岡山 浮気の慰謝料請求 【貞操権の侵害による慰謝料請求】

浮気トラブルが起こった時の解決方法は弁護士や警察だけと思われがちですが違います。浮気解決、浮気の慰謝料請求のノウハウを買う時代です。ネット上をいくら探してもあなたのトラブルを解決してくれる知恵など書いていません。誰にも相談できずに一人で悩んでいる方は探偵アンバサダー調査事務所岡山へお問い合わせください。

岡山 貞操権の侵害 慰謝料請求

婚姻又は内縁の関係にある夫婦、又は、婚約の成立した男女は、法律上で保護される対象になります。不当に関係を破棄することは、法律上で責任を負うことになります。

一方、一般の男女は、恋愛することは自由であり、関係を解消する時に慰謝料が発生することはありません。既婚者との関係は、公序良俗に反する関係であるため、その解消時に法律上の保護を受けられません。

男女の一方がウソを言って相手を騙して性的関係を持っていたときは、その関係の解消時に貞操権侵害を理由として慰謝料請求が認められるケースがあります。

貞操権の侵害による慰謝料請求

婚約している男女関係になっていながら、正当な理由もなく、一方的に婚約を破棄することは、法律上では債務不履行として問題になります。

不当に婚約を破棄した側に対して、婚約破棄への損害賠償として慰謝料請求を可能となります。

婚約と認められるまでの男女関係と言えなくとも、一方が他方に対して、結婚するからと言って騙して性的関係を続けていたときにも、貞操権の侵害として不法行為に当たり、損害賠償の対象になります。

男女間の恋愛は自由であり、男女それぞれが自己の責任で付き合いをしていくことが基本ですが、当初から結婚するつもりが全くないにもかかわらず、結婚すると言って、だまして性的関係を持つことは、貞操権の侵害に当たるケースがあります。

配偶者のいる異性と性的関係を持つことは不法行為となりますが、男性から言われたウソを本当であると信じるような事情がある場合は、貞操侵害に当たることがあり、既に結婚しているにもかかわらず、そのことを隠して性的関係を持った場合も、貞操権の侵害として、慰謝料請求が可能となるケースがあります。

しかし、付き合う相手が既婚者であることを容易に知りうる状況にあったとなれば、反対に相手の配偶者から不貞行為による慰謝料請求を受ける加害者になります。

貞操権侵害の場合の慰謝料額

一般的には、貞操権侵害の場合の慰謝料額は、離婚の慰謝料のように高額になりません。

慰謝料の額は、精神的な苦痛に対して支払われることから、当事者間の協議によって慰謝料の額を自由に決めることも可能です。

岡山 浮気の慰謝料請求

夫婦の一方が、異性の愛人と不貞行為(浮気・不倫)をした場合、損害を被った配偶者は、貞操義務に違反した配偶者と異性の愛人に対して、貞操権侵害による精神的苦痛の慰謝料として、損害賠償を請求することができます。
不貞行為が異性の愛人の誘惑によるものか、自然の愛情によって生じたものかは関係なく、不貞行為自体に違法性があるとして慰謝料の請求を認めています。
これら民法の規定を根拠に、共同で不法行為をした配偶者と異性の愛人に対し、精神的苦痛を受けた配偶者は、慰謝料として損害賠償の請求をすることができます。

枕営業 妻の賠償請求を棄却

客を確保するために性交渉したクラブのママの「枕営業」は、客の妻に対する不法行為となるのか――。こうした点について、東京地裁が「売春と同様、商売として性交渉をしたに過ぎず、結婚生活の平和を害さない」と判断し、妻の賠償請求を退ける判決を出していたことがわかった。

裁判では、東京・銀座のクラブのママである女性が客の会社社長の男性と約7年間、繰り返し性交渉したとして、男性の妻が「精神的苦痛を受けた」と女性に慰謝料400万円を求めた。

判決で裁判官は売春を例に挙げ、売春婦が対価を得て妻のある客と性交渉しても、客の求めに商売として応じたにすぎないと指摘。「何ら結婚生活の平和を害するものでなく、妻が不快に感じても不法行為にはならない」とした。

そのうえで、枕営業は「優良顧客を確保するために要求に応じて性交渉をする営業活動」とし、「枕営業をする者が少なからずいることは公知の事実だ」と指摘。

「客が店に通って代金を支払う中から、間接的に枕営業の対価が支払われている」として、枕営業と売春は「対価の支払いが、直接か間接かの違いに過ぎない」とした。

判決によると、男性と女性は月に1、2回のペースで主に土曜日に、昼食をとった後、ホテルに行って夕方に別れることを繰り返した。

この間、男性は同じ頻度で店に通っていたため、始関裁判官は「典型的な枕営業」と認定し、妻の請求を退けた。妻は控訴せず、判決が確定した。

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。