岡山県 不倫調査で失敗する人の特徴

不倫調査と浮気調査の違いは、対象者が既婚者どうかということで、当社は分けているのですが、不倫調査の場合は、成功か失敗で大きく人生を左右されることがあるので読んでいただくことをおすすめします。

不倫調査で失敗する人の特徴を書きます。参考にして頂ければ幸いです。

不倫調査の依頼を考えている方は読んで損はない内容となっています。

長年調査業にいると不倫調査でし成功する人、失敗する人がいることに気が付くようになり、その成功、失敗の差はどこに有るのかが分かってきます。

不倫調査依頼で失敗することの一部を紹介しますが、今回は、クライアントの対応について書こうと思います。

特に気を付けておいて欲しいことなので不倫調査を依頼する前に必ず読んでください。不倫調査依頼は人生の中で何回も、調査依頼をする人は少数派ですので、失敗例を是非学んで不倫調査依頼に生かしてください。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える不倫の悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、不倫トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な不倫の解決方法導き出します。

不倫トラブルや不倫の悩みは、一日でも早く解決し、日常を取り戻していくことが人間として、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。

私共は、不倫トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんなトラブルやお悩みの解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

岡山県 不倫調査で失敗する人の特徴
岡山県 不倫調査で失敗する人の特徴 探偵アンバサダー調査事務所岡山
岡山で不倫調査依頼を検討されている方はこちらも併せてお読みください。

岡山県 不倫調査の失敗例

不倫調査の失敗の中で、対象者と不倫相手、調査地域周辺にバレるというのがあります。

調査員の配慮が無くバレる場合

クライアントがばらしている場合

に分けることが出来るのですかクライアントに問題があった場合の事を書きます。

不倫調査にクライアントが表れて調査現場が荒れたケース

不倫調査依頼をしたクライアントが現場に現れ、現場で近隣住民に不審者として警察に通報されたり、不審者として近隣住民に取り囲まれたりと、当事者が現場に現れると問題行動を起こします。

対象者にバレなくても調査に支障が出来る上、調査員の人員増やして調査を進める必要が出てくるため、調査費用が高くなってしまいます。

現場に同行させてくれという要望も聞きますが当社では、調査員とは別に案内係を付けますので費用はかかりますが申し出てください。

調査員と同席して調査の邪魔や指示を出されたのではたまったものではありません。

友人と一緒に不倫調査依頼に来たケース

クライアントは29代後半女性、対象者はその女性の20代後半の夫で、クライアントは同世代の友人女性と同席で調査依頼に来ました。

調査は、3日の調査をしましたが結果は何も起こらず空振りに終わったので、報告となり、事務所でクライアントに説明し調査を終了となったのです。

この時も、友人の女性も同席していたのです。

クライアントの女性と夫の男性は高校の同級生で結婚した夫婦です。その友人女性も同じ職場クライアントの中学生時代からの親友とのことです。

勘の鋭い方はもうお判りでしょうが、これもご多分に漏れず、調査情報が対象者の夫に筒抜けになった状態で調査に入ったので何も出なかったのです。

調査を友人に相談していたケースは、調査情報が筒抜けになると不倫の証拠が出ないというケースは多々あります。

上記の不倫調査失敗のケースの対応

調査員には予め、友人との同席と調査依頼のクライアントということなので、対象者に情報漏れがないか十分に注意と言っていましたので調査員も気を付けて調査開始していました。

その為、細心の注意を払って調査をしたようです。案の定、警戒行動オンリーの不自然な行動です。

この不自然な行動は、理由が無ければ起こらない事で、調査員なら気が付くよう訓練を受けています。

事務所で報告の前に、そのことを伝え対策をクライアントに十分に説明し追加不倫調査の追加依頼を受けました。

不倫調査失敗 ~不倫調査成功へ

結果としては、実は不倫調査を継続し、以後、事務所には一人で来てもらい、どこから情報がモレていたのかも調べる方法を考えました。

夫の相手の不倫相手は、中学生時代の友人の女性で、一緒に事務所に来た人物でした。当社では以外と定番のオチであまり驚くことではないのですが、クライアントからすれば中学時代からの友人でなお信頼しているという相手ということもあり、大変滅入っていましたが、事実には変わりないということで吹っ切るようにしたようでした。

以後は順調に不倫調査を進めながら証拠収集できました。

岡山県 不倫調査で失敗する人の特徴
岡山県 不倫調査で失敗する人の特徴

対象者の母親と一緒に浮気調査依頼をしたケース

結婚は、両家公認とはいえ、不倫調査を依頼する上で当然してはならない事の一つが相手方の親や兄弟に相談するということです。

当然、対象者に調査の事は筒抜けになったのですが、当たり前のことで、いくら交際相手の両親とも親密だとは言え、限度を超えています。

クライアントは女性で、情報を漏らしたのは、夫の母親でしたが、このことで問題はクライアントの方で、不倫調査を成功したいなら、絶対に相談すらしてはならない相手に相談しているのです。

母親なら自分の息子を守りたいという考えを持つことは、誰でも当たり前の行動で、息子の嫁とは敵対関係になっていたのです。少し考えることをすれば誰でもわかることです。


不倫調査を失敗しない為に必ずお読みください

不倫調査の成功は、調査依頼前のクライアントの行動に影響されることと、調査料金も大きく影響があることを理解しておいてほしいと思います。

感情的になって、相手を問い詰めることにメリットが無いことは分かっていても、どうしても我慢できないことは想像がつくのですが浮気調査を考えるなら得策ではありません。

また調査情報は誰にも話さない事が、情報漏れを防ぐ方法です。

これは、「人の不幸は蜜の味」ということわざがあるように、友人といえども同じで、情報漏れを疑うようになれば、当然友人を疑わなくてはならなくなり、一度に交際相手と、友人を失うこととなります。

調査情報は誰にも話さない事 を注意してください。話すのは調査結果が出てからでも遅くありません。

また重要なことは、事実を基に最良と思えることを選択し、その判断を感情をいかに入れていかないといけないかが、不倫の解決には重要です。

その対応は大変困難な事ではありますが、当社ではそのサポートをい来ないながら調査を進めて行きますので、安心して不倫調査をご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。