってもいないサービスの料金をメールなどで請求してくるのが架空請求、サイトを見ていたら突然高額な料金を請求する画面が表れるのが不当請求だ。この二つは、消費者相談の中で常に上位を占めるが、手口が知られるにつれ減少傾向にあった。

ところが2012年度に再び増加に転じ、国民生活センターの調査によると、今年度は4万7008件(9日現在)と、昨年同期の2万5295件からほぼ倍増。年間6万件に迫るペースにある。同センターは「スマホ絡みの相談が激増している」とし、「スマホは届いたメールからすぐに電話ができるため、悪質業者に連絡してしまい、支払いをさせられるケースも増えている」と説明する。

さらに、公的機関に見せかけて救済をうたい、現金を要求する悪質な手口も目立ち始めた。県内の30代男性は、スマホで誤ってアダルトサイトに接続し、利用料金9万9800円の支払いを求める画面が出た。あわててネットで「消費者センター」と検索。上位に表示されたサイトを名称から公的機関と思い、電話したところ料金数万円を請求する「委任契約書」が届いたという。

そうした業者の中には、廃業勧告を受けながら業務を続ける行政書士や「内閣府の認可団体」などと虚偽の看板を掲げるところもある。都のセンターは「相談する場合は、自治体に公的機関の連絡先を聞くなどして確かめてほしい」と話している。

架空・不当請求にはどう対応したらよいのか。独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)によると、架空請求は普通の迷惑メールと同じなので無視すればよいという。不当請求も、表示された画面は自分で消すことができる。パソコンの場合はウイルス感染しているので、感染前の状態に戻す。スマホの場合は履歴を消せばよいという。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません。

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。