監視行為

監視行為

女性宅を繰り返し監視の男逮捕 容疑で岡山県警、新県条項初適用


岡山市の女性(29)が所有する車に放火した上、女性宅を再三見張るなどしたとして、建造物等以外放火罪とストーカー規制法違反に問われた岡山市中区の無職被告(40)の判決が、地裁であった。裁判長は「車の損害は大きく、女性が恐怖を感じるほどのストーカー行為は悪質で執拗(。動機も短絡的かつ身勝手で、酌量の余地はない」と述べ、懲役2年の実刑判決を言い渡した。


判決によると、被告は同市中区の駐車場で、女性が所有する軽乗用車の窓ガラスを割り、ライターで火をつけたポリ袋を後部座席に投げ込んで放火。また、計11回にわたって、女性宅周辺を見張り、女性に不安を覚えさせるような行為を繰り返すなどした。


女性の自宅を繰り返し監視する嫌がらせ行為を行ったとして、岡山県警生活環境課と岡山中央署は、県迷惑行為防止条例違反の疑いで岡山市中区、無職容疑者を逮捕した。 条例は、従来の県迷惑防止条例に、恨みやねたみに基づく嫌がらせ行為を取り締まる新たな条項を盛り込んで施行された。県警によると新条項の適用は初めて。 逮捕容疑は飲食店で働く女性(29)=岡山市=方付近の路上を徘徊(はいかい)して見張り、女性に不安を覚えさせた疑い。逮捕後、黙秘しているという。

窃視障害 盗聴器発見調査 

盗撮器発見調査の探偵アンバサダー岡山

窃視障害


元タレントの田代まさし氏が7月10日、盗撮容疑で書類送検されることがわかりました。同氏は6日、東京都世田谷区の東急線二子玉川駅のホームで、女性のスカートの中を盗撮した疑いが持たれています。

田代氏は2000年にも女性の下着を盗撮しようとした容疑で書類送検されており、同年に罰金5万円の略式命令を受けています。その後は芸能活動を一時中止し、復帰するも2001年に軽犯罪法違反や覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕され、事実上の引退状態となっていました。

パラフィリア障害の可能性
薬物摂取のような行為は、いわゆる「禁断症状」が出るなど強い身体的依存性があるため、ダメだとわかっていても繰り返してしまうのはある程度想像できます。しかし、「盗撮」というのは理性で我慢できそうなものです。

まして田代氏の場合は、盗撮は身の破滅を招くきっかけとなった忌むべき行為です。どうして彼は、そのような行為を繰り返してしまったのでしょうか? それを理解するためには「パラフィリア障害」という精神疾患の可能性を考える必要があります。

のぞくことで得られる強烈な性的興奮
パラフィリア障害(群)とは、性の対象や行動が、一般的に正常とされている範囲から外れている症状を指します。その中で、他人の裸や衣服を脱ぐ行為、性行為などを見ること、いわゆる「のぞき」行為で性的に興奮するタイプを「窃視障害」(せっししょうがい)と呼びます。

のぞかずにはいられない病気
性的な嗜好には個人差があり、どこからが正常でどこからが異常かの線引きは簡単ではありません。また、田代氏がパラフィリア障害(窃視障害)との診断を受けたという情報もいまのところありません。

しかし、盗撮という相手が同意していない行動におよんでいることや、社会に問題を起こしている点は、窃視障害の診断基準に合致していると言えます。窃視障害がひどくなると、のぞき見でしか性的興奮を得られなくなります。田代氏がそのような状態であったとすれば、欲望を抑え切れなかったのはある意味当然と言えるでしょう。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

前の記事

スパイ養成法

次の記事

顧客情報流出