地域性 詐欺被害の特徴

詐欺被害の特徴
地域によって詐欺被害の特徴が出ることがあります。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では水面下で調査。コンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

また、裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。

クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。

大阪 詐欺被害の特徴

「オレオレ詐欺」被害少ないが「還付金詐欺」被害多い
県民性から犯罪の傾向は読み取れるのだろうか。犯罪社会学の第一人者である小宮信夫・立正大学教授は「大阪の詐欺犯罪には“大阪人”らしさが垣間見える」と指摘する。

「大阪では『オレオレ詐欺』の被害は非常に少ないのに『還付金詐欺』は多く発生したというので話題になりました。

岡山 詐欺被害 探偵アンバサダー調査事務所岡山
岡山 詐欺被害 探偵アンバサダー調査事務所岡山

他人にお金を振り込むことには、“ほんまかいな”とツッコミを入れて被害を回避できても、他人からお金を貰えるという話には“すんまへんなァ、おおきに”と、つい油断してしまうのかもしれませんね」

また、優れた統率力を持つ偉人を輩出した都道府県には犯罪が少ないという説もある。
「民心を第一として禁欲的な生活を貫いた上杉謙信の新潟、金銭欲の卑しさや武士道の大切さを説く『獄中教育』を受けた西郷隆盛や大久保利通の鹿児島などが当てはまります。

これは未熟な仮説ですが、彼らの時代から脈々と続く文化や、彼らのようになりたいという畏敬の念が、地域の結束力や青少年の向上心といった犯罪防止の要素をもたらしているのかもしれません」

ただし、殺人や強盗などの凶悪犯については、犯罪者の性格や感情、家族環境など「犯罪原因論」の面が大きく影響し、地域性が反映されにくいとされる。

「“A県には殺人が多い”“B県には放火が多い”とはいえません。凶悪犯罪者は確率論的にどこにでも存在します。ただし、『犯罪機会論』に基づく“犯罪が起こりにくい街づくり”は、今後、さらに重要性を増していくと思います」

詐欺トラブルは、自分にも非があるケースが大半で、あなたの弱みもや、善意、欲に付け込む犯罪でこの手の犯罪を仕掛けてくる輩は大変厄介です。

一度、詐欺トラブル解決コンサルタンをご依頼ください。その決断が早期解決へと繋がります。

コンサルタント探偵岡山の探偵アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

かたり詐欺

かたり詐欺とは
例えば 消防署職員とかたり消火器を売るなどの行為、今回は新聞販売員を語っている。
新聞販売員かたり詐欺
新聞販売店のスタッフをかたる男が「前払いしてくれれば購読料が安くなる」などと持ちかけ、公営住宅のお年寄りたちから現金をだまし取る事件が2009年以降、東京都内だけで約330件発生していることが警視庁幹部への取材で分かった。

被害総額は約330万円に上り、同庁は連続詐欺事件として捜査している。読売新聞社でも昨年3月以降、埼玉、千葉両県を含めて109件(被害総額約147万円)の被害を確認している。

岡山 詐欺の手口
岡山 詐欺の手口 探偵アンバサダー調査事務所岡山

東京都品川区の都営住宅では今年6月、読売新聞を購読する70歳代女性が、読売新聞販売店のスタッフを名乗る男から「いつも読んでいただいている方には安くできるんです」などと購読料の前払いを持ちかけられ、2年分の代金として2万2000円をだまし取られた。

10月には、三鷹市の都営住宅で、80歳代女性が、別の新聞社のスタッフをかたる男から「契約を延長してくれれば月1000円でいい」などと1万円をだまし取られていた。新聞販売店で使われている購読契約書が悪用されたケースもあった。

男は40~60歳代で身長1メートル70前後。色が黒く、前歯が欠けており、マスクをしていることが多いという。別の男の目撃証言もあり、同庁は、複数犯の可能性もあるとみている。

読売新聞グループ本社広報部の話「読売新聞の販売店が購読料の前払いを求めることはありません。また、読売新聞の販売店スタッフは身分証を携帯しており、普段見かけないスタッフが来たら身分証を確認してください」とのこと

この様な語り詐欺は、東京都内だけで発生するわけではありません。十分に気をつけましょう。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

誇大広告 詐欺

必ずということは物理的にあり得ないのです。

TVで毎日のように問いただされている詐欺被害に我々は警察すら動いてくれないトラブルにクライアントの皆様と一緒に立ち向かい多くのトラブルをこの手で解決してきました。

犯罪になりそうなトラブルごとについても解決してきました。事件にはなっていないけど不安だ怖いそういうことは生きている限り付きまといます。

催眠療法で必ず病気が治るなどの宣伝文句が誇大広告にあたるとして、83歳の男が逮捕された。男は、逮捕前日も、「スーパーテクニック」と称する、その施術について語っていた。
真っ赤なシャツに、ピンクのベストを羽織っているのは、20日に逮捕された自称セラピストの北野正治容疑者(83)。

岡山 詐欺被害対策
岡山 詐欺被害対策 探偵アンバサダー調査事務所岡山

待ち受けていたカメラに、ピースサインをしてみせる余裕も見せた。
北野容疑者は、インターネットのウェブサイト上に、自身が行う催眠療法で「うつ病などを必ず改善できる」などと、誇大な広告を出した特定商取引法違反の疑いが持たれている。

北野容疑者が催眠療法を行っていたのは、愛知・名古屋市にあるマンションの一室。
外の看板には、「スーパーテクニック催眠」とのうたい文句が書かれていた。

取材のため、客を装って訪れたFNNの記者に対し、北野容疑者は「(『スーパーテクニック催眠』と書かれているが?)はいはいはい、ちょっと今やめていますが、よかったら、(治療を)やってあげますが。(『スーパーテクニック』というのは、これで治る)、催眠術かけて治る」と話した。

催眠術をかけ、病気を治すと話す北野容疑者。

北野容疑者は「目の形はいいけどね、眼振とう、黒まなこがね、ちょっと忙しく動いている。眼球が異常運動している。黒まなこが、クックックって、忙しく動いているわけよ」と話した。

プロフィールによると、施術歴は40年以上で、治療例は3,000人以上とも。
一方で、その料金は、具体的に書かれていない。

料金については当初、「気持ちでいい」と話していたが、北野容疑者は「1時間ぐらいで、お金2万円くらいでどうだろう 昔の半額以下だけど」と話した。

北野容疑者は、ネット上の広告について、誤解はさせていないなどと、容疑を否認しているという。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。