岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える犯罪トラブルの悩みを解決してきました。

警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

犯罪トラブルや問題が身に降りかかった時、「どこに相談すればいいのか分からない」そう思っている方は、今すぐ、探偵アンバサダー調査事務所岡山へご相談ください。

犯罪トラブルが起こった時の解決方法は弁護士や警察だけと思われがちですが違います。解決のノウハウを買う時代です。ネット上をいくら探してもあなたのトラブルを解決してくれる知恵など書いていません。

誰にも相談できずに一人で悩んでいる方は探偵アンバサダー調査事務所岡山へお問い合わせください。

家族や職場にバレないように犯罪トラブルを解決したい方からもご依頼が寄せられています。誰にも知られず解決というのが理想です。

泣き寝入りせず、解決向けて取り組む方を全力でサポートいたします。

犯罪被害に遭った場合、泣き寝入りをするか、解決するかのどちらかです。世間では、正しいから勝つのではなく、強いものが勝っています。犯罪トラブルに巻き込まれた時に思い知らされる現実です。

岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】
岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】探偵アンバサダー調査事務所岡山

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

犯罪トラブル解決

親の責任
悪いのは犯人
 そのことは十分に承知しているが、親として子供に対しての教育はどのようにしていたのか、どうしていれば悲惨な結末を避けることができたかなど様々なことを思う。

私個人の考えだが、親は子供に対して責任を持つことが当たる前で、子供に教育をできない親であれば育児放棄、教育放棄で子供を施設で育てる。もちろんその費用は親が責任を持って負担する。ここまですることが子供にとって将来は明るくなるのではないかと思う。
仕事が忙しく、子供との時間が取れない家庭は多くあるが、すべての子供が深夜徘徊しているわけではない。教育が行き届かない親であれば、親ではなく第三者が教育をすることも今の少子化では必要なことではないかと思う。

大阪の中学生殺害事件は、少年少女が深夜や未明に出歩いていたことが犯人に狙われるきっかけにもなった。ネット上では、その責任がどこにあるのかなどを巡って議論になっている。
首都圏の条例では、23時から翌4時までの深夜に青少年の外出を制限しているが、保護者への努力規定に留まっている。

警察が深夜に子供を保護したところ、親は、子供が悪いことをしていないなら放っておいてほしいと言うようなケースが多かったという。
私は、親に責任を取らすことをしてこなかったことを反省する時ではないかと思う。自由とは責任を取ることで初めて手に入れることではないかと思う。

岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】
岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】

防犯カメラ 防犯対策

人には、むやみに自分の姿や行動を撮影されない自由( プライバシー) がある。また、カメラで撮影された本人が特定できる画像は個人情報にあたる。防犯カメラは、こうしたプライバシーの保護や個人情報の適正な取り扱いに十分に留意しながら設置および運用され、犯罪を防止するために役立てられるべきである。


乗降口のあるデッキ部分にはいずれもカメラがあり、これまでも常時撮影していた。東海道、山陽新幹線では事件を受け、16年春から客車内を常時撮影するカメラ設置が決まっている。

防犯カメラの運用上の問題

犯罪トラブル回避の手段として有効な方法が防犯カメラの設置です。私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

東海道新幹線のぞみ車内で男が焼身自殺した事件を受け、JR東日本と西日本は9日、2016年春から東北や北陸など各新幹線の客車内で、防犯カメラによる常時撮影を始めると発表した。これまで客車内の撮影は非常通報ボタンが押された場合に限っていたが、防犯上必要と判断した。


他に今回、常時撮影が決まったのは秋田、山形、上越新幹線。両社によると、既に客車内にカメラがある826両は設定を変更し、カメラがない144両は新設する。乗客にはステッカーを貼って周知する。両社は「映像は厳正に取り扱う」とする一方、具体的な運用方法はセキュリティーを理由に明らかにしなかった。

岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】
岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】 探偵アンバサダー調査事務所岡山

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

性犯罪前歴者らのGPS監視

性犯罪者GPS監視、性犯罪を犯した前歴者を、GPSを利用して監視することをいう。性犯罪の再犯率が高いことが背景にある。例えば、日本の強姦・強制わいせつの再犯率は、2010年の犯罪白書によれば37.5%に上っている。

現在特定の前歴者にGPSの取り付けを義務付ける制度がある国はアメリカ合衆国(半分以上の州)、大韓民国、イギリス、フランス、ドイツ、カナダ、スウェーデンなどで実施されており、日本、台湾、オーストラリア、ブラジルでも導入が検討されている。

有識者懇談会で、東日本大震災前から検討していた性犯罪の前歴者らに全地球測位システム(GPS)を常時携帯させて行動監視する条例制定を見送る方針を表明した。

「震災からの復旧、復興が最優先課題。大変な人手と財源がかかるため、県として対応する体力がない」と説明。性犯罪の逮捕者にDNA提出を義務付ける対策の検討も中止する考えを示した。懇談会メンバーから異論は出なかった。今後は児童ポルノの単独所持を規制する条例などを検討する。

大学教授らによる懇談会を発足させ、女性と子供への暴力的行為をなくす対策の検討を開始。性犯罪の前歴者やドメスティックバイオレンス(DV)の加害者へのGPS監視も対策の一つとして提示した。しかし有識者からは効果を疑問視する意見が出たほか、県議会でも人権上の観点から批判が出ていた。

捜査要望

捜査要望を通したかったら十分な証拠を示さないと動かないのは当たり前のことです。警察の経費は税金です。被害者は被害を主張するなら傷から証拠を示すべきです。

岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】
岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

捜査の心構え

(この規則の目的)

第一条   この規則は、警察官が犯罪の捜査を行うに当つて守るべき心構え、捜査の方法、手続その他捜査に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(捜査の基本)

第二条   捜査は、事案の真相を明らかにして事件を解決するとの強固な信念をもつて迅速適確に行わなければならない。

2   捜査を行うに当つては、個人の基本的人権を尊重し、かつ、公正誠実に捜査の権限を行使しなければならない。

(法令等の厳守)

第三条   捜査を行うに当たつては、警察法 (昭和二十九年法律第百六十二号)、刑事訴訟法 (昭和二十三年法律第百三十一号。以下「刑訴法」という。)その他の法令及び規則を厳守し、個人の自由及び権利を不当に侵害することのないように注意しなければならない。

(合理捜査)

第四条   捜査を行うに当たつては、証拠によつて事案を明らかにしなければならない。

岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】
岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】
探偵アンバサダー調査事務所岡山

2   捜査を行うに当たつては、先入観にとらわれず、根拠に基づかない推測を排除し、被疑者その他の関係者の供述を過信することなく、基礎的捜査を徹底し、物的証拠を始めとするあらゆる証拠の発見収集に努めるとともに、鑑識施設及び資料を十分に活用して、捜査を合理的に進めるようにしなければならない。

青酸化合物を使用した連続変死事件で、死亡した兵庫県伊丹市の男性の遺族が男性の死亡後、複数回にわたって警察に「捜査してほしい」と訴えていたことが分かりました。

千佐子容疑者(68)が、交際していた兵庫県伊丹市の被害者さん(当時75)に青酸化合物を飲ませて殺害した疑いで、逮捕されました。

被害者さんの死亡後、不審に思った遺族が、複数回にわたって警察に「捜査してほしい」と要望していたことがわかりました。

しかし、被害者さんの死因は肺がんとされ、毒物を投与したときの特徴が認められず、司法解剖も行われませんでした。

県警は「判断に問題が無かったわけではない。教訓を今後に生かしたい」とコメントしています。

主張立証責任

当事者が自分に有利な主張を主張するために必要な要件事実を主張しなければ、主張を取り上げてもらうことはできないということを「主張責任を負っている」という。 当事者が自己に有利な要件事実を立証できなかった場合、その事実は存在しないという取扱いを受けることを「立証責任を負っている」という。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。

岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。
岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】

証拠隠し

証拠とは、ある命題真偽不明の主張や存否不明の事実の真偽や存否を判断する根拠となるものをいう。エヴィデンスとも呼ぶ。

証拠資料とは、事実を認識するための資料であり、裁判官が証拠調べにより証拠方法から得た内容をいい、証人の証言や書証の記載内容のことを指す。

ある人・物を、訴訟において証拠方法として用いることのできる資格を、証拠能力(しょうこのうりょく)という。すなわち、証拠能力のない人、物、書面等については、これを取り調べて事実認定のために用いることはできない。

一方、ある証拠資料が、証明すべき事実の認定に実際に役立つ程度を、証明力(しょうめいりょく)、証拠力、証拠価値という。例えば、証拠能力のある書面を取り調べて証拠資料が得られたとしても、その内容が信用できなかったり、証明すべき事実とあまり関係がなかったりする場合には、事実認定には役に立たないから、証明力が低いことになる。

浮気・不倫の証拠も隠されてしまっては何もなりません。あらかじめ証拠をつかみ有利な交渉をしましょう。

高校3年の男子生徒が逮捕された強盗殺人事件で、凶器とされるナイフに入念に血を洗った跡があることが分かりました。

強盗殺人の疑いで逮捕された男子生徒を刃物で刺すなどして殺害し、バッグを奪った疑いが持たれています。警察は、男子生徒が事件後に預けたという友人の自宅から複数のサバイバルナイフを押収していて、そのうちの1本を凶器と確認しました。その後の警察への取材で、ナイフからは血液反応は出ず、入念に洗った跡があることが分かりました。男子生徒は事件後、インターネットで「血の跡の消し方」について調べていて、警察は、男子生徒が証拠隠滅を図ろうとしたとみて捜査しています。

犯罪トラブルや悩みは、一日でも早く解決し、日常を取り戻していくことが人間として、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。私共は、犯罪トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんな犯罪トラブルやお悩みのごを解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

冤罪

冤罪(えんざい)は、「無実であるのに犯罪者として扱われてしまうこと」を指す言葉である。つまり「濡れ衣」である。

無実者が刑事訴訟で有罪判決を受けることを指す立場もあれば、単に無実者が罪に問われることを指す立場もあり、法学辞典においても定義には揺れがみられる。

無実証明の手助け組織設立めざす

重大事件の受刑者や死刑囚が冤罪を訴えた場合に無実を証明する手助けをしようと、刑事事件に詳しい弁護士や学者らが、支援組織の設立に向けた初会合を京都市内で開いた。有罪の証拠とされたDNA型の再鑑定の橋渡しや、自白の信用性を心理学的に再検証する「冤罪Gメン」の活動を今年度内にも始める。

会合には、再審無罪となった足利事件の主任弁護人だった佐藤博史弁護士(第二東京弁護士会)や米国の司法制度に詳しい笹倉香奈・甲南大准教授をはじめ弁護士や刑事法の専門家、心理学者ら約20人が参加。冤罪研究で著名な浜田寿美男・奈良女子大名誉教授も中心メンバーになる。

冤罪被害者を救済する米国の民間団体

「イノセンス・プロジェクト」。1990年代から1600人以上の無実の証明につなげたという。

会合の代表を務める稲葉光行・立命館大政策科学部教授(法情報学)は「私たちの技術と知見で冤罪を見抜き、真相解明に貢献したい」と話す。

岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】
岡山 犯罪トラブル解決相談【犯罪トラブルの悩み不安を解決】

カード情報が危ない

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。

今日、私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能


犯罪トラブルとは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ひょっとしてこれ犯罪かもしれない?と少しでも疑問に思われるのであれば、一度ご相談下さい。その決断が早期解決へと繋がります。
必要であれば各種専門家をご紹介いたしますのでご安心ください。警察OBも在籍

スーパーのレジを標的ウイルス急増

スーパーのレジなどを標的としたコンピューターウイルスの感染報告が昨年、全世界で467件に上り、国内でも6件確認されたことが分かった。サイバー攻撃とは無縁と思われがちなレジだが、在庫管理のため本社システムとインターネット接続されており、感染の恐れがあるという。購入者のクレジットカード情報を盗み出すのが狙いとみられ、実際に米国では「ブラックPOS」と呼ばれるウイルスによって顧客情報約1億1千万件が流出した。関係者は「企業側の対策が急務だ」としている。

調査で判明した感染があったのは、POS(販売時点情報管理)システムのレジを狙うウイルス。POSレジは、消費者が購入する商品のバーコードを読み込み、販売情報などを蓄積。店舗のPOSレジと本社のホストコンピューターはネットで結ばれ、レジの情報をホストに送り、一元的な在庫管理や消費動向の分析に使われている。

レジとホストコンピューターは社内ネットワークのような結びつきのため、外部からの侵入は不可能だと思われがちだ。しかし、ホストコンピューターには一般の業務用パソコンなども接続。メールの閲覧やUSBメモリーの使用などでパソコンが感染し、ホストコンピューターを介してPOSレジにウイルスが侵入するという。

ウイルスの大半は、レジに通されたカード情報を外部サーバーに送信するタイプ。通常、カード情報はレジ内で暗号化されるが、暗号化される前の情報を抜き出す働きを持っていた。

米国ではPOSシステムの端末からの流出被害が相次ぎ、大手ディスカウントチェーン「ターゲット」の端末が「ブラックPOS」に感染し、クレジットカードの暗証番号を含む顧客情報約1億1千万件が外部に流出。デパートや飲食店、カジノ、駐車場の端末からも流出被害があった。

こうしたウイルスを6千ドル(約70万円)で販売し、有償サポートもうたう“闇サイト”も確認されているといい、「レジには日々、多くのカード情報が入力される。ウイルス感染させれば効率的に大量の情報を入手でき、犯罪者にとって魅力的な攻撃対象になっている」と脅威を指摘。

被害者の父

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

近年、TVで毎日のように問いただされている犯罪被害に我々は警察すら動いてくれないトラブルにクライアントの皆様と一緒に立ち向かい多くのトラブルをこの手で解決してきました。

犯罪になりそうなトラブルごとについても解決してきました。事件にはなっていないけど不安だ怖いそういうことは生きている限り付きまといます。

同級生にタリウム飲ませ再逮捕 「罪を償ってほしい」

同級生に劇物のタリウムを飲ませたとして、名古屋大学の女子学生が、殺人未遂の疑いで再逮捕された事件で、被害者の父親が、FNNの取材に応じ、今の心境を語った。
被害者の父親は「(タリウムを飲まされたあとは?)1週間くらいしたら、手足とか関節とかに、力が入らなくなり、だんだん、髪の毛も抜けてきて。当時は、もうだめかなと思いました」と話した。


父親によると、被害者が入院中に、容疑者の女子学生が、実際にお見舞いに来たという。
被害者の父親は、「自分がタリウムを飲ませておいて、お見舞い。信じがたいですね」、「とんでもない人だと思いました。罪を償ってほしい。家族全員に謝ってほしい」などと話した。


女子学生は「タリウムを飲ませて、観察をしたかった」という趣旨の供述をしていて、警察では、女子学生が殺人事件や死体に強い関心を持っていたとみて調べている。
警察が動いてくれそうにない犯罪トラブルにもコンサルティングをさせていただいております。

複雑に絡み合った現代社会では気付かないうちに自分が犯罪トラブルに巻き込まれているということがよくあります。

早期解決が一番重要です。秘密厳守は絶対です。どうぞ気兼ねなくご連絡ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。