岡山 企業トラブル解決 【会社は他人に潰される】

日々の企業活動の中で、時に思いがけない企業トラブルに見舞われるものです。ですがいざトラブルに遭遇してしまうと、どうしたらいいのか分からない方が多いのも現状です。また、その企業トラブルの元が、信頼していた社員でしたら、より塞ぎこんでしまい、対応に迷いが出てきます。法的な対応が最良とは限りません。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える企業トラブルや経営者の悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、企業トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

企業トラブル

中小企業でも様々な、企業トラブルに巻き込まれるケースが増えています。
経営者にとって想像もしていないことが、現実に起こってしまうのです。法的手段だけでは対応できない事も多く、人的なトラブルでは、信頼していた人がトラブルの原因となっていることも多く、大変心を痛めることとなります。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

企業トラブル わいせつ事件

都合の悪いことは隠すものです。

株式会社野村総合研究所わいせつ事件
株式会社野村総合研究所(東証一部/以下、野村総研)は、同社中国北京社副社長だったY氏による女性への強制わいせつ行為、その通知を受けた同社による被害者女性側への脅迫行為、Y氏によるつきまとい行為が、東京地裁で「真実の通り」として認定されたことを受け、その取り消しを求めて東京高裁に付帯控訴のかたちで控訴したことがわかった。

取引候補先企業の日本人営業担当女性社員を会社のメールで呼び出し、さかんに酒を飲ませ酔わせた後、女性が乗るタクシーに乗り込んで性的嫌がらせを行い、さらに女性のひとり暮らしの自宅にまでついていき猥褻行為を働いたとされる、いわゆる「野村総研強制わいせつ事件」である。

この強制わいせつ行為の通知を受けた野村総研は、弁護士を使って「裁判にするなら友だちを法廷に呼び出してやる」「法的措置をとる」などと被害者女性に脅迫的な対応を繰り返した。そして同社の行為が社会的に悪質すぎるとして、被害者女性を支援する団体の一人(以下、支援者・A氏)が告発したが、ほかにもY氏による行為の被害者女性が多数いることを知った同社は、A氏と被害者女性の一人を「名誉棄損」だとして東京地裁に提訴していたのだ。

岡山 企業トラブル解決 【会社は他人に潰される】
岡山 企業トラブル解決 【会社は他人に潰される】 探偵アンバサダー調査事務所岡山

野村総研はこれまで、被害者女性に対し「事実無根」だとして名誉棄損を民事で提訴していたが、そもそも被害者女性にはなんら違法性も関与も立証もできず、和解もできずに提訴の取り下げを行って実質上の全面敗訴が東京地裁で確定している。そして被害者女性らの支援者に対しても名誉棄損として訴えたが、裁判所より「強制わいせつ行為や、その上での隠ぺいのための野村総研側による脅迫行為などは真実の通りであり名誉棄損にならない」と裁判所の判決で認定されている。

循環取引 企業トラブル

循環取引
法人は備えるべき法律を徹底的に網羅しなければトラブルに負けることが多いです。それにも関わらず、ほとんどの法人は備えるべき法的対策を打っていません。法律のトラブルにあって、一発で会社がつぶれてしまう可能性のあるトラブルに遭遇するのはもう珍しいことではありません。そんなトラブルを回避するために私たちがサポートいたします

帳簿の数字を動かすだけで多額の現金が懐に入り、仕事の実績にもつながる循環取引。その“魔力”にとらわれた中堅商社元社員の男が、詐欺容疑で大阪府警に逮捕された。架空取引をでっち上げ、工事代金の一部をキックバックさせていた不正を隠蔽するため、循環取引が始まったという。15年間で積み上げた不正取引の総額は約94億6千万円。男はだまし取った金を海外旅行や愛人の生活費など主に遊興費に充てていた。抜群の業績で周囲の信頼を集めたベテラン商社マンの素顔は、肥大した欲望を満たすため会社の資産を食い荒らす「獅子身中の虫」だった。

東証1部上場の機械商社「椿本興業」の名古屋支店で働いていた元社員、籾井(もみい)新一郎容疑者(56)。工事の発注から工事代金の支払いまで実務を一手に任されていた。与えられた大きな権限を悪用し、椿本興業に架空の工事を下請け企業に発注させ、工事代金をだまし取っていたという。

事件では、籾井容疑者と共謀した詐欺容疑で、椿本興業と長年、取引関係にあった機械メーカー「川端エンジニアリング」社長の川端孝男(47)と、双子の弟で同社元社員の利昭(47)の両容疑者も逮捕されている。

企業トラブル 寄生虫に注意

事例は市の税金に寄生した輩の事件です。どの業界にも寄生虫はいるものです。早期発見、早期駆除が被害拡大を防ぐ最良の手段です。

堺市議、政活費返還へ

政治費の不正受給は生活保護不正受給と同じぐらい悪質で、なおかつ意思を持って税金をだまし取る行為です。ビラ配布されず これだけではないようです。

政策ビラが配られていないのに配布代金などを政務活動費に計上したとして、堺市の小林由佳市議)=大阪維新の会、北区=が、2011~14年度に受け取った約285万円を返還する方針を市に伝えていたことが分かった。小林氏の政活費をめぐっては市民が9月に住民監査請求をしていた。

小林氏によると、代理人の弁護士の調査で、ビラの配布を委託した業者が精神疾患のため、大半のビラを配布していなかったことが最近わかり、5日、市監査委員に返還の意思を表明したという。取材に「ビラを配ったという配布完了書を受け取っており、業者を信用していたので大変残念に思う」と話した。

業者のせいにしてこんな返事しかできないようでは、詐欺で逮捕してほしいと思うのは私だけではないと思う。

市によると、小林氏は11~12年度に受け取ったアルバイト代約85万円についてもすでに返還のための手続きをしたという。

この問題では、堺市の自営業者男性が小林氏の議会報告のビラを見たことがないのに、政活費に計上されていることに疑念を持ち、住民監査請求を提出していた。その際、6月に男性が独自で北区の住民79人に聞いたところ78人が「見ていない」、1人が「わからない」と答えたと主張していた。

上記のように見ている人は見ている。

議員の不正については、懲罰的罰金を科すことがよいのではないかと考える。

企業トラブルの解決手順

いまやいつ企業にその犯罪やトラブルが降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか。ですが実際は被害の救援には、被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな企業トラブル被害者からの相談を受け解決してきました。

相談が企業トラブル解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

当社は、現状把握とリスク分析のための、ヒアリングのご予約をお取りしています。完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません。

まずは、ヒアリグの依頼から始めてください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。