妻の浮気調査依頼

妻の浮気調査依頼

妻は浮気をしていたのか

女性は浮気を隠すことが非常に上手です。当社では男性からの浮気調査依頼では大半が妻の浮気の証拠が取れています。夫が妻の浮気を疑うぐらいなら、浮気の状態はかなり夫にとっては悪いものとなっています。なぜなら夫は妻を把握することができていない人が多いからです。

浮気の対応


浮気をしたパートナーと冷静に話ができる人はまずいないと思います。容疑者は妻の浮気を疑っていたのではないでしょうか。


DVシェルターを利用している人の中には浮気をしていて夫と別れたいと思っているが困難な場合、実際にDVは無いのにDVの主張をしている人を何人も見てきました。
そんな状況で接触してもよい結果になることはありません。そんな時は当社に依頼していただくと新たな道が開けます。


DVで接近禁止の男が妻らを車ではね逮捕


妻と男性を車ではねて殺害しようとしたとして、21歳の男が逮捕された。
男は裁判所から、妻への接近禁止命令が出ていた。
容疑者、路上で、妻と男性を車ではねたあと、刃物を持っていたところを、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された。


目撃者は「(容疑者は)包丁を持っていたんだと思うんですけど、その時。危ないからやめろっていうような感じで(被害男性は話していた)」と話した。
妻は、袋谷容疑者からのDVを警察に相談していて、7月には、裁判所が、妻への接近禁止命令を出していた。


容疑者は「妻宛ての商品を発送する業者に転居先を聞いた。妻を待ち伏せていたら、男性と仲良く帰って来たのでカッとなったと認めているという。 容疑者は容疑を認めている。

浮気調査の必要性

浮気の疑惑を抱えたまま夫婦生活をおくることは苦痛です。実際に事件に発展したケースも少なくなく「浮気の疑惑」の解決は夫婦生活にとって重要なことと言えます。一度不信感を持ってしまうと疑惑は消えることはなく、よくないことばかり考えてしまいます。

どうすればよいにかといえば、事実を知ることです。パートナーが浮気をしていても、浮気をしてなくても、事実は一つなのです。その事実が分かったうえでいろいろなことを考えることで解決策が見えてくるのです。

浮気の疑惑を放置すると

「5年前から寝室が別々」浮気疑い木刀で妻を殴打、夫を殺人未遂で現行犯逮捕

大阪府の高槻の住民から「別の階の女性が助けを求めている」と110番があり、駆けつけた署員が、木刀で妻(63)の頭などを殴ってけがをさせた団地に住む無職の男(66)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。妻は頭や肩に全治1週間のけが。

同署によると、男は妻と口論になり、自宅にあった木刀(長さ約1メートル)で妻の後頭部や背中などを殴ったという。

調べに対し男は「5年前から寝室が別々になり、妻の浮気を疑っていた。懲らしめようと思った」と供述しているという。

浮気や不倫をしていると、「後ろめたい」気持ちから不審な行動をとるものです。 ウソも多くなります。相手の言うことを鵜呑みにせず、事実を知ることが重要です。

岡山で浮気調査依頼なら

浮気調査からウソを暴くことは、自分を守る手段の一つです。岡山の探偵社アンバサダー調査事務所岡山へご依頼ください。

浮気調査の調査依頼なら岡山の探偵アンバサダー調査事務所へ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。