岡山 リベンジポルノ相談 悩み解決 リベンジポルノ対応対策

リベンジポルノ問題

最近では、交際期間に撮られた裸の写真などをネタに復縁を迫られたり、恐喝されることがあります。 一度画像や映像をネットに流されてしまうと、就職や結婚にも影響がでる恐ろしい被害です。
リベンジとは「復讐」です。復讐されるほど相手は追い詰められているのです。復讐心を抱かせるほどの出来事を起こしていませんか。復讐心が解消されるための対策が必要です。

岡山 リベンジポルノ被害相談

6割が20代以下
復讐(ふくしゅう)目的に元交際相手の裸の画像などを流出させるリベンジポルノに絡む全国の警察への被害相談が昨年末の約1カ月で110件だったことが2日、警察庁のまとめで分かった。うち65件(59・1%)は20代以下だった。リベンジポルノを規制する私事性的画像被害防止法が昨年11月27日に施行されてから年末までを初めて集計した。

インターネット社会を反映し、後を絶たない被害の一端が浮き彫りになった。警察は、プロバイダーなどに画像の削除を要請したり、被害者に被害拡大の防止について助言したりした。流出させた相手方に警告や注意を促したケースもある。

岡山 リベンジポルノ相談
岡山 リベンジポルノ相談

ただネット上の全ての画像を消去するのは困難で、警察庁の担当者は「安易に画像を撮らせたり、送ったりしないことが被害を防ぐ一歩」と注意を呼び掛けている。

相談内容(複数回答)は「画像を公表した(公表する)と言われた」が最多の42件。続いて「画像を送りつけられた」が22件だった。

被害者の性別では、女性が99件(90・0%)。年代別では、20代が最も多い41件で、10代が24件だった。続いて30代と40代でいずれも16件。相手方は30代が最も多く25件で、続いて20代の20件だった。不明も31件に上った。

両者の関係は、交際相手(元交際相手を含む)が68件で6割を占めた。次いでネット上だけの関係の知人友人が14件だった。

新法に基づく摘発は、昨年はなく、今年は3月末までに7都道県警による7件だった。昨年、被害相談を受けた110件のうち7件は強要や脅迫などの容疑で摘発した。

元交際相手の男に女子高生が刺殺された2013年の三鷹ストーカー殺人事件で男が画像をネット上に投稿したことを受け、議員立法で成立した。相談が寄せられたのは兵庫など35都道府県警。

兵庫県警によると、昨年末までに寄せられた被害相談は2件。20代の女性が「元交際相手から『(女性の性的画像を)ネット上に流す』と脅された」と届け出たほか、ネット上で知り合った人物に裸の画像を送ったことを相談した10代の少女もいたという。

岡山 リベンジポルノ防止法

正式名称は「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」。13年の東京都三鷹市のストーカー殺人事件で、元交際相手の男が、女子高生の裸の画像などをインターネットに流出させた「リベンジポルノ」が社会問題化したのが契機となり、議員立法で昨年11月に成立し、施行された。被写体を特定できる方法で、個人的に撮影した性交を含む裸の写真や電子画像を不特定多数に提供した際、3年以下の懲役か50万円以下の罰金。拡散目的で特定の少数の人へ提供した場合も罰則がある。

岡山 リベンジポルノ相談

まさか、交際相手に脅されるとは思ってもいない事でしょう。

もちろん、付き合い始めからリベンジポルノを考えている人は少ないのが実情で、別れ話のもつれや金銭トラブルなどがきっかけで「復讐心」を宿してしまうことが多いようです。

脅迫や恐喝リベンジポルノを使うだけではない場合だけではなく、撮影した画像を何も言わずにネットにアップしている場合もあります。知人に知らされてからリベンジポルノに気付く被害者もいます。

岡山 リベンジポルノ相談
岡山 リベンジポルノ相談

リベンジポルノ被害は、相手が復讐心を持っていることから始まります。ストーカー行為を繰り返した挙句、警察が二人の男女トラブルに介入したことでネットに画像をアップし元交際相手を殺害した事件もありました。

画像が被害者の弱みになるため、公の機関 警察などに相談しにくいことも問題です。当社にご相談頂くケースも、水面下での解決をご希望される方が殆どです。

画像が拡散する前に、今すぐ解決に向けたヒアリングを行いましょう!

最近では、女性だけではなく男性からのご相談も寄せられています。早期解決が明るい未来につながります。

リベンジポルノ法違反容疑 ツイッターに元交際相手の裸写真 

元交際相手の女性の裸の写真をインターネット上で公開したとして県警は、私事性的画像記録の提供被害防止法違反の容疑で、鳥取県境港市の無職、容疑者を脅迫などの容疑で逮捕後に処分保留を再逮捕した。

県警によると、ネットを用いたリベンジポルノ(復讐目的の画像投稿)で同法違反容疑での検挙は全国初。
再逮捕容疑は、自らの簡易投稿サイト「ツイッター」に、元交際相手で専門学校生の女性(20)の裸の写真10枚を掲載したとしている。容疑を認めている。

県警によると、写真は交際中などに撮影され、「(別れた後に)彼女が返事しなくなり、うらみが募った」などと供述。友人に知らされた女性が県警に相談した。

岡山 リベンジポルノ相談
岡山 リベンジポルノ相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

リベンジポルノ法初適用

交際期間に撮られた裸の写真などをネタに復縁を迫られたり、恐喝されることがあります。 一度画像や映像をネットに流されてしまうと、就職や結婚にも影響がでる恐ろしい被害です。

リベンジとは

「復讐」です。復讐されるほど相手は追い詰められているのです。復讐心を抱かせるほどの出来事を起こしていませんか。復讐心が解消されるための対策が必要です。

リベンジポルノを直訳すると「復讐ポルノ」。言葉の通り、復讐という意味が込められています。

リベンジポルノとは、元交際相手や元配偶者から交際中のベッド写真や映像を公にされる等の被害です。
裸の写真など、かなりプライバシーに踏み込んだ映像をネットに流出され、結婚や就職などにも影響をきたすこともあります。

このリベンジポルノ被害の恐ろしいところは、放置することで被害が拡散すると言うところです。

岡山 犯罪被害解決 相談
岡山 犯罪被害解決 相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山

岡山 リベンジポルノ男女トラブルの解決

リベンジポルノ被害は、誰にも相談できずに一人で抱えている人も多い問題です。最近では、女性だけではなく男性の被害もご相談が寄せられています。裸の写真を撮られて脅されているケースは、若い男性においても多い問題です。リベンジポルノセクストーションの解決は、探偵アンバサダー調査事務所岡山へご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 リベンジポルノ 解決 相談

最近、性的な画像等をその撮影対象者の同意なく、インターネットの掲示板等に公表する行為により、被害者が大きな精神的苦痛を受ける被害が発生しています。
この法律は、このような実情に鑑み、個人の名誉及び私生活の平穏の侵害による被害の発生又はその拡大を防止することを目的として施行されました。
「私事性的画像記録」「私事性的画像記録物」とは
私事性的画像記録(しじせいてきがぞうきろく)とは、以下の①~③の電子情報(いわゆる電子データ)のこと。
1 性交又は性交類似行為に係る人の姿態
(例)異性間・同性間の性交行為、手淫・口淫行為など
2 他人が人の性器等を触る行為又は人が他人の性器等を触る行為に係る人の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの
(例)性器、肛門又は乳首を触る行為など
3 衣服の全部又は一部を着けない人の姿態であって、殊更に人の性的な部位が露出され又は強調されるものであり、かつ性欲を興奮させ又は刺激するもの
(例)全裸又は半裸の状態で扇情的なポーズをとらせているものなど
私事性的画像記録物(しじせいてきがぞうきろくぶつ)とは、上記①~③を撮影した画像を記録した有体物(写真、CDロム、USBメモリなど)のこと。
いずれも、本人が第三者に見られることを認識した上で撮影を許可した画像(アダルトビデオ、グラビア写真など)は除かれます。
罰則
公表罪
画像04
第三者が撮影対象者を特定できる方法で、私事性的画像記録(物)を不特定若しくは多数の者に提供し、又は公然と陳列した者
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
公表目的提供罪
公表させる目的で、私事性的画像記録(物)を提供した者
1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

岡山 リベンジポルノ相談
岡山 リベンジポルノ相談

リベンジポルノ

 
最近、性的な画像等をその撮影対象者の同意なく、インターネットの掲示板等に公表する行為により、被害者が大きな精神的苦痛を受ける被害が発生しています。
この法律は、このような実情に鑑み、個人の名誉及び私生活の平穏の侵害による被害の発生又はその拡大を防止することを目的として施行されました。
「私事性的画像記録」「私事性的画像記録物」とは
私事性的画像記録(しじせいてきがぞうきろく)とは、以下の①~③の電子情報(いわゆる電子データ)のこと。
1 性交又は性交類似行為に係る人の姿態
(例)異性間・同性間の性交行為、手淫・口淫行為など
2 他人が人の性器等を触る行為又は人が他人の性器等を触る行為に係る人の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの
(例)性器、肛門又は乳首を触る行為など
3 衣服の全部又は一部を着けない人の姿態であって、殊更に人の性的な部位が露出され又は強調されるものであり、かつ性欲を興奮させ又は刺激するもの
(例)全裸又は半裸の状態で扇情的なポーズをとらせているものなど
私事性的画像記録物(しじせいてきがぞうきろくぶつ)とは、上記①~③を撮影した画像を記録した有体物(写真、CDロム、USBメモリなど)のこと。
いずれも、本人が第三者に見られることを認識した上で撮影を許可した画像(アダルトビデオ、グラビア写真など)は除かれます。
罰則
公表罪
画像04
第三者が撮影対象者を特定できる方法で、私事性的画像記録(物)を不特定若しくは多数の者に提供し、又は公然と陳列した者
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
公表目的提供罪
公表させる目的で、私事性的画像記録(物)を提供した者
1年以下の懲役又は30万円以下の罰金

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。