岡山 盗撮事件

スマホ、携帯電話などで簡単に盗撮はできるようになっています。また店舗などでの隠しカメラも簡単に入手できるようになっています。

宗教関係者の盗撮事件

神職が盗撮容疑で逮捕 
女性のスカート内を盗撮したとして、県迷惑行為防止条例違反の疑いで、神職善容疑者(を逮捕。同神社を家宅捜索した。
逮捕容疑は市内のパチンコ店で、30代女性のスカート内を小型カメラで撮影した疑い。
同署によると、容疑者は女性の背後から近づき、足先に付けた5センチほどの小型カメラで撮影したとされる。店員が同日、床に落ちているカメラを発見。複数の女性の画像が残っていたという。店内の防犯カメラの映像から同容疑者が浮上した。

盗撮行為に遭っている女性を助けたタレント
“メガネっ娘アイドル”として活躍したタレントの時東ぁみが、盗撮被害に遭っていた女性を助けたことをブログで明かした。
時東は1日に「盗撮」とのタイトルでブログを更新。「今日電車に乗るとき不自然な人を見た。リュックを下に置いていて そこからiPhoneのカメラ部分だけが出るように差し込んでる人。その前にはスカートの女の子」と、盗撮と思われる現場を目撃したという。

岡山 盗撮事件
岡山 盗撮事件


ただ、「盗撮だと思う…ぁたしから見たら明らかに盗撮」と確信しながらも、その不審者を問い詰めることは出来ず、女性に声を掛けて盗撮されていることを知らせるメモを見せたという。


その際には不審者からの報復なども想像して恐怖で手が震えたという時東だが、「女の子はもっと怖かったと思います」と女性を思いやった。「正直、正しい行動だったのか もっとするべき行動があったのかも。こうやってブログに書くのもよくないかもしれないけど」と、自分のとった行動に迷いつつも、「盗撮をしてた人に対してすごい苛立ちと恐怖を感じたので書かせてください。全ての犯罪がなくなりますように」と、盗撮行為の撲滅を訴えた。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山県吉備中央町 盗撮事件

盗撮容疑で吉備中央町職員逮捕 コンビニで女性のスカート内狙う


コンビニで女性客のスカート内を盗撮しようとしたとして、岡山西署、岡山県迷惑行為防止条例違反の疑いで、吉備中央町税務課主幹容疑者を現行犯逮捕した。


逮捕容疑は岡山市北区駅元町のコンビニで、チケット販売機を操作していた女性(23)の背後に近づいてしゃがみ、持っていたビデオカメラでスカート内を撮影しようとした疑い。同署によると、女性と一緒にいた知人男性が犯行に気付き、店の関係者が110番。容疑者は酒に酔っていた。「盗撮などしていない」と容疑を否認している。カメラに映像はなかったという。

岡山 盗撮事件
岡山 盗撮事件

トイレでも盗撮カメラを仕掛ける


勤務先の町施設の女性用トイレに小型ビデオカメラを 仕掛けたとして、軽犯罪法違反で簡裁から科料の略式命令を受けていたことが町などへの取材でわかった。
町は「あってはならない犯罪」として、主幹を停職1か月の懲戒処分にしたが、公表しなかった。
町総務課などによると、主幹は同じ職場に勤務していた女性職員に好意を寄せ、女性用トイレにカメラを設置。 この女性が気づき、岡山北署に被害届を出した。主幹は犯行を認め、同署が書類送検し、略式起訴された。主幹は現在は、元の職場に戻っている。


総務課長は「職員の資質を疑う事件で、大変申し訳ない」と陳謝し、「停職の場合は原則公表するが、 被害に遭った女性のプライバシーに配慮し、今回は控えた。結果的には、当初から公表すべきだったかもしれない」としている。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ


気軽にできる盗撮

スマホ、携帯電話などで簡単に盗撮はできるようになっています。また店舗などでの隠しカメラも簡単に入手できるようになっています。


法務省内女子トイレで盗撮 幹部書類送検へ


 法務省内の女子トイレで盗撮をしたとして、裁判官出身で法務省幹部の男を、警視庁が書類送検する方針を固めたことが分かった。
 捜査関係者によると、裁判官出身で法務省幹部の50歳の男は今年3月、法務省内の女子トイレにカメラを仕掛け、盗撮した疑いがもたれている。女性職員がカメラに気付いて発覚したもので、男は警視庁の任意の事情聴取に対し、盗撮行為を認めているという。
 カメラには女性が写ったデータが残されていたということで、警視庁は、男を東京都迷惑防止条例違反の疑いで書類送検する方針を固めた。

岡山 盗撮事件
岡山 盗撮事件


中学教諭が盗撮 職場のPCに写真100枚
 
 市立中学校の教諭が、女子生徒のスカートの中を撮影した写真100枚以上を職場のパソコンに保存していたことがわかった。
 市教育委員会によると、市内の市立中学校で男性教諭が、授業中に、女子生徒を足元から撮影しようとしている不審な動きを他の生徒が発見した。

生徒は別の教諭に相談し、市教委が調べたところ、男性教諭が職場で使っていたパソコンの中から、女子生徒のスカートの中を撮影した写真100枚以上が見つかった。
 市教委によると、この男性教諭は、学校のホームページ用に授業風景などを撮影する担当者で、「今年の春頃から撮影していた」と行為を認めており、近く処分する方針。

黙想時に生徒のスカート内を盗撮 

岡山県教育委員会は、教室内で全員が目を閉じ、一日を振り返る黙想の時間中に、担任を受け持つ中学3年の女子生徒のスカート内を盗撮したとして、同県倉敷市の公立中学校の30代男性教諭を懲戒免職にした。


県教委によると、教諭は生徒が目を閉じている隙を狙い、5人のスカート内を約30回、スマートフォンで盗撮した。黙想は教諭の発案で昨年4月から導入。「インターネットサイトで盗撮に興味を持った。多忙でストレスもたまっていた」と話しているという。
偶然、目を開けたときに盗撮に気付いた被害生徒が保護者とともに警察に相談し、発覚した。

女子トイレに侵入し盗撮繰り返した2等海曹、懲戒免職
海上自衛隊の女子トイレで盗撮したとして、同校所属の男性2等海曹を懲戒免職処分にした。
地方総監部によると、2等海曹は同校の女子トイレに侵入、ビデオカメラ数台を設置して盗撮を繰り返した。「欲求を満たすためだった」と認めているという。


女性自衛官がカメラを見つけ発覚し、周辺を出入りする人物の捜査から2等海曹が浮上。警務隊が建造物侵入などの疑いで書類送検した。映像が残っていなかったため盗撮容疑での立件は見送った。

最近はスマホ、携帯電話などによる盗撮が増えています。また盗撮用のかけらの価格も下がりもっと被害が増えると予測しています。

事務所トイレで盗撮容疑 64歳の行政書士を逮捕

県警は5日、県迷惑行為防止条例違反(盗撮)容疑で、行政書士、容疑者を逮捕した。
逮捕容疑は、2回、自宅兼事務所のトイレに置き時計型ビデオカメラを設置し、客として訪れた同市在住の30代の自営業女性を盗撮したとしている。容疑を認めているという。
同署によると、容疑者はカメラを購入。パソコンには女性約10人の動画が保存されていた。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ


スマホの盗撮
県警は被告を停職3か月の懲戒処分とし、同被告は依願退職した。
県警の発表では、被告は出動先の民家や事務所など4か所で、話を聞くなどしていた女性計5人に対し、足カバーに小さな穴を開けてスマホを忍ばせたうえで足を伸ばし、スカート内を動画で盗撮。調べに「性的欲望を満たすためだった」と話しているという。
逮捕後、自宅のパソコンなどから多数の盗撮動画が見つかり、発覚。

事件現場のほか、警察施設内で女性警察官ら延べ24人や、勤務時間外にスーパーなどで14人に対しても、サンダルの甲部分のベルトに挟んだスマホで盗撮しており、県警はいずれも処分理由とした。


県警は、スーパーなどでの14人の被害は同条例違反容疑で追送検したが、事件現場や警察施設内の分は、同条例が盗撮を禁じた「公共の場」に当たらないと判断した。


盗撮トラブルは、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。バレないようにするのが盗聴ですので非常に厄介です。盗撮でお困りの際は、一度盗撮器発見調査を依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。現状を把握することで対応することが出来るのです。
調査依頼は慎重に行う必要があります。なぜなら盗撮犯が身近にいる可能性があるからです。

盗撮マニア

盗撮被害の可能性がある方は、プロの調査員にご相談ください。当社は、長年の実績で多くのお客様の安心と信頼を寄せられています。盗撮トラブルは、当社にお任せください。

年々進化する盗聴器盗撮カメラの小型化、低価格化が進み、誰でもインターネットなどを利用して購入することが可能になりました。個人の自宅やマンション、会社や事務所、会議室などどこにでも仕掛けることができます。盗聴盗聴の被害は、被害者が気付いた時にはある程度の情報が外部に流れていることもあり、残念ながら実際に問題が起こってから調査依頼をされる方もいます。「もっと早く調査をしていればよかった・・・」という声をよく聞きます。おかしいと思ったら、今すぐ調査を依頼してください。

岡山 盗撮事件
岡山 盗撮事件

巡査長盗撮「2000回やった」
巡査長を懲戒免職
県警は25日、女子高校生のスカート内を動画撮影機能付きスマートフォンで撮影したなどとして、県迷惑防止条例違反(卑わいな言動、盗撮)の罪で略式起訴された地域課巡査長を懲戒免職処分とした。県警監察官室によると、巡査長は大学時代から同様の行為を繰り返し、これまでに「おおむね2千回盗撮した」と供述しているという。

監察官室によると、巡査長が所持していた2台のスマートフォンには盗撮したとみられる動画約40ファイルが保存されていた。富山市内の実家にあったパソコンの復元データからも盗撮したとみられる約1100ファイルが見つかったという。ただ、被害者が特定できないことなどから立件はできなかった。盗撮データのインターネットへの流出は確認されなかったという。

巡査長は大学時代にインターネットサイトを見て盗撮に興味を持ち、2010年から盗撮行為を始め、県警に採用された後も続けていた。「欲望に勝てず、やめることができなかった」と話しているという。警務部長は「被害者やご家族、県民に深くお詫びする」とコメントを出した。

県警は同日、県内各署の副署長らを招集した緊急会議を県警本部で開き、警務部長が綱紀粛正や部下のきめ細やかな身上把握に努めるよう指示した。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。