岡山 幼児虐待 子供虐待 児童虐待 解決

幼児虐待 子供虐待 児童虐待 は、自分の保護下にある幼児、子供に対し、長期間にわたって暴力をふるったり、日常的にいやがらせや無視をするなどの行為を行うことを言う。

幼児の虐待は家庭内で起こったことは、表に出ることは少なく表面化してしまう事はごくわずかである。当事者以外の家族がいれば発覚することもあるが、本人と幼児だけの場合には、近隣、友人などの第三者からの告発以外外部に知らせることはできないのが現状です。

幼児虐待 子供虐待 児童虐待
子供、幼児の虐待同様、子供、幼児の虐待は今後問題は多く出てくると思われます。

自分の保護下にある幼児、子供に対し、長期間にわたって暴力をふるったり、日常的にいやがらせや無視をするなどの行為を行うという事件は、これからもなくならない事件です。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える悩みを解決してきました。

警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

岡山 幼児虐待 子供虐待 児童虐待 解決
岡山 幼児虐待 子供虐待 児童虐待 解決 探偵アンバサダー調査事務所岡山

幼児虐待 子供虐待 児童虐待 のメカニズム

幼児虐待 子供虐待 児童虐待 多くの場合、ひとつのことが原因ではなく、さまざまな要因が重なったとき、家族関係が不安定になり、子どもの虐待が引き起こされます。

子どもを虐待している親も同様に傷ついています

子どもの虐待の原因は様々ですが、大半の虐待する親は、ひとりで苦しみ、悩み続けたその結果が子どもへの虐待となって現れている悲しい現状があります。

子どもを虐待している親は、助けを求めています

子どもを虐待している親や、虐待しているとみられた親は、社会の悪者として近所や地域から見られ、敬遠されてしまうと、一層社会から孤立してしまいます。

幼児虐待 子供虐待 児童虐待 種類

身体的虐待

児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること

外傷の種類はさまざま( 切り傷、擦り傷、火傷、内出血・・・・ )

外傷は外からは見えにくかったり、普通に生活していれば怪我を負いにくい部位に生じていたりすることもある

ネグレクト

保護者としての監護を著しく怠ること

児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置

保護者以外の同居人による虐待行為の放置

子どもの年齢や能力、家族の生活形態などによって判断はわかれる

心理的虐待

児童に著しい心理的外傷を与える言動を行うこと

児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な態度

児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力など

性的虐待

児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること

直接的な性行為だけが性的虐待ではない

知っていながら放置することも虐待(ネグレクトに該当)

幼児虐待 子供虐待 児童虐待 事件

昨年1年間に摘発した児童虐待事件は2133件(前年比8・2%増)あり、被害にあった18歳未満の子どもは2172人(前年比9・1%増)だった。いずれも5年間で倍増し、過去最多。死亡した子どもは、前年より7人多い61人に上った。

 警察から児童相談所への通告人数も増加傾向が続く。コロナ禍で在宅時間が長くなった影響で、虐待が潜在化しているおそれも指摘されており、「情報の把握にいっそう努める」としている。

 摘発した事件の内訳は、暴行や傷害などの「身体的虐待」が1756件と約8割を占め、強制わいせつや強制性交等などの「性的虐待」が299件、凶器を持って脅す行為などの「心理的虐待」が46件、保護責任者遺棄などの「育児放棄(ネグレクト)」が32件だった。

 被害にあった子どもは男児が1139人、女児が1033人。子どもと加害者の関係では、実父(995人)、実母(588人)、養父・継父(300人)、母の内縁の男(210人)の順に多かった。

 亡くなった61人のうち、「無理心中」が21人、「出産直後に死亡」が11人。そのほかの29人は、身体的虐待が23人、ネグレクトが6人で、それらを罪種別にみると、殺人14人、傷害致死8人、保護責任者遺棄致死5人、重過失致死2人だった。

 警察が虐待の疑いがあるとして児童相談所に通告したのは10万6991人(前年比8・9%増)で、これも過去最多だった。月別では、コロナ禍で多くの学校が休校していた3月が前年より2割超増え、4~6月も伸び率が10%台に達した。年間でみた増加率は、ともに20%台だった2018年、19年より小さかった。

 現場で虐待が認められない場合でも情報を児相と共有している。こうした情報提供は4万3577件だった。

 子どもの安全確認などで児相が警察に援助要請したのは401件。夜間などに警察が一時保護した子どもは5526人に上った。

これが現状のようです。

岡山 幼児虐待 子供虐待 児童虐待 解決
岡山 幼児虐待 子供虐待 児童虐待 解決

幼児虐待 子供虐待 児童虐待 事件例

児童の虐待死 

母親の知人は「虐待の恐れがある」と市に通報

交際相手の長男に、熱湯をかけ殺害した疑いで男が逮捕された。男児への虐待について通報していた母親の知人は「悔しい」。

無職の容疑者、集合住宅で、交際していた女性の長男に熱湯をかけ殺害した疑いが持たれています。

警察によると、上半身の皮膚がただれた状態で見つかっていて、容疑者が熱湯を5分以上浴びせた疑いがあることが分かりました。

容疑者は容疑を否認しています。

母親と容疑者は同居していましたが、同居が始まった当初、母親が「交際相手が子どもを叩いた」とに相談していて、警察は容疑者が日常的に虐待していた疑いもあるとみて捜査しています。

母親の知人が「虐待の疑いがある」と市に通報していました。

女児衰弱死 母の交際相手 懲役13年確定

 女児が衰弱死した事件で、最高裁第1小法廷、保護責任者遺棄致死と傷害の罪に問われた母親の当時の交際相手、被告側の上告を棄却する決定。

 懲役13年とした一、二審判決が確定する。

 被告と同居するまで女児に虐待の形跡はなかったことなどから、被告が頭を殴りけがをさせたと認定し、被告側の無罪主張を退けた。死に至るまでのけがをさせたとは断定できないとし、傷害致死罪の適用は見送った。

 一、二審判決によると、被告は、女児の頭を多数回殴り、皮下出血などを負わせた。女児の母親懲役9年確定と共謀し、けがの治療を受けさせず、必要な食事も与えず放置し、衰弱死させたという事件があった。

どのような判決が出ようとも、子供の命は帰ってこない。 

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ
岡山 いじめ問題対策 調査 相談

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。