岡山 結婚問題 結婚トラブル 結婚調査【結婚トラブル事前回避】

結婚問題 結婚トラブル

パートナーや親族の結婚のことで、問題やトラブルを抱え、お悩みではありませんか。長い人生を共にする相手を決断するため、 沢山の事を考えなくてはいけません。

結婚は当人同士の問題だけでなく、お互いの家族も関わってくるため、 お互いの親族にとっても大きな問題になる場合があります。

結婚後に不都合な事実が分かり、聞いていた話と違う事実で離婚に繋がることもあります。ここ数年で、離婚件数が増えている傾向にありますが その中でも若年層の離婚率も高くなってきています。

岡山 結婚調査 重要性 必要性
岡山 結婚調査 重要性 必要性

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える結婚生活の悩みを解決してききました。

警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

できちゃった婚

 
「できちゃった婚」が53%も! 予定外の妊娠で喜びあり、後悔あり

あなたは「できちゃった婚」

いまでは決して珍しくなくなった「できちゃった婚」。とはいっても、やっぱり世間体が気になって、なかなか胸を張って言えない人も多いかもしれないが、「できちゃった婚」ならではのメリットもあるようです。

ママたちのコミュニティーサイト「ママスタジアム」のユーザー642人に、「できちゃった婚」で良かったこと、困ったことについて聞いてみた。

あなたはいわゆる『できちゃった婚』ですか?」という質問に、「はい」と答えた人は53.0%、「いいえ」は47 .0%だった。まずは「できちゃった婚」で良かったという回答からご紹介しよう。

・デキてしまったら前進あるのみ 出産は若い時の方がいい!

・親の自覚と親への感謝

・やっぱりこれが最高の幸せ できちゃった婚最悪

・とにかく、お金がない

・結婚相手を見極めて

・やっぱり祝福されないの

「できちゃった婚」で良かったこととして目立った回答は、結婚する良いキッカケになった、というものだった。特に長く付き合っているカップルにこの傾向が強いようで、「付き合って6年以上、同棲してからも長かったので、きっかけになって良かったです」などの声も寄せられた。

デキてしまったからには仕方がないという「勢い」で結婚したことが、仇(あだ)になったエピソードも多かった。最も目立った回答は、経済的に苦しいというもの。中には「貯金なしで結婚したから、10年以上たった今でも貯金がない」という意見もあった。また、「あまり相手を知る前に結婚したから、結局離婚した」といった悲しい回答もいくつか寄せられる結果に。

「できちゃった婚」の人が半数以上ということに驚いた人も多いのではないだろうか。生まれてくる子供のためにも、しっかりと準備をしてから出産することが望ましいところ。

理屈では分かっていても、一筋縄ではいかないのが男と女。なんとも難しい問題です。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ
岡山 結婚トラブル
岡山 結婚トラブル

再婚率上昇

こんな記事がありました
 米国では結婚は減少しているものの、再婚は増加しているようだ。

 世論調査機関ピュー・リサーチ・センター(PRC)が14日発表した最新調査から、結婚している成人の23%が過去に結婚歴があることが分かった。この数字は1980年で17%、1960年で13%にすぎなかった。結婚回数が2回以上に上る米国成人は約4200万人で、1980年の2200万人、1960年の1400万人から増加した。(PRCの統計は国勢調査に基づいており、データ制約の理由から同性婚は含まれていない)

 PRCによると、米国で昨年結婚したカップルは40%が、少なくとも1人が以前に結婚した経験を持っていた。また、昨年結婚した成人の8%が3回以上の結婚歴を持っていたという。

 この調査からは、離婚率の上昇と平均余命の長期化が再婚を後押ししているという長期的な傾向が読み取れる。寿命が延びたことで、米国人は人生の中で結婚と離婚を繰り返す時間的余裕ができたのだ。

 米国で結婚歴のある成人は全体の7割に過ぎず、1960年の85%から低下。とはいえ、離婚・死別した米国成人が再婚する確率は2013年で57%と、1960年の56%とほぼ同水準だった。

 米国人にとって再婚が重要なのは、結婚が財政的な幸福に関連するからだ。再婚した成人で貧困生活を送っているのは7%ほどで、離婚した成人の19%を下回る。再婚した成人1人当たりの年収は約3万ドル(約350万円)で、離婚した成人を5000ドル上回る。

岡山 結婚調査 重要性 必要性
岡山 結婚調査 重要性 必要性

 再婚に対する男女の行動には違いがある。差は縮まりつつあるが、男性の方が再婚する可能性、または再婚を望む可能性が高い。離婚か死別して結婚が可能となった男性のうち、「再婚したい」あるいは「分からない」と答えた割合は65%に上った。一方、再婚したいと述べた女性の割合は43%にとどまった。

 女性より男性の方が再婚したがるということは、離婚・死別した男性の一部が自分より若いであろう初婚の女性と結婚することを示唆している。

 一般的に、どちらかが既婚者のカップルの年齢差は初婚同士のカップルより大きい。夫が妻より10歳以上年上の再婚カップルは再婚件数全体の約16%に達する。初婚同士のカップルでは、この数字は4%にとどまる。

 教育や収入、人種も重要な要素だ。昨年結婚した高卒カップルの約9%が3回以上の婚姻歴を持つが、大卒以上では5%にとどまる。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 結婚問題解決 結婚トラブル解決

探偵アンバサダー調査事務所岡山では水面下で調査。コンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

また、裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。
クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

ご依頼いただくことで、守秘義務が発生いたします。秘密厳守を徹底しておりますので、外部に情報が漏れることはありません。ご安心してご依頼ください。

トラブルが起こった時の解決方法は弁護士や警察だけと思われがちですが違います。解決のノウハウを買う時代です。ネット上をいくら探してもあなたのトラブルを解決してくれる知恵など書いていません。

誰にも相談できずに一人で悩んでいる方は探偵アンバサダー調査事務所岡山へお問い合わせください。

家族や職場にバレないように解決したい方からもご依頼が寄せられています。誰にも知られず解決というのが理想です。

泣き寝入りせず、解決向けて取り組む方を全力でサポートいたします。証拠をお持ちでない方も諦めずにご相談ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。