詐欺被害事例 岡山

詐欺はあらゆる手段をもってあなたを打もして金銭を奪っていきます。実際の先事件を参考に、詐欺師に騙されないように考えてみてください。

詐欺被害事例

連続詐欺 同じ携帯電話で 利用停止2週間の法の穴突く

県内で7月に発生した振り込め詐欺事件で、県警が携帯電話会社に契約者の本人確認を依頼しているうちに、同じ番号の携帯電話を使った詐欺が相次いだ。携帯電話不正利用防止法の規定では、即時利用停止ができず、停止には約2週間かかるためだ。詐欺被害の拡大を防ぐため不正な携帯電話を速やかに停止できるよう、捜査関係者は法整備の必要性を指摘している。

県警によると、60代男性が長男を装った男からの電話で、現金計約200万円を振り込んでしまった。60代女性が同様の手口で約90万円をだまし取られた。2件の詐欺事件に使われた携帯電話番号は同じで、県警は、契約者の本人確認を携帯電話会社に依頼した。

同じ番号からの電話で、県市の60代女性が現金約295万円をだまし取られた。この番号を使った詐欺被害は県内でさらに数件あり、被害総額は少なくとも約800万円に上るという。捜査関係者は「同じ電話を使った被害が県外でも出ている可能性がある」と話す。

同一電話番号を使った詐欺は各地で起きている。○○市では、70代男性が1300万円をだまし取られ、犯行に使われたものと同じ番号の不審電話が他にも確認された。北海道では、同じ番号による振り込め詐欺が少なくとも5件発生。熊本、鹿児島、長崎各県で同じ番号を使った振り込め詐欺が相次いだ。

携帯電話不正利用防止法では、電話が犯罪に使われている可能性があれば、警察署長の求めで携帯電話会社が契約者の本人確認を行う。契約者がこれに応じない場合は電話の利用停止ができるが、通常は停止までに2週間ほどかかるという。一方、犯罪に使われた金融口座は振り込め詐欺救済法に基づき、警察が金融機関に依頼すれば即時凍結が可能だ。

県警の捜査関係者からは「詐欺グループの携帯電話番号が判明しているのに被害を防げない。法整備で詐欺の道具を使えなくしてほしい」との声が上がっている。総務省は「携帯電話は災害時のライフラインの一部。利用停止には一定の時間が必要だ」としている。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

詐欺被害解決なら
岡山の探偵社 アンバサダー調査事務所
問い合わせダイヤル 086-226-1099

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

詐欺事件 岡山詐欺被害解決

2億円M資金詐欺で被害

人気タレント、イベントのギャラ未払いのトラブルに巻き込まれていることがでわかった。

このイベントは、開催される予定だった「国際頭脳スポーツフェスティバル」。日替わりで出演する予定で、記者会見で剛力は「私も遊びに行かせていただきますので、みなさんもぜひお越しください!」とアピールし、チラシにも写真が使われていた。

イベントは、県知事が顧問を務め県が後援する予定だったが、会見の翌日に、会場使用料の未払いで、使用の中止を決定。県庁も「後援の取り消しと知事の顧問辞任」を発表した。結局、芸能イベントはすべて中止され、イベントの一部のみが、小さな会場で分散して行われた。

関係者によれば、このイベントでは、記者会見に出席したタレントが、出演依頼を受けていた他のアイドルグループやモデル、MCなどのギャラが支払われず、総額900万円近い損害を被っているほか、他の会社や個人もあわせて2億円ほどが未払いになっているという。

運営団体の理事長は元財務省の官僚。請求に対して、「M資金の窓口になっている大物が存在していて、そこから金が来る」、「日銀の都合で遅れている」などど言い訳しているという。主催団体のトップは、取材に対し、「時期が来たら話す」とし、詳細については回答を拒否した。今後の成り行きが注目される。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

詐欺師と詐欺師支援

社労士ら詐欺容疑 男女5人逮捕

国の助成金制度を悪用して金をだまし取ったとして、県警は、詐欺の疑いで、社会保険労務士、容疑者(41)と団体職員、容疑者(46)、会社員、容疑者(46)ら男女5人を逮捕した。
県警は、容疑者らが、地域再生を目的に一定の事業を創業した人に創業経費などを助成する「地域再生中小企業創業助成金制度」に注目し、事業を創業したようにみせかけ、助成金をだまし取っていたとみて調べている。
5人の逮捕容疑は、共謀し、容疑者が市内で飲食店を開業するとの虚偽の内容を記載した申請書類を労働局に提出し、助成金約1200万円をだまし取ったとしている。

携帯電話1万台不正契約、詐欺グループに転売か IT会社社長ら逮捕
知人の会社が利用するように装って携帯電話の法人契約を結んだとして、庁組織犯罪特別捜査隊は電子計算機使用詐欺容疑でIT関連会社社長、○○○容疑者(30)4人を逮捕した。同隊によると、いずれも容疑を否認している。

容疑者らは同様の手口で、携帯約1万台を不正に取得。この携帯で登録したインターネット交流サイト(SNS)「ミクシィ」などのアカウントを1500~2500円で出会い系サイトの利用者に転売していたという。
携帯本体は約4万円で振り込め詐欺グループなどに転売したとみられ、同隊は、実際に詐欺事件に利用された可能性があるとみて裏付けを進めている。
逮捕容疑は22年10月24日、知人の会社が利用するという虚偽の説明で、携帯大手のソフトバンクと法人契約を結び、スマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」10台を不正に取得したとしている。
無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。