年金基金横領 事件

年金基金横領 事件
起訴内容を認める ○○地裁初公判

○○県建設業厚生年金基金(○○市)で約24億円の使途不明金が生じた横領事件で、このうち計約1億9400万円を着服したとして業務上横領罪に問われている元事務長、○○○○被告(○○)の初公判が21日、長野地裁(○○○○裁判官)であった。○○被告は「(起訴内容に間違いは)ございません」と起訴内容を認めた。
検察側は冒頭陳述で、「遊興費に充てるために着服しようと考えた」と指摘。横領した現金は、ブランド品の購入○○自身が関与したクラブの運転資金○○交際女性に提供○○○○のクラブでの飲食費▽海外旅行○○に使ったとした。○○には2010年9月10日に逃亡したという。
検察側は、○○被告が24億円の着服を認めた供述調書を証拠として提出した。○○被告は、うつむき加減で冒頭陳述を聞いていた。
起訴状によると、○○被告は基金の事務長兼出納員として預金管理や運用委託先への送金などを担当。10年7月、基金の銀行口座から約1億3000万円を引き出し、うち約6400万円を着服。同年5、6月にも同じ口座から2回にわたり計約2億6600万円を引き出し、うち計約1億3000万円を着服したとされる。
○○被告は昨年11月、逃亡先の○○の首都バンコクで地元入管当局に不法滞在容疑で逮捕された。身柄引き渡しを受けた○○県警はこれまで、業務上横領容疑で計3回逮捕するなど捜査を続けている。
明確に、この調査をしてくださいと言えない場合でも、問題となっている以上対策を考えることが必要となってきます。その様な時にはヒアリングから始めてください。当社では無料相談など一切行っていません。無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。

横領・背任 従業員のトラブル解決なら

岡山の探偵アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

リストラ最新手法

無能な正社員のクビをなかなか切れない日本企業では、あの手この手の退職勧奨が発達した。時代とともに「進化」した。
 
「昔から中高年を窓際に追いやり仕事を与えない例はありました。バブル崩壊後の1993年には、それまでの仕事を取り上げ、1日中モノを箱に詰めたり、お茶がらを集めて回ることをさせたりした。当時は窓際に隔離すると同時に降格と賃金ダウンをしていた」
もっとも、この手法、今は行われていない。「最重要の労働条件の一つである賃金を本人の同意なしに下げると、裁判になれば違法と判断されて敗訴する可能性が高いからです」。
一方、ここ数年で明らかになったのが、業績不振の電機大手が社内に設けた「追い出し部屋」の存在だ。指名を受けた人が「事業・人材強化センター」や「キャリアデザイン室」といった部署に集められる。そこで担う業務はさまざまだ。
たとえばTOEIC800点超の40代管理職が、書類をPDFに変換する単純作業を続けた例がある。当初の人事評価ではB2(中の上)だった本人が、それに見合う仕事を与えてほしいと訴えると「CIC(キャリアインキュベーションセンター)」という部署(これが「追い出し部屋」)に配転となり、求められたのは「新たな仕事を会社の内外に探すこと」だった。
1年が経過すると「成果が出ていない」(再就職先が見つからない)として評価はDランクまで落ち、賃金が年間60万円ほど下がった。
実態は退職強要だが、建て前上はそうなっていない。「人事権や配転命令権に基づいて異動させ、『仕事を探す』という業務命令をし、その達成度合いで評価して社内規程や就業規則に基づき賃金ダウンを決めるという、一見合法的な手法をとるからです」(鈴木氏)。
どんな人が、追い出し部屋へ追いやられたか。「まずは45~55歳の中高年。声高に主張する人よりもおとなしいタイプを選び、当人の能力や実績からも、人事部が間違って選んだとしか思えないケースもある」。
指名された中には、社内外で表彰を受けて社屋に金色プレートで名前を飾られたエース級の人もいた。この人たちは子会社の物流倉庫に出向し、20~30kgはあるモニターの箱詰めや製品の仕分けなどを命じられた。「それでも目標は配転前と同じ『市場・顧客の動向・ニーズの把握、革新的な企画立案』(苦笑)。倉庫内作業では実現できないことばかり」

ブラック企業

リーマンショック以降、急激に口にされるようになった『ブラック企業』とは、利益のために新卒を使い潰す成長大企業です。若年層の鬱病・過労死・過労自殺は、これらの企業による「組織的な新卒の使い潰し」という新たな社会問題であることが明らかになっています。激しい選別に伴う集団的なハラスメントや残業代未払いの長時間労働に多くの若者が苦しめられ、将来を奪われているのです。
ブラック企業の違法行為は、個人の被害にとどまるだけでなく、日本社会と経済全体に悪影響を及ぼします。若者の将来が奪われることで生産性が低下し、合法な他社の利益が不正な競争で圧迫されることによって、日本経済はますます苦しくなるでしょう。長時間過酷労働や鬱病の罹患により、少子化も更に進展してしまう恐れがあります。
言葉の由来
今日的な意味での「ブラック企業」は、2000年代中ごろに、IT労働者たちによって作り出された言葉です。2008年には「ブラック企業に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」と題する小説が発表され、2009年には同小説が映画化されました。
IT業界は劣悪な労働条件で有名であり、「35歳定年」ともいわれてきました。長時間・低賃金労働を繰り返さざるを得ないため、心身の限界から、35歳までには働き続けることができなくなるというのです。
このような劣悪な雇用は、今日、IT業界だけではなく、小売、外食、介護、保育など、新興産業全般に広がっています。これら新興産業の多くの企業では、従来型の日本的雇用慣行が成立しておらず、「正社員」として若者を採用しても、長期的な雇用や技能育成が行われません。35歳どころか、数年、あるいは数か月で心身を摩耗し尽くし、鬱病と離職に追い込まれることも珍しくはありません。「使い潰す」ことで利益をあげる、「新しい労務管理」が若年正社員の世界に姿を現しているのです。
しかし、これらは成長産業であるために、若年雇用の最大の「受け皿」となっています。個別企業を見ると、若者を大量に採用し、急激な勢いで成長する一方で、過重な労働を強いて「使い潰す」企業が多々見られます。
こうした新興産業の、急成長する大企業で、かつ若者を次々に使い潰す企業が「ブラック企業」として告発されるに至ったのです。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。