嫌がらせ調査・嫌がらせ解決 岡山 倉敷 津山

嫌がらせ解決 いやがらせ対策

岡山 倉敷 津山

嫌がらせを解決するには

嫌がらせを解決しようと思うと、まず犯人である加害者の特定が一番重要なことです。その次にどのように犯行におよんでいるかの犯行証拠が必要となります。
その次にどのように嫌がらせをしている犯人に対応をとるかですが、被害者と犯人の関係、どのくらいの損害が出ているかなどの状況を判断して、対応を考えていかなくてはなりません。

嫌がらせの例

怪文書、脅迫文
汚物、動物の死骸の敷地内投げ入れ、玄関先に
放置、庭に除草剤をまかれる。
 
洗濯物に絵具を投げつけられる

など様々ですが、勘のいい人はお判りでしょうが、犯人は普通の人だと思ってはいけません。このようなことを対応するのを当事者だけでするのは得策ではないのです。状況が悪化し、嫌がらせをエスカレートさせる結果になることが、多くあります。
嫌がらせを解決したい思うなら当社へ相談ください。貴方の力になります。
アンバサダー調査事務所では様々な嫌がらせを解決してきました。車にスプレー缶で落書きする犯人を地構えたり、庭に生ごみを放り込む隣人の証拠をとたりと、嫌がらせ犯人の証拠収集から、嫌がらせの解決まで対応してきました。
「お悩み相談」のみをお望みの方には不向きな探偵社です。クライアントの問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。
嫌がらせ解決なら
岡山の探偵 アンバサダー調査事務所
嫌がらせ相談ダイヤル 086-226-1099

無言電話 いやがらせ

無言電話にいやがらせ対策は年に数件受けることのある案件です。探偵への調査依頼では、証拠収集と対応が主な案件です。

無言電話などの「迷惑電話」そのものは、犯罪にはなりません。迷惑電話そのものを規制する法律はありませんが、それにより迷惑を被ったり、なにか被害が出た場合は、既存の法律により罰せられることとなります。

無言電話対策

無言電話などに対応ができないと言えばそうでもありません。

第三者が情報を分析できるように、証拠が必要なことは言うまでもありなせんが、最も重要なことは被害にあっていても感情をコントロールする必要があるのです。イラつきいらないトラブルや事故をそのことで引き起こしてしまうのです。

警察署に無言電話を繰り返して警察の業務を妨害したとして、会社員の男(57)を逮捕した。調べに対し「逮捕事実の意味が分かりません」と話しているという。

逮捕容疑は、自分のスマートフォンで、署の代表電話に約600回の無言電話をかけ、署の業務を妨害したとしている。

署によると、電話の発信元の記録から男の犯行を特定した。同様の電話は以前からあり、通話状態になるとすぐに電話を切るなどの行為を繰り返していたという。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。