岡山 人探し 人捜し 身元不明者捜索

この手のトラブルでよくあるのが対象者の情報が少ないからと言ってクライアントの方自ら探せ出せれないと諦めていることが多いのです。
しかし、あなたにとって印象が強い人というのは他の人の記憶にも残っていることが多く、調査を行えば探し出すことが思いのほかにできることが多いのが現実です。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える人探し 人捜し 身元不明者捜索などの悩みを解決してきました。

警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

探偵に無料でアドバイスをもらおうと思って気軽に探偵事務所に訪れるものではありません。「インターネットの広告にはお気軽に相談して下さい」などと書いていますが、本当は調査依頼する気が無いのに簡単に考え、面談したら無理矢理契約させられたなどの相談電話などの問い合わせは年数件とあり、当社に電話されてもその探偵社との契約ですので、私どもでは何も答えることが出来ません。

無料相談とうたっている探偵社でも実際は、契約して入金しないと経費も賄えないわけですから、契約をしようと必死になっているのです。

岡山 人探し 人捜し

人探し、人捜しは、昔の友人や知人、初恋の人、生き別れの親族、家出人債務者、慰謝料や損害賠償請求の相手方、裁判の被告など、人探しの目的は様々です。

調査の難易度も、情報の質・量・古さ、法的調査理由の有無、行方不明者なのかで難易度も変わります。

人探し、人捜しは、相談員が親身になって、クライアントの対応を行います。また調査に必要なこと以外は詮索をすることはありません。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、全国対応・人探し、その他各種調査可能・24時間・365日受付・調査実績30年。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません。

岡山 身元不明者の写真付き台帳

失踪人、身元不明者とは弊社では何らかの理由でクライアントの皆様から姿を隠さなければならない人だと定義しています。

一番多いのがトラブルに巻き込まれた場合がほとんどです。そういう場合はできるだけ早いうちに弊社にご連絡ください。もしかすると取り返しのつかないことになる可能性が高くなります。
早めにご連絡をいただければ見つけ出す可能性は上がり、費用も抑えることができる場合がほとんどです。

岡山 人探し 人捜し 身元不明者捜索
岡山 人探し 人捜し 身元不明者捜索

家族トラブルは、近年遺産相続の問題であったり、金銭トラブルなど、避けては通れない事も多々あるのが現状です。しかし家族の事に関してはなかなか相談出来ないのが現実ではないでしょうか?そんなお悩みを私たちが全力でサポートさせて頂きます。安心してご相談下さい。宗教トラブル、結婚詐欺,いじめなどは家族が先に気がつくことが多いので両親、身内からの相談も多いのです。

認知症などで氏名や住所が不明のまま保護された人の身元特定に役立てるため、身元不明者の写真付き台帳を警察で閲覧できる制度が昨年始まったにもかかわらず、全国で閲覧可能な台帳は16人分にとどまることが分かった。保護された都道府県での閲覧に限られる23人分を含めても39人分しかない。身元不明のまま保護されている人は全国に300人規模でいるとみられ、身内が行方不明になっている家族らはきちんと情報を出してほしい。

身元不明のまま保護された人が長年、家族の元に帰れなかったことが昨年相次いで発覚したことで、自治体の要請に基づいて身元不明者の情報をまとめた台帳を警察本部か警察署に配備するよう全国に通達した。行方不明者届を提出した家族らに閲覧してもらい、身元判明につなげるのが狙いで、全国の警察で台帳を閲覧できる体制が整った。

ただし、台帳を作るのも閲覧の可否を決めるのも、本人を保護している市区町村の判断で、警察は写真や情報を持っていても無断で閲覧扱いにはできない。警察庁によると、全国で閲覧できる台帳は16人分、保護した自治体がある都道府県内に閲覧が限られる台帳で23人分。ある県の担当者は「個人情報保護条例との兼ね合いから写真提供について慎重な姿勢を示す市町村は少なくない」という。

全国に先駆けて台帳制度を始めた大阪府警も、府内で保護されている身元不明者40人中、閲覧可能な台帳は4人分だけ。このうち約30人を保護している大阪市は公開の適否について「個人情報の審議会に諮問する予定」と説明する。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では、クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

その上、調査員との調査打ち合わせもクライアント情報は必要最小限の事のみ伝え情報の管理をし、情報管理を徹底管理しているのが探偵アンバサダー調査事務所岡山なので、安心して調査依頼ができるのです。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 身元不明者 公開捜査

家出前まで居住していた「部屋」には、多くの指針となる痕跡が残されています。

部屋に残された家具の配置や整理具合から、家出が衝動的か計画的なのかを推測できるからです。

全くの突発である様なら本人の意思に反し、拉致や監禁も視野にいれる必要が出てきます。
警視庁刑事部がTwitterを使った「公開捜査」に関する情報発信を開始した。複数の案件について、防犯カメラなどで撮影された画像や動画付きで投稿。事件の概要や被疑者の特徴などを紹介し、検挙に向け、所轄署へ電話での情報提供を呼びかけている。現時点でアカウントのフォロワー数や投稿へのリツイートは小規模だが、継続的な運用によって早期検挙につながることに期待したい。

岡山 人探し 人捜し 身元不明者捜索
岡山 人探し 人捜し 身元不明者捜索

警視庁では、これまでも振り込め詐欺などの注意喚起、防犯情報などを発信していたが、他地域の警察組織でもTwitter活用は活発だ。たとえば、振り込め詐欺の電話内容や状況をリアルタイムで発信。更新頻度も高く、具体的な事例が多数投稿されている。

背景には、詐欺認知件数は、2012年の515件(被害額は13億5100万円)から2013年には1340件(被害額は41億2300万円)と急増したという実態もあるのだろう。

「被害が減らないのでつらいです。どうか皆さんの協力を頂いて、被害を減らしたいと思っています。親御さんがご高齢でしたら、普段からの連絡を続けてくださいね」

Twitterで見かけた情報を、家族や身の回りの人と共有することも大事だろう。

海外の捜査機関もTwitterを活用している。FBIでは、@FBIMostWantedというアカウントで、行方不明者や指名手配犯の顔写真とともに情報発信を行なっている。フォロワー数は1万1317人(記事執筆時点)と多くはないが、FBI内でも多数のアカウントを運用しているようだ。

ほかにも、声掛け事案などの不審者情報、自転車などによる事故対策など、各組織がさまざまな情報発信を行なっている。自身や家族が犯罪に巻き込まれないための防犯情報としても、居住地の行政機関が運用しているTwitterアカウントがないか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

当社は、ヒアリングのご予約をお取りしています。完全予約制をとっています。クライアント同士が顔を合わせることはございません。

トラブルや悩みは、一日でも早く解決し、日常を取り戻していくことが人間として、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。私共は、トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんなトラブルやお悩みのごを解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。