岡山 精神疾患者とのトラブル解決相談

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える精神疾患者とのトラブルや悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

当社でも、精神疾患者のトラブル解決依頼をお受けすることがあるのですが、ほぼ法律を持っての対応はよくない結果となっていることが多く、対応にも困っている方が多いのが現状です。

精神と思考

通常人間は、喜びや怒り、悲しみ、楽しみ、憎しみなど、さまざまな感情をもってに日常生活をしているのが人間です。

岡山 精神疾患者とのトラブル解決相談
岡山 精神疾患者とのトラブル解決相談

人間は考える葦であると誰かが言っていますが、常に思考しているのが人間で、感情や思考は、脳内の精神機能のネットワークを使って行われているのですが、原因でさまざまですが、情報や刺激に過敏になりすぎてしい、脳が対応できなくなり、精神機能のうまく働かなくなることがあります。

感情や思考をまとめてあげることができなくなり、トラブルに発展してしまうことがあります。

精神的に不安定な人の特徴

1、他人とのトラブルが絶えない。
2、会話が成り立たない
3、自分のことしか考えられない

大きく分けるとこの3つに分けれれます。

上記の特徴から考えると彼らの思考は一般的に言う自己中と言えるものです。
当然、他人とのトラブルは絶えないどころか、トラブルを起こしてしまうと解決することはまずあり得ないのです。

犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか。

実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

精神的に不安定

兵庫で27歳の女性の遺体が全裸の状態で見つかり、警察は死因やいきさつなどを調べている。
ある工場脇の側溝で、全裸の状態であおむけになって倒れている女性の遺体が見つかった。警察によると、遺体の身元は市内に住む27歳の会社員の女性と判明し、現場近くでは女性が乗り捨てたとみられる車が発見されたという。

女性の家族は「数日前から精神的に不安定な状態で、きのう午前3時に姉と会話したのを最後に家を出た」と話しているといい、警察に行方不明届が出されていた。

遺体には致命傷となるような外傷はなく、警察は遺体の司法解剖を行い、死因の特定を進めるとともに詳しいいきさつを調べることにしている。

依存症トラブル

依存症は、精神疾患とは違うのですが、少し似ているところがあるので一緒に書きます。

人間が依存する対象は様々で、代表的なものに、アルコール・薬物・ギャンブル・恋愛・SEX等があります。このような特定の物質や行為・過程に対して、やめたくても、やめられないほどほどにできない状態を依存症といいます。

依存症には2種類あります

依存症とはやめたくてもやめられない状態に陥ることですが、その種類は大きく分けて2種類あります。
「物質への依存」と「 プロセスへの依存」です。

「物質への依存」について
アルコールや薬物といった精神に依存する物質を原因とする依存症状のことを指します。
依存性のある物質の摂取を繰り返すことによって、以前と同じ量や回数では満足できなくなり、
次第に使う量や回数が増えていき、使い続けなければ気が済まなくなり、自分でもコントロールできなくなってしまいます(一部の物質依存では使う量が増えないこともあります)。

「プロセスへの依存」について
物質ではなく特定の行為や過程に必要以上に熱中し、のめりこんでしまう症状のことを指します。

どちらにも共通していることは、繰り返す、より強い刺激を求める、やめようとしてもやめられない、
いつも頭から離れないなどの特徴がだんだんと出てくることです。

岡山 精神疾患者とのトラブル解決相談
岡山 精神疾患者とのトラブル解決相談

固執が引き起こした事件です。一般的には嗜癖とも呼ばれる。アルコール中毒、薬物中毒のように、中毒と呼ばれることも多いが、現在医学用語として使われる物質の毒性に対する急性中毒、慢性中毒は、依存症とは異なる。

渇望が生じている状態を「依存が形成された」と言う。依存は、物質への依存、過食症、ニコチン依存症やアルコール依存症といった薬物依存症、過程への依存ギャンブル依存症、インターネット依存症、借金依存症、人間関係や関係への依存(共依存、恋愛依存症、依存性パーソナリティ障害など)があり、重大な精神疾患にいたるケースもある。

上記は厚生労働省からの引用です https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000149274.html

依存症トラブル事件 母親刺した容疑で逮捕の少女

母親を包丁で刺した疑いで逮捕された19歳の少女は「警察に捕まってもいい。スマホを隠されて殺すつもりで刺した」と話している。

逮捕された19歳の少女は、自宅1階の居間で50歳の母親の肩や背中を包丁で刺して殺そうとした殺人未遂の疑いがもたれています。母親は病院で手当てを受けていますが、意識があり命に別状はないということです。

岡山 精神疾患者とのトラブル解決相談
岡山 精神疾患者とのトラブル解決相談

びっくりした。少女はやんちゃな子ではない。事件を起こす雰囲気を見たことはないとの証言もある。
犯行後、少女は自分から別のスマートフォンで警察に通報し、その後、逮捕されました。少女は母親の再婚相手の次女で、取り調べに対し昔から大嫌いだった。

スマホを隠されて口論になり、逮捕されてもいいから殺すつもりで刺したなどと話しているということです。

基本的に固執がひどい場合何を言っても受け入れることができないのです。

精神疾患労災トラブル問題

請求者が過去最多 50%以上が20、30代
長時間労働などが原因の過労死や精神疾患(自殺を含む)の2013年度の労働災害補償状況がまとまりました。精神疾患の労災請求は1409人と過去最多で、労災認定も過去最悪のレベルと深刻な状況が続いています。精神疾患では若い人の被害が目立ちます。労災はどういう場合に認められ、どういう補償が受けられるのでしょうか。

労災補償につい

労働者災害保険(労災保険)により、労働者を保護するための給付で、会社が保険料金を支払います。仕事や通勤を理由として、けがや障害が残る、病気、死亡などの場合、補償を受けられます。補償は、治療にかかった費用や仕事を休んだ場合の休業補償(賃金の6割)、亡くなった場合は遺族への年金などが給付されます。

非正規労働者でも給付は受けられるのか

会社に雇われ賃金をもらっている人なら、パートやアルバイト、契約社員などでも、外国人労働者も、誰もが補償を受けることができます。ただし、給付には労働基準監督署に労災保険の適用を申請(請求)しなければなりません。その際には労災の発生日時や災害の原因を会社に証明してもらう必要があります。
会社の協力はどうなるのか。
証明書は災害が起きたことを証明するだけなので本来、協力を拒否するようなことではありません。しかし、労災が起きたことを隠そうと、証明を拒否する会社も少なくありません。その場合は、労基署に会社が証明に協力しない旨を書いて請求書を出せば、労基署が調査します。労災隠しは処罰の対象です。

すべての会社でも労災保険に入っているのか

1人でも労働者を雇っている会社は強制的に保険に加入します。会社が「加入はしているが保険料を払っていないので補償が受けられない」と言う場合もありますが、会社が保険料を払っていなくても労災の申請はできます。

精神疾患の労災は若い人に多い

精神疾患では、労災の請求で20代が20%(277人)、30代が30%(428人)で合わせると50%に達します。

過労死に詳しい弁護士は「体力、気力が充実している若年世代で精神疾患の労災申請が50%なんて異常な事態だ」と話しています。同時に「これでも氷山の一角でしかない」と分析しています。

労災申請の方法を知らなかったり、資料が集まらないなどで申請していないケースが多数あるというのです。精神疾患で労災と認定される際には、長時間労働や過重労働が最も大きな要因です。次いでパワーハラスメントやセクシュアルハラスメントとなっています。

若者を使い潰す、といわれ、社会問題化している「ブラック企業」の働かせ方は、こうした労災の問題点と重なっています。

過労死は基本的に、発症する1カ月前に100時間か、2~6カ月前の平均で80時間を超える時間外労働(残業)があれば認定されます。これが過労死の恐れが指摘される「過労死ライン」です。おおむね週20時間以上の残業が続くようなら気をつけなければなりません。

自分の労働時間を克明に把握しておく必要があります。仕事で使うパソコンの起動時間と閉じた時間をメモしているだけでも十分証拠になります。精神疾患も長時間労働が大きな原因の一つです。

同様に労働時間をメモしておくと良いです。他にもパワハラやセクハラ、仕事上の大きな失敗など「特別な出来事」を評価し、疾患の原因が仕事かどうか判断されます。継続的にパワハラやセクハラを受けているなら、会話を録音するなど証拠を残すことを勧めます。

精神疾患者とのトラブル解決の解決手順

日々の生活の中で、時に思いがけないトラブルに見舞われるものです。ですがいざトラブルに遭遇してしまうと、どうしたらいいのか分からない方が多いのも現状です。また、そのトラブルの元が、親しい方や近隣の方ですと、より塞ぎこんでしまい、泣き寝入りしてしまう方もおられると思います。

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません。

まずは、ヒアリングから始めてください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。