岡山 いじめ解決

堺雅人さんの個性派ドラマ『リーガル・ハイ』
あの独特の凄腕弁護士のキャラクターがとても面白く人気ですね。
今回の特別企画のテーマは『いじめ問題』でした。

いじめ解決


堺雅人さんの個性派ドラマ『リーガル・ハイ』
あの独特の凄腕弁護士のキャラクターがとても面白く人気ですね。
今回の特別企画のテーマは『いじめ問題』でした。
『いじめ』は教室だけではなく、
職員室、地域にも職場でも、家庭にでもいじめはあります。
いじめを個人で解決する事は、困難です。
弱いからいじめられ、弱いから淘汰される世の中です。
社会がそうなのですから、学校でも同じです。
極端な話では、イジメる側にたたなければいじめは解決しないという意見もあります。
『間違っている』と言いたいですが、一理あるのでは・・・
とも思います。
理想と現実はちがうなと、最近思う事がよくあります。
生きていくことは、簡単ではないのです。
立ち向かう事も大切ですが、相談し頼る事も必要なのです。
子供のいじめ問題は、情報の隠ぺい、真実の隠ぺいなどの事実認定の困難なことに加え、学校などの協力的でない対応と、加害者が子供と言うこともあって加害者側の親の対応を十分に考える必要もあります。
子供のいじめ問題を解決したい方は探偵アンバサダー調査事務所岡山に依頼をしてください
あなたの力になります。
「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。浮気の問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。クライアントの出していただいている費用は、クライアントのみに使います。

岡山の探偵  探偵アンバサダー調査事務所岡山

相談ダイヤル 086ー226-1099

~お知らせ~
パートナーの浮気にお困りの方、浮気調査をご依頼ください。
離婚を考えた時に、優位に証拠を利用しましょう。

浮気調査のご依頼は、

岡山 探偵アンバサダー調査事務所岡山へどうぞ。
086-226-1099

加害者生徒を告訴

子供だからと言って責任を逃れりことはできません。刑事告訴は当たり前のことです。子供にも責任をとるという考え方を教える必要があるのです。

いじめを訴えて自殺した中学2年の男子生徒について、学校は「いじめが自殺の一因」とする調査報告書をまとめ、遺族に説明した。

中学2年は生前、担任とやり取りするノートに「いじめ被害」を再三訴え、自殺した。中学校の校長らは、教職員や同級生からの聞き取り結果などをまとめた調査報告書を父親に手渡した。報告書は、「机に頭をたたきつけた」「朝礼で嫌がらせをした」などの6件を「いじめ」と認め、「自殺の一因」と結論付けている。

父親「私が思ういじめという認識と学校側が思ういじめという部分では、やっぱり考え方が違うというか、認識の仕方が違う」

学校は、保護者会で報告書の内容を説明。臨時登校日には、生徒にも説明する予定。保護者会後の会見で校長は、「被害者のかけがえのない命を守り切れなかったこと、たいへん申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

一方、父親は、加害者の生徒4人を「暴行」や「強要」などの疑いで岩手県警に告訴した。

いじめ認める

マスコミはいじめで学校や教師の報道をしているが、私が考えるに親の対応が自殺要因の大半を占めていることを報道しないことに疑問を感じる。
自分の家族に相談しても何にもならない、学校や教師でも当然対応をとれない。当たり前のことです。


親なら自分の子供に責任を持つことが当たり前です。小園に対して親が責任を持たないことが自殺の原因のことが多いのが実情です。
またストレスに弱い遺伝子があるそうです。学校の責任より身内の責任を感じる方が、自殺現象の近道でしょう。


中学2年がいじめを苦に自殺したとみられる問題で、通っていた中学校は、近くまとめる調査報告書で、いじめを認める方針を固めた。これまでの調査で、多数のいじめの目撃証言があることなどから、精神的苦痛を与えるいじめの行為があったと判断した。
全生徒445人を対象に、いじめについて尋ねるアンケートを実施。いじめを見聞きしたと回答した生徒のほか、同じクラスや運動部の生徒ら計約130人に詳細な聞き取り調査を行っている。教職員らの聞き取りも進めている。


関係者によると、アンケートでは、同じクラスや運動部ではない生徒だけでも約60人が、いじめを見たり聞いたりしたと回答していた。頭を机に押しつけられるような行為に関する記載もあった。さらに、聞き取り調査で、村松さんへの嫌がらせを認めた生徒がいたという。

いじめ防止対策推進法では「生徒が心身の苦痛を感じている行為」をいじめとしている。同校は、アンケートや教職員らの聞き取りなどから、精神的な苦痛を与えていた可能性が高いとして、来週中にもまとめる報告書で、いじめを認める表現を盛り込む方針だ。

いじめと自殺の因果関係については、関連はうかがえるものの、自殺の原因と断定するのは困難とみて、報告書では触れられない見通し。報告書には、いじめの経緯なども盛り込む方針で、細かな事実関係を精査している。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

不倫予防ワクチン