岡山 犯罪被害解決 意識改革【犯罪被害の悩み解決】

女児誘拐殺人事件
小学1年生が下校中に行方不明になり、県町で遺体で見つかった。県警は、誘拐容疑で元新聞販売所従業員、元死刑囚を逮捕。死刑が執行された。

犯罪は被害に遭ってからの、対応よりも重要なのは、犯罪に遭わない事が一番です。犯罪を解決しても被害事態が無くなることではないからです。

犯罪被害の解決には、費用も労力も、そして時間も必要になります。そのようになる事を避けるために必要なことは、個々の意識改革しかないのです。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える犯罪被害の悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

トラブルが起こった時の解決方法は弁護士や警察だけと思われがちですが違います。解決のノウハウを買う時代です。ネット上をいくら探してもあなたのトラブルを解決してくれる知恵など書いていません。誰にも相談できずに一人で悩んでいる方は探偵アンバサダー調査事務所岡山へお問い合わせください。

家族や職場にバレないように解決したい方からもご依頼が寄せられています。誰にも知られず解決というのが理想です。泣き寝入りせず、解決向けて取り組む方を全力でサポートいたします。証拠をお持ちでない方も諦めずにご相談ください。

岡山 犯罪被害解決
岡山 犯罪被害解決 解決相談探偵アンバサダー調査事務所岡山

ストーカー解決 個々の意識改革が安全のカギ 犯罪被害解決

事件後赴任元校長が続ける「安全の手紙」

手作りの「セーフティーレター」を発行している校長、小学1年生、が誘拐され殺害された事件から17日で9年。事件当時、市教委職員として対応に当たり、その後に通っていた学校の校長を務めたさんは、子どもの安全をテーマにした手製プリント「セーフティーレター」を発行している。「事件を繰り返さないために。自分自身が忘れないために」。そんな思いで続け、今年で100号を突破した。

事件当時は市教委の少年指導センター所長。発生直後には学校に詰め、葬儀場などで両親に接した。「子どもに先立たれたご両親のつらさや悲しみは、とても言葉にできない。このようなことを二度と起こしてはいけないと思った」

翌年、市内の小学校長に赴任し、小学校の校長に異動。春にはの卒業証書を両親に手渡した。

初に校長を務めた学校で、市教委が定めた「子ども安全の日」にセーフティーレターの発行を始めた。

夏休みなどを除いて、ほぼ毎月発行して児童や教諭らに配布。ボランティアで見守り活動をしている地域住民にも読んでもらおうと、学校のホームページにも掲載する。

「みんなに忘れてほしくないというのもあるけれど、一番は自分自身が忘れないようにするためですね」と語る。

レターはB4判で、自らがパソコンで作る。「友達と離れて遊ばない」「人通りの多い道を歩く」など公園や路上で気をつけることや、知らない人に手をつかまれないための距離の取り方などを紹介し、「子ども110番の家」の説明なども加える。

子どもたちが安全を考え、対応できる力を身につけられるような内容で、保護者に夏休みや冬休みの注意事項を伝えることも。例年11月号では募集した「安全俳句・標語」を発表している。今年も「帰り道/周りを見よう/安全に」など約50件の応募があった。

「事件を繰り返させないために、さりげないことでも続けることが大事」。現在は4校目の校長を務めるさんは、退職予定の15年春まで発行を続けるつもりだ。

この校長の思いは個々の人々に浸透し子供の安全を確保することでしょう。
このような方が居なくても、個々で出来る事を探し取り組むことが重要です。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

岡山 犯罪被害解決
岡山 犯罪被害解決  探偵アンバサダー調査事務所岡山

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

犯罪被害をどう防ぐか

東京メトロ副都心線の駅構内で、新聞販売店の男性従業員が刃物で刺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕されたアルバイト、男性容疑者が「身を守るために普段からナイフを持ち歩いていた」と供述していることが捜査関係者への取材で分かったらしい。

上記容疑者自宅から事件に使われたとされるサバイバルナイフ(刃渡り約30センチ)を押収しており銃刀法違反容疑でも調べるとのこと。

捜査関係者によると、押収されたナイフはさやに入った見つかった状態で見つかった。片側に刻みがあるタイプで容疑者は「今年1月に購入した」と説明。

ナイフには血痕などは確認できなかった。これまでの調べでは、同容疑者が事件直後、渋谷駅のトイレに立ち寄ったことが分かっており、そこで血液を拭き取ったとみている。捜査1課はナイフを鑑定して凶器の特定を急ぐとともに、入手した経緯などを追及する。

そこで私が怖いと感じたことは、普段から護身用としてそんなナイフを持ち歩いている事である。

何を思ってそんな人を殺すことのできるナイフを常に持ち歩いていたか、護身用とはいえ身の危険を感じるようなことがあったのかなどは気になる。

私の経験上、そんなことをしでかす人の特徴として、目が 落ち着きがなく、「目が泳ぐといった」傾向がみられるような気がする。私なりの分析では、精神が不安定な状態の人が何かのきっかけでこんな犯罪を犯してしまっているような気がする。

犯罪被害を避けるなら、その様な人を避けるるしかないのかもしれない。

犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

犯罪被害を解決を考えている方へ

探偵アンバサダー調査事務所岡山では水面下で調査。コンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

また、裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。
クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。

岡山 犯罪被害解決
岡山 犯罪被害解決 探偵アンバサダー調査事務所岡山

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。