岡山 告訴告発 【告訴告発事例】

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える悩みを解決してきました。

警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

トラブルが起こった時の解決方法は弁護士や警察だけと思われがちですが違います。解決のノウハウを買う時代です。ネット上をいくら探してもあなたのトラブルを解決してくれる知恵など書いていません。誰にも相談できずに一人で悩んでいる方は探偵アンバサダー調査事務所岡山へお問い合わせください。

家族や職場にバレないように解決したい方からもご依頼が寄せられています。誰にも知られず解決というのが理想です。泣き寝入りせず、解決向けて取り組む方を全力でサポートいたします。

証拠をお持ちでない方も諦めずにご相談ください。

岡山 告訴告発 【告訴告発事例】
岡山 告訴告発 【告訴告発事例】

告訴告発

長崎県佐世保市の高1同級生殺害事件
私個人の感想ですが、責任は本人と身内にあると思うのですが、役所のせいにしていては何も解決できません。
もっと個人攻撃をし責任の所在を明らかにするのも、この様な事件をなくす一つの方法です。
長崎・佐世保の高1同級生殺害:児相の相談放置批判

「パワハラも影響」

長崎県佐世保市の高1同級生殺害事件を巡る県佐世保こども・女性・障害者支援センター(児童相談所)の対応を検証した県の最終報告書の内容が判明した。殺人容疑などで逮捕された少女(16)を診察した精神科医の電話相談を児相が放置したことについて「(医療、司法機関などで作る)要保護児童対策地域協議会(要対協)開催に向けた動きを取るべきだった」と結論付けた。「幹部職員の部下へのパワーハラスメントも対応に影響した」とした。
報告書は外部専門家を交えた検討委の議論を踏まえてまとめた。「緊急性、重大性に対する意識、認識が欠けていた」と児相を批判しており、関係機関の連携を議論する「県子ども育成総合検討会議(仮称)」設置や要保護児童対応の24時間化を対策に打ち出した。
報告書などによると、精神科医は昨年6月10日、児相に少女が誰かを殺す恐れがあると伝え、要対協などで支援できないか相談したが児相は放置した。報告書は、児相は「関係機関との情報共有を図る場として、要対協開催に向けた動きを取るべきだった」とした。
また、同年9月下旬に部下へのパワハラで厳重注意処分を受けた児相幹部が「病院からの丸投げを受けるな」などと発言していたとされる問題に対し「本事案の対応についても、幹部職員によるパワハラが影響したことは否定できない」とした。
精神科医は少女の名前を伝えなかったが、児相は児童福祉法に基づき守秘義務を解除して情報提供するよう求めることができたと指摘。しかし、制度の理解が不十分だったとした。「個人情報を守るあまり、子どもの命が失われることがあってはならない」との専門家の意見も盛り込んだ。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

汚職トラブル解決 汚職調査

汚職(おしょく)とは、公職にある者が、その地位や職権を利用して収賄や個人の利益を図る不正行為を行うことをいう。狭義には収賄、受託収賄及び事前収賄罪が該当するが、他に背任罪、虚偽公文書作成等罪、偽計業務妨害罪などがある。また、証拠隠滅罪、強要罪、名誉毀損罪、侮辱罪、詐欺罪、財物侵奪罪、不動産侵奪罪、横領罪についても公務・公職にある者の規定が設けられている。

岡山 告訴告発 【告訴告発事例】
岡山 告訴告発 【告訴告発事例】

警官汚職

不正行為には贈収賄や便宜供与のほかに、作為・不作為による公務上の義務に反する行為がある。公務上の義務に反する行為は、違法行為を黙認する不作為も含めて公務員職権濫用罪に問われる。また汚職のうち、政治にからむ大規模な贈収賄事件や、犯罪の事実が特定しにくく判決のむずかしい裁判事件のことを、特に疑獄(ぎごく)という。警察用語では「汚」の部首からサンズイとも呼ばれる。

警官汚職 巡査部長、オービスも、もみ消しか

無免許運転で事故を起こした男の違反をもみ消したなどとして、巡査部長が犯人隠避容疑などで逮捕された事件で、容疑者が県警高速隊に勤務していた数年前、速度違反自動監視装置(オービス)による取り締まりで別の違反者についてももみ消した疑いがあることが22日、複数の関係者への取材で分かった。

関係者によると、容疑者は、道路沿いに設置され、速度超過車両を自動で取り締まるオービスのチェックなどを高速隊で担当していた際にもみ消した疑いがある。

容疑者は、西名阪自動車道で事故を起こした住所不定、風俗店経営の容疑者、風営法違反罪などで起訴=が無免許運転をしたのに、風俗店従業員の20代男性を身代わりにさせたなどとして逮捕された。

県警などによると、容疑者と被告は初対面とみられる。容疑者は事故現場で現金数万円を受け取ったほか、事故後には被告が経営する派遣型風俗店を無償で利用した疑いがあり、県警は贈収賄容疑でも捜査している。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

生活保護費不正受給問題

資産隠し生活保護費不正受給の疑い 大阪府警が韓国籍の女逮捕
資産を隠して生活保護費を不正受給したとして、大阪府警豊中署は6日、詐欺の疑いで、豊中市熊野町、自称ビル賃貸業、玄戍美(ヒョン・スンビ)容疑者(57)=韓国籍=を逮捕、送検したと発表した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は、平成20年8月、約160万円の預貯金や分譲マンションの一室、乗用車を持ちながら、2万4千円しかないと市に虚偽申請し、同年9月~24年8月、計約1100万円の生活保護費を不正受給したとしている。

岡山 告訴告発 【告訴告発事例】
岡山 告訴告発 【告訴告発事例】

生活保護受けながら違法投稿 スキューバも楽しむ

男は退院後、神奈川県足柄下郡内でNPOが経営する寮などに入居し、平成20年11月、同県湯河原町土肥のアパートに転居し、1人暮らしを始めた。
一方で、男は20年6月に同県小田原の福祉事務所に無収入申告をして、同月27日から生活保護を受給していた。
「自分の素性を知りたい」と思った男はインターネットを使うようになった。しかし、そこから男は動画投稿サイトに興味を持つようになり、23年冬ごろから動画投稿方法の勉強を始めた。
男がFC2に動画投稿を始めたのは24年の秋から冬にかけてとみられ、24年11月下旬、FC2から初収入を得た。生活保護法の規定では、収入がある場合には申告しなければならないが、男は25年6月、小田原の福祉事務所に再度、無収入申告をしている。
それに先立つ25年3月、男は静岡県沼津市に拠点を移した。「拠点」というのは、生活保護の受給を続けるため湯河原町のアパートを残したまま、本拠地を沼津に移したという意味だ。
生活保護法では、福祉事務所の職員などが生活保護受給者の自宅を定期的に訪問することが義務付けられており、登録されている住所に生活実態がないと判断されれば、支給は止まる。そのため、男は湯河原のアパートには家財道具を置いたままの状態にし、職員の訪問があるときは沼津から湯河原に戻ってきていた。
男はなぜ沼津に拠点を移したのか。県警生活安全企画課サイバー犯罪捜査室は、男が沼津でスキューバダイビングの資格を取るために転居したとみている。
男は第2居住地でスキューバダイビングを楽しむ一方、自宅の部屋でテレビドラマなどを録画し、放映が終わった番組をすぐさまFC2へ投稿していたのだ。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。