企業スパイ 産業スパイ トラブル解決相談

企業スパイ

企業スパイの中には、競合他社や外国企業の企業秘密を盗み出すことだけを目的として入社を志願する人もいる。あるいは、既存の社員が会社に反感を抱いて退職する時に、他社からの甘い誘いと報酬に惹かれて、手に入るデータを片っ端から奪って持っていく人もいる。
スパイを見つけ出したり、機密情報へのアクセスをブロックしたりという点での企業側の取り組みは、必ずしも十分でない。しかるべき職権と、しかるべきアクセス権があれば、清掃員、郵便物収配係、IT担当者などになりすました作業員が、データの防護策をかいくぐり、さまざまなアクセスを生かして、データを持ち去ってしまう可能性がある。

産業スパイ

転職志願者スパイ 
次のような調査依頼をよくしている探偵社を知っています。
産業スパイは、他社からの転職を装って会社に入り込む。対象の職種に適任の人材として、本当の狙いを隠してやって来るのだ。残念ながら、競合他社で働いている志望者を完全に排除するという選択は、たとえ害がなくても、難しい場合や不可能な場合がある。競合他社の人材は、採用側にとっては望むところだからである。「競合他社の社員には、採用側の企業が求めるスキル、市場知識、経験があり、有力な候補者だ」。
以前は忠実に働いていた社員を競合他社が金で釣り、価値のあるデータを吸い出すための手段として利用することもある。相手企業は、こうして手に入れたデータを、市場で優位に立つための道具として生かす。
多くの企業では、ごく基本的な人物調査や経歴調査は行うものの、隠れた動機を探るための掘り下げは十分ではない。「政府機関の契約業者で、機密情報を日常的に扱う企業の中にも、秘密情報利用許可のプロセスの一環として行う人物調査のみに頼り、それ以上の追加的な確認を行っていない所がある」と言う。だが、そのレベルの調査ではうまくいかない。雇用主ではなく自国への忠誠心を持つ産業スパイは、機密情報を他社に漏らしてしまう。
法律的な経歴調査を行って、採用候補者が企業情報や知的財産の窃取に関して以前の勤務先から訴えられていないかどうかを確認することは可能だ。「だが、それが役に立つのは、その候補者が産業スパイ行為を既に実行済みで、以前の勤務先がそれを把握している場合のみだ」。
候補者を採用した企業は、入退室管理やITアクセス管理の技術、シュレッダーによる文書の裁断、監視などの対策を講じることで、産業スパイを突き止めたり、その活動を食い止めたりすることになる。だが、依然として欠けている部分は大きい。

企業の不正厳罰化 産業スパイ
産業スパイ
ビジネスの世界では産業スパイが活動している。産業スパイは企業の情報収集を行うだけでなく、社員の辞職を誘発したり、労働組合を扇動するなど企業に損害を与える場合もある。

これらの活動には探偵業者や経営コンサルタントなどが関わることが多い。

軍事技術の収集などを目的に外国の情報機関が企業に諜報活動を行う場合もある。

日本で近年発生した事案には、ロシア軍参謀本部情報部(GRU)の情報将校がニコンの社員から軍事転用可能な技術を収集した事件や、中国人民解放軍系の企業がヤマハ発動機を通じて無人ヘリを不正に輸入しようとした事件などがある。

企業の利益活動を正当な理由なく阻害した場合には、基本的に法的観点で処置される。政府は、産業スパイへの罰則強化を盛り込んだ不正競争防止法の改正案をまとめた。

海外企業が日本企業から技術情報などを海外に盗み出して利用した場合は、最高10億円の罰金を科す。現行の「最高3億円」から3倍以上にする。

海外に盗み出した個人についても同時に最高3000万円の罰金(現行は最高1000万円)を科す。

海外企業による産業スパイが後を絶たないため、厳しく対応する。政府は今国会に改正案を提出し、2015年度中の施行を目指す。

改正案の特徴は、企業が秘密情報を海外に持ち出した場合について、罰金をより高くした点だ。

日本企業が国内のライバル企業から情報を盗んだ場合の罰金の上限額は、企業で5億円、個人は2000万円にする。

企業への罰金は、米国が最高500万ドル(約5・9億円)、ドイツが最高100万ユーロ(約1・3億円)などで、改正案が成立すれば、海外と比べても厳罰化される。

企業秘密の設計図、不正取得疑い

機械メーカー元社員逮捕
飲料や調味料、医薬品などの容器に高速でラベルを貼る大型機械を製造する「光洋自動機」(横浜市)から、企業秘密に当たる機械設計図を不正に取得したとして、神奈川県警は9日、不正競争防止法違反(営業秘密の領得)容疑で、元社員の容疑者(47)=東京都大田区=を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
捜査関係者らによると、光洋自動機で機械の設計を担当していた容疑者は2013年に退社するまで、社内サーバーにアクセスし、設計図などのデータを抜き出した疑いが持たれている。退社後、横浜市の競合他社で勤務しており、県警は企業秘密がこの会社に渡っていないか調べる。
信用調査会社などによると、光洋自動機は大手製薬会社や食品会社を取引先とし、最高機種は1億円を超える。同社製機械でラベルを貼ったペットボトル飲料や薬が市場に広く流通している。
業界団体の日本包装機械工業会によると、ラベルを貼る機械は「ラベラー」と呼ばれる。

情報不正取得容疑

ベネッセだけではない内部情報流出。日本の企業は情報管理にもっと敏感になるべきです。これからは海外進出は必須となってくる企業が増えてきます。 海外ではこの情報管理が重要なことです。
職先の中国企業に“手土産”

日産自動車の国内外でのモーターショーに関する情報などを不正に取得したとして、神奈川県警生活経済課は14日、不正競争防止法違反(営業秘密領得)の疑いで、元日産自動車社員、容疑者(52)=同県茅ケ崎市柳島海岸=を逮捕した。
逮捕容疑は、在職中の平成25年12月~26年2月の間、横浜市西区の本社からサーバーコンピューターにアクセスし、同社のモーターショーの演出方法に関するデータなど計8件のファイルを自分のハードディスクに複製したとしている。「利益を得る目的ではなかった」と容疑を否認している。
同課によると、容疑者は退職願を出す約半年前から、計1万8千件のファイルを自分のパソコンに取り込み、退職後は中国河北省の自動車会社「長城汽車」に派遣社員として転職していた。県警は、柴山容疑者が再就職先で利益を得る目的で情報を持ち出した可能性もあるとみて調べている。
日産自動車をめぐっては、昨年5月にも転職直前に発売前の新型モデルの販売計画を不正に入手したとして、別の元社員が同容疑で逮捕、在宅起訴されている。

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。