岡山 セクストーション相談 【セクストーション悩み解決】

セクスト-ション
「セクストーション」とはsex(性的な)とextortion(脅迫)から組み合わせた「性的な脅迫」を意味する言葉です。 このセクストーションの問題が増えています。

岡山 セクストーション

セクストーションと呼ばれる犯罪があります。これは性的行為という意味の「SEX」と、恐喝という意味の「EXTORTION」を合わせた造語であり、インターネット上で「出会った」異性に対して性的行為の写真や動画を撮らせ、その公開を材料に脅迫を行う手口です。この「性的な恐喝」に関しては、米FBI がすでに 2010年に注意喚起を出しており、日本でも 2014年4月に逮捕事例が報道されています。

若い女性だけではなく、男性にも起こっています。 セクストーションは、SNSや出会い系サイトを通じて知り合った相手から行われるケースが多く、男女年齢に関係なく被害が増えています。不倫相手から脅迫されることもあります。

岡山 セクスト―ション相談
岡山 セクスト―ション相談

セクストーションと言えば、女性だけが陥るイメージがありますが、男性の被害者も増えています。 スマートフォンの普及から、いつでも誰とでも、どこに居てもつながることが可能です。

スマートフォンにダウンロードされたアプリから、電話帳機能が乗っ取られたり、画像や映像を取られることも可能になります。

SNSなどのインターネットを使ったプライベート画像のやり取りはセクストーションを行う上での良いネタになります。 個人が特定された状態でのセクストーションは、プライベート画像を貴方の電話帳機能に登録された人物に送り付けられることも想定しなければなりません。 身近な人物にプライベート画像を流される恐怖は、人生を大きく変える恐怖につながります。

インターネットやメールのやり取りの中でアプリをインストールすることで携帯電話の電話帳機能を取られてしまうことも起こっています。アプリケーションをインストールする際は、信頼できるサイトから行うように注意しましょう。

元交際相手の裸の写真
元交際相手の裸の写真などをツイッターに掲載したとして、リベンジポルノ防止法違反の疑いで容疑者を再逮捕した。容疑を認めている。県警によると、インターネット上での性的な写真掲載に同法を適用するのは全国初という。

逮捕容疑は、元交際相手の神奈川県に住む20代女性の裸の写真など計10枚を、ツイッターに掲載した疑い。 容疑者は約2年前まで、半年ほど女性と交際。その後も復縁を迫り、無視された結果、交際中に撮影するなどした写真を掲載した。

女性は、同性の友人に指摘されて初めて掲載に気付いたという。 県警は、同法施行にも女性の裸の写真1枚を同じように掲載したとして、脅迫などの容疑で容疑者を逮捕していた。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 セクストーション被害例

これまでに確認されてきたセクストーションでは、その要求は性的なものでした。
セクストーション加害者はネットを最大限活用し、カメラ付きチャットを利用してユーザの行動を録画し、「口止め料」としてさらに性的な行為を要求します。ネットユーザーがそれに従うと、セクストーション加害者の要求はさらにエスカレートしました。

セクストーションの手法を発展させ、ネットユーザにさらに甚大な被害を与えていることを確認しました。この新しい手法では、セクストーション加害者チャットや連絡のために必要なアプリであるとだまして被害者のスマートフォンに Android の不正アプリをインストールさせます。

岡山 セクスト―ション相談
岡山 セクスト―ション相談

不正アプリは、ユーザのコンタクトリストを収集し、攻撃者に送信します。攻撃者は被害者の家族や友人の連絡先を入手し、直接連絡が取ることができることを示すことで、さらなる脅迫の材料となります。

セクストーション加害者は、性的な行為のかわりに金銭を要求するようになりました。この種の脅迫で大金を獲得したいセクストーション加害者にとって、こうした金銭的利益は、より魅力的な動機となっているようです。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 デートレイプドラッグ 性的脅迫

性暴力に使われる睡眠導入剤などで飲むと眠くなったり、体に力が入らなくなったり、歩行や会話ができていても、記憶がなくなったり、途切れてしまったりする。短時間で作用する睡眠導入剤は薬の成分も早期に体内から排出されるため、犯行の証拠が残りにくいのが特徴。

睡眠導入剤などの薬剤を飲食物に混入し、相手を抵抗できない状態にしてわいせつ行為に及ぶ犯罪が相次いでいる状況で強力な薬剤はインターネット上の取引などで容易に入手できる。

デートレイプドラッグ

SNSで知り合った少女らを標的に犯行を繰り返す悪質なケースも出ている。被害者の体内から薬の成分が排出される前に検査、検出できれば犯人逮捕に向けた証拠となる。被害が疑われる場合はすぐに警察に相談をしないと証拠の採取ができない。

少女を自分の車に連れ込み、わいせつ行為をしようとしたとして、準強制わいせつ未遂などの容疑で男を逮捕。男は別の少女への準強制わいせつ容疑でも逮捕されており、いずれも被害者が早期に警察に相談したことが摘発につながている。

睡眠導入剤入りのサラダを女性に食べさせたなどとして準強制性交容疑で逮捕した40代の男は、他の3件でも立件されている。

睡眠導入剤などの薬物の使用が疑われる性犯罪の摘発件数は、27、28年は30件程度で推移していたが、29年に85件と急増した。関係者は「同じ容疑者が何度も犯行を繰り返すケースが目立つ」と分析する。薬の作用で被害者の記憶が抜け落ちるなどして時間が経過する間に成分が体外に排出されてしまい、被害が潜在化しやすいことにつけ込んでいるとみられるとのこと。

犯行の背景には、市販薬より強い入眠作用を持つ薬が容易に入手できる現状もある。ネット掲示板やSNSを介した取引も横行。ツイッター上では薬剤について「在庫あり」「お譲りします」といった投稿が多数ある。

性犯罪などへの悪用を避けるため、一部の睡眠導入剤には水やアルコールに溶かすと青く変色する色素が含まれている。だが、新宿の事件で逮捕された男は、ネットの匿名掲示板で購入した数種類の中から色素が含まれない錠剤を選んだ上、白濁した飲むヨーグルトに混入させることで、見た目で分からないようカムフラージュして使用していた。

またこのようなことは、知人が加害者となってるケースも多くあります。そのうえでセクストーションの被害に発展しているケースも当社の案件でありました。

岡山 セクスト―ション相談
岡山 セクスト―ション相談

セクストーション被害(性的な脅迫)と言っても、内容は様々です。
同性愛者やトランスジェンダーなどもセクストーションの被害になることがあります。
職場にばらす、家族にばらすなどと脅されることがあります。
また、不倫写真やベッド写真をばら撒かれるなどの脅迫から相手の要求に応じることになった被害者もいます。
性的な思考は、人によって違いますが、性的な趣味をネタにセクストーション被害に遭ってしまうケースがあり、
その映像や写真と言った画像を証拠に取られることから被害の拡散が懸念されます。

岡山 リベンジポルノ被害を解決したい方へ

被害に遭っているのはあなただけではありません。最近急増している問題です。リベンジポルノ被害や画像恐喝、ハメ撮り恐喝などと言った被害は、簡単に誰にでも相談できる内容ではありません。

相談相手を間違うと二次被害に遭うこともあります。相談相手から脅されることも考えられるのです。

岡山 リベンジポルノ 相談
岡山 リベンジポルノ 相談】探偵アンバサダー調査事務所岡山

リベンジポルノは、会社でのパワハラやセクハラとも関係していることもあり、問題が複雑化しているケースもあります。

誰にも知られずに解決したいと思う方、早期解決を望む方は今すぐお電話ください。当社は、秘密厳守です。安心してご依頼ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。