リベンジポルノ画像扱い リベンジポルノ解決

グーグルリベンジポルノ画像扱い

インターネット普及による情報化社会である時代においては、写真・動画がネット上で流出・拡散すると削除が困難となり、半永久的にネットに存在し続けるデジタルタトゥーとなりやすい。カメラ機能・ビデオ機能が付いた多機能携帯電話(スマートフォン)が普及したことで個々人が撮影と投稿が手軽に行える環境となっていることも、リベンジポルノ問題を潜在的に起こしやすくする要因の一つとなっている

検索結果から削除へ

米グーグル は19日、リベンジポルノ画像を検索結果から削除する方針を発表した。リベンジポルノは元交際相手らの裸の画像を嫌がらせ目的でインターネット上に流出させること。一般の目に触れる場で被害者に打撃を与えるこうした行為を抑制する。
検索事業を担当する上級副社長は、裸や性表現が露骨な画像を検索結果から削除するよう要請を受けた場合は応じるとブログで表明した。削除要請用のオンライン上の申請フォームを近く用意するという。
グーグルは基本的には自社の検索エンジンで大半のデジタルコンテンツを探せるようにしているが、一定の個人情報にはアクセスできないような措置を取っている。上級副社長は銀行の口座番号やサインなどで既に同様の制限を設けていると説明した。
しかし問題はこれで解決されるわけでもなく、事実裸の画像は第三者に渡ってしまっているので、グーグルとしては対応をしているが根本的な対応には至っていない。
解決と言えるのは画像、映像をすべて削除しなくてはならない。

不倫の代償 リベンジポルノ 脅迫 セクストーション

私どもの探偵社でもリベンジポルノ・性的脅迫・セクストーションの解決依頼は数件あります。地方都市である岡山でもそれなりの件数の案件があるのです。

メールを使った脅迫には「セクストーション」と呼ばれる、性的な脅し文句を利用することで、受信者の不快感や恐怖をあおる手口が利用されています。

このようなインターネット系の脅迫は私どもでは対した脅迫でなないと判断してしまいます。当事者は大変でしょうが。本当に怖いのは不利の証拠になる画像での脅迫、それも当事者間で撮影した映像が第三者に手にわたってしまった場合です。撮影したときは、そんな大変なことになると思っていなかったようですが、恋愛はどうなるか予測がつかないもので、先のことは誰にも分りません。

リベンジポルノ

リベンジポルノは、元配偶者や元交際相手が、拒否されたことの復讐に、裸の写真や動画など、公開するつもりのない私的な性的画像を無断でネットの掲示板などに公開することを言います。
インターネット普及で、写真・動画がネット上で流出・拡散すると削除が困難となり、半永久的にネットに存在し続けることとなります。カメラ機能・ビデオ機能が付いたスマートフォンが普及したことで個々人が撮影と投稿を手軽に行える環境となっていることも、リベンジポルノ問題を潜在的に起こしやすくする要因の一つとなっている。

また子供でもスマホは所持しているため、被害者、加害者の低年齢化となっています。
無許可で撮影した他人の写真を投稿するのをプライバシー侵害として禁止する法律は各国で存在するようですが当社の扱った案件では、被害者が撮影許可したケースもあり対応には熟練した担当者がつくようにしています。

リベンジポルノ・性的脅迫・セクストーションの被害解決はアンバサダー調査事務所

リベンジポルノ相談 岡山

リベンジポルノを直訳すると「復讐ポルノ」。
言葉の通り、復讐という意味が込められています。
リベンジポルノとは、元交際相手や元配偶者から交際中のベッド写真や映像を公にされる等の被害です。
裸の写真など、かなりプライバシーに踏み込んだ映像をネットに流出され、結婚や就職などにも影響をきたすこともあります。
このリベンジポルノ被害の恐ろしいところは、放置することで被害が拡散すると言うところです。
インターネットは、世界中いたるところに普及しており、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレット端末などを使い誰でもが見る可能性があります。家族や会社の同僚、町のパン屋さん、交際相手、その両親など
絶対に見られてはならない人物が目にする可能性があるのです。
1カ月で110件 うち脅迫42件
嫌がらせで裸の画像をインターネット上などに公開する「リベンジポルノ」の防止法が施行された昨年11月27日から12月31日までの約1カ月間で、全国の警察に110件の相談が寄せられ、18件では実際に画像などが公開されていたことが2日、警察庁のまとめでわかった。同庁は「画像がネットで拡散すると、完全な削除は難しい。被害に気づいたらすぐ相談してほしい」と呼びかけている。

リベンジポルノに関するトピックス

110件のうち、相談内容(複数回答)で最も多かったのは「画像を公表すると脅された」の42件。「画像を送りつけられた」の22件、「画像を公表された」の18件が続いた。これとは別に「画像を撮影された・所持されている」といった相談も33件あった。

99件は相談者が女性だった。相談者全体の世代別では20代が41件と最も多く、未成年が24件、30代と40代がそれぞれ16件。一方、相手方の性別が判明しているうち、88件は男性だった。30代が25件、20代が20件、40代が14件。20代と30代で4割に上った。

リベンジポルノの相談をしたい方へ

被害に遭っているのはあなただけではありません。最近急増している問題です。リベンジポルノ被害や画像恐喝、ハメ撮り恐喝などと言った被害は、簡単に誰にでも相談できる内容ではありません。相談相手を間違うと二次被害に遭うこともあります。相談相手から脅されることも考えられるのです。リベンジポルノは、会社でのパワハラやセクハラとも関係していることもあり、問題が複雑化しているケースもあります。

誰にも知られずに解決したいと思う方、早期解決を望む方は今すぐお電話ください。当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。