岡山県内で横領トラブル解決

誰のも知られることなく犯罪のトラブルを解決します。

私たちの国でも、日夜犯罪のニュースが後を絶ちません。いまやいつ自分の身にその犯罪が降りかかってくるかも分からないのが現在の状況ではないでしょうか?ですが実際は犯罪被害の救援には、犯罪被害者自らが立ち上がり戦わなくてはなりません。

私たちは今日まで、さまざまな犯罪被害者からの相談を受け解決してきました。
今お悩みの方は一度私たちにご相談下さい。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。企業、会社の抱える横領背任の悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

詐欺被害、恐喝、脅迫、横領、背任,、美人局などあらゆる犯罪の対応が可能

岡山 横領事件

財団法人の資産を無断で売却し約1億4400万円を着服したとして、地検は業務上横領の罪で前理事長と前事務局長、を起訴した。

理事会の承認がないのに、協会が保管する投資有価証券を証券会社に売却し、両者が協会名義で開設した預金口座に代金を振り込ませたとしている。

元秘書に1千万横領された

参院議員が地検に告訴状

岡山 横領トラブル解決
岡山 横領トラブル解決 探偵アンバサダー調査事務所岡山

参院議員が者会見し、第2公設秘書だった男性が政治資金約1100万円を着服したとして、業務上横領容疑で地検に告訴状を提出したと明らかにした。

議員によると、元秘書は党支部に勤めていた。支部の会計帳簿に数字を付け足すなどして着服を繰り返した。親の介護を理由に退職。その後、領収書の情報開示請求があり、支部が会計資料を調べて不正経理が発覚した。

元秘書は着服金を私的に使ったと認めているという。議員は政治資金収支報告書の修正を届け出た。

警部、十数万円を着服 ほかに公金86万円も紛失

県警警備1課に勤務していた男性警部が、課員の親睦会費の一部を着服した疑いがあることが、県警は十数万円の着服を確認しており、業務上横領容疑などでの立件や懲戒処分を検討している。

県警によると、3月に同課の金庫から公金約86万円がなくなっていることが分かり、窃盗事件として捜査。聞き取り調査などの過程で、課内で定期的に集金し、警部が管理していた親睦会費の一部が警部の金融機関の個人口座に入金されていたことが判明した。

公金の窃盗事件に関与した可能性は低いとみている。警部は、県内の警察署に異動。現在は出勤していないという。

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。

勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

横領の構成要件

横領罪とは、自己の占有する他人の財物(金銭や物品)を横領した場合に成立する犯罪

横領罪は

単純横領罪

岡山 横領トラブル相談
岡山 横領トラブル相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山

単純横領罪は、自分が保管する他者の財物を横領した場合に適用され、法定刑は5年以下の懲役です(刑法第252条1項)。友人から借りたモノを無断で売却した場合などが該当します。

業務上横領罪は、業務上横領罪は、業務上管理している財物を横領した場合に適用され、法定刑は10年以下の懲役です(刑法第253条) 企業や会社の経理担当者が立場を利用して、会社の金の一部を自分の懐に入れる行為が該当します。

遺失物等横領罪は、遺失物等横領罪は、落とし物のように他者の占有を離れた財物を横領した場合に適用され、法定刑は1年以下の懲役または10万円以下の罰金です(刑法第254条)。また、占有離脱物横領罪と呼ばれることもあります。道端に落ちていた財布のお金を使い込んだらこの罪に該当します

の3つに分けられ、それぞれ定義や罰則が異なります。

横領罪と背任罪の違い

横領罪と似ているものに、背任罪があります。

第二百三十五条 他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

引用元:刑法第235条

横領罪と背任罪はよく似ていますが、横領罪は対象物への他人の所有権を侵害する犯罪であるのに対し、背任罪は他人との信頼関係を毀損する犯罪です。

探偵アンバサダー調査事務所岡山では水面下で調査。コンサルタンティングを行うので周囲に何も知られることはなく、今まで通りの生活を営むことができます。

また、裁判で訴訟を起こすことをお考えのでは場合裁判の証拠資料として採用される証拠をとることもできます。

クライアントの皆様が望む最良の形で解決することが可能です。

企業のトラブルや悩みは、一日でも早く解決し、日常業務を取り戻していくことが企業として、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。

私共は、トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんなトラブルやお悩みのごを解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。