岡山【パワーハラスメント解決】 パワハラ職員懲戒  

パワーハラスメントとは、2001年に東京のコンサルティング会社クオレ・シー・キューブの代表取締役岡田康子とそのスタッフが創った和製英語である。

パワハラ職員懲戒

セクハラ以外にも職場にはさまざまなハラスメントがあると考えた岡田らは、2001年12月から定期的に一般の労働者から相談を受け付け、その結果を調査・研究し、2003年に「パワーハラスメントとは、職権などのパワーを背景にして、本来業務の適正な範囲を超えて、継続的に人格や尊厳を侵害する言動を行い、就労者の働く環境を悪化させる、あるいは雇用不安を与えると初めて定義づけた。

パワーハラスメント、「職場の権力(パワー)を利用した嫌がらせ」のことである。略称は「パワハラ」。

市民部の課長級の男性職員が部下を大声で叱るなどパワーハラスメントを繰り返したとして、同日付で減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。また、管理不足として当時の上司だった市教委の次長級職員(58)を減給10分の1(1カ月)、市民部の部長級職員(58)を戒告処分とした。

市人事課によると、男性職員は昨年5月から今年3月にかけてほぼ毎日、約20人いる部下それぞれに対し、自らの机の前などに立たせたりして30分~2時間近く、仕事の進め方や書類の不備などを大声で指導、叱っていたという。4月には採用したばかりの臨時職員が起案した資料をくしゃくしゃに丸めてごみ箱に捨てたという。

市は昨年6月に事態を把握し、当時の上司らに指導を求めた。昨年12月にはハラスメント防止のチェックシートも作成したが、改善されなかったという。今後、ハラスメント防止の研修などを強化するという。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

パワハラでうつ病

パワーハラスメントも深刻 です。「なぜ私だけが・・」「仕事へ行きたくない・・」と思いながらも耐え続けてしまう自分がいて、心が傷 つき精神的苦痛を感じながら一日をやっとの思いで過ごしているという方がいます。復讐することを考えた り、事件になるようなことになってからでは遅いのです。


やっと就職先が見つかり希望や不安をもちながら も、やっと仕事に慣れた頃に、パワーハラスメント等を受けてしまって辞めたいと考え悩んでいる人が多くいま す。辛く苦しくても不景気だから辞められないという方は大勢いらっしゃるではないでしょうか? 仕事は生きていく上でも切っても切り離せないものです。

警部自殺、公務災害認定

自殺した県警幸署の男性警部がうつ病を発症したのは元上司のパワーハラスメント(パワハラ)が原因だとして遺族が求めていた公務災害申請について、地方公務員災害補償基金(地公災)県支部は男性のうつ病を公務災害と認定した。遺族側が明らかにした。

遺族側によると、病院でうつ病と診断されていた男性は、自宅で首をつって自殺。遺族側は、当時の幸署次長に繰り返し罵倒されるなどのパワハラが原因でうつ病を発症したとして、公務災害の認定を求めていた。

県支部の通知書は認定理由に言及していないが、発症時期や補償期間などから遺族側は「パワハラ被害も含めて認められた」としている。今後、療養費や葬儀費用などが支給される予定という。

遺族は元上司と県を相手に損害賠償請求訴訟を起こしていたが、「精神的な負担が大きい」として、訴えを取り下げていた。

遺族側は「県警には今回の認定を職場改善のきっかけにしてほしい」とした。

県警警務課は「職員の自殺は非常に残念で、冥福をお祈りする。今後も公務災害の手続きを適正に進めていきたい」としている。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。