嫌がらせ解決調査 怪文書 脅迫文 岡山 倉敷 津山

嫌がらせ解決調査 怪文書 脅迫文 探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える嫌がらせ、怪文書 脅迫文の悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。女性スッタフ在籍の総合探偵社です。

嫌がらせ 怪文書 脅迫文のお悩みを抱えておられる方が近年増加しています。「でもどこに相談すればいいのか分からない」というのが本音ではないでしょうか。そういったお悩みも私たちにご相談下さい。専門のスタッフがあなたのお悩みの早期解決のお手伝いをさせて頂きます。

嫌がらせ解決調査 怪文書 脅迫文 岡山 倉敷 津山
嫌がらせ解決調査 怪文書 脅迫文 岡山 倉敷 津山

嫌がらせ 怪文書 脅迫文 解決するには

嫌がらせを解決しようと思うと、まず犯人である加害者の特定が一番重要なことです。その次にどのように犯行におよんでいるかの犯行証拠が必要となります。

その次にどのように嫌がらせをしている犯人に対応をとるかですが、被害者と犯人の関係、どのくらいの損害が出ているかなどの状況を判断して、対応を考えていかなくてはなりません。

日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその 脅迫文犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか。

ですが実際は 脅迫文犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな 脅迫文犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。

脅迫文トラブル怪文書の悩みは、一日でも早く解決し、日常を取り戻していくことが人間として、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。

私共は、トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんなトラブルやお悩みの解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

嫌がらせ解決調査 怪文書 脅迫文 岡山 倉敷 津山
嫌がらせ解決調査 怪文書 脅迫文 岡山 倉敷 津山

怪文書 脅迫文 嫌がらせ例

怪文書 火の無い所に煙は立たない

怪文書ビラ コロナ禍で市議会議員が不貞行為にふけっていると、文言が記された「怪文書ビラ」が流布して騒動となっている。

大雨警報時も不倫相手の自宅へ

 2人の関係は2年ほど前から密かにウワサになっていたのですが、不倫関係を暴露した怪文書と証拠写真が、市内の一部にばらまかれた。

 市議は度々、相手の自宅に通って、県下全域に大雨洪水警報が発令されていた日にも、彼女の自宅に行っていたようです。

 市民の代表である市議会議員の不倫となれば由々しき事態。

相談に乗っていただけ そんなわけないだろ
ビラは私の自宅には届いておらず、うちの近所や議会宛てに送付され、誰が出しているのかわからないため、警察や弁護士に相談しているとの事。

 不貞行為については、ビラの写真は確かに私です。不貞行為は事実ではありません。私も結婚していますし、相手の立場を考慮しなければいけないと思い、人目を避ける行動をとっていましたとのこと。

 ホテルに2人で入った日の行動について、相談の内容は言えないとのことだが、あくまで“男女の関係”はないと断言して次のように話したようです。

確かにホテルに一緒に入りましたが、中では相談に乗っていただけです。屋外では話せないような相談事ってありますよね。それでほかに場所がなくて、手短に個室のあるホテルで話そう、ということになったんです。ホテルに行ったのはこの一回きりですと話している。このホテルとはラブホテルです。

 お姉さん的な感じで接していました。私的な相談なので、彼女の実家の建設会社や議員活動とはまったく無関係です。結果的にビラが撒かれたことで、さまざまな影響が生じている。

 市民に釈明をする予定はないようで、議会の会期中の出来事ではなかったこと、プライベートな時間に会っていたことなので、あえて公に何かをするつもりはありませんよ釈明。

 ラブホ密会を「何もなかった」で突きとおす、厚かましい政治家。

ラブホテル以外でも相談に乗れる場所はいくらでもある。

汚物、動物の死骸の敷地内投げ入れ 洗濯物に絵具を投げつけ

汚物、動物の死骸の敷地内投げ入れ 洗濯物に絵具を投げつけ など嫌がらせは様々ですが、勘のいい人はお判りでしょうが、犯人は普通の人だと思ってはいけません。このようなことを対応するのを当事者だけでするのは得策ではないのです。状況が悪化し、嫌がらせをエスカレートさせる結果になることが、多くあります。

嫌がらせを解決したい思うなら当社へ相談ください。貴方の力になります。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では様々な嫌がらせを解決してきました。車にスプレー缶で落書きする犯人を捕まえたり、庭に生ごみを放り込む隣人の証拠をとりと、嫌がらせ犯人の証拠収集から、嫌がらせの解決まで対応してきました。

「お悩み相談」のみをお望みの方には不向きな探偵社です。クライアントの問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。問い合わせは無料ですので、まずは問い合わせをしてみてください

嫌がらせ 怪文書 脅迫文 解決なら
岡山の探偵 アンバサダー調査事務所
嫌がらせ 怪文書 脅迫文 解決 相談ダイヤル 086-226-1099

嫌がらせ解決調査 怪文書 脅迫文 岡山 倉敷 津山
嫌がらせ解決調査 怪文書 脅迫文 岡山 倉敷 津山

無言電話 いやがらせ

無言電話にいやがらせ対策は年に数件受けることのある案件です。探偵への調査依頼では、証拠収集と対応が主な案件です。

無言電話などの「迷惑電話」そのものは、犯罪にはなりません。迷惑電話そのものを規制する法律はありませんが、それにより迷惑を被ったり、なにか被害が出た場合は、既存の法律により罰せられることとなります。

無言電話対策

無言電話などに対応ができないと言えばそうでもありません。

第三者が情報を分析できるように、証拠が必要なことは言うまでもありなせんが、最も重要なことは被害にあっていても感情をコントロールする必要があるのです。イラつきいらないトラブルや事故をそのことで引き起こしてしまうのです。

警察署に無言電話を繰り返して警察の業務を妨害したとして、会社員の男(57)を逮捕した。調べに対し「逮捕事実の意味が分かりません」と話しているという。

逮捕容疑は、自分のスマートフォンで、署の代表電話に約600回の無言電話をかけ、署の業務を妨害したとしている。

署によると、電話の発信元の記録から男の犯行を特定した。同様の電話は以前からあり、通話状態になるとすぐに電話を切るなどの行為を繰り返していたという。

嫌がらせ 怪文書 脅迫文の解決に向けてすること

嫌がらせ 怪文書 脅迫文の解決に向けてすること まず警察に届け出を出来るなら警察に行ってください。

脅迫の内容を、誰にも知られず解決したいなら探偵アンバサダー調査事務所岡山にヒアリングから依頼をすることを選択肢の中に入れてください。

嫌がらせトラブル怪文書問題が身に降りかかった時、「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。