自殺について考えます

自殺には類義語として以下のものがあるが、新聞・テレビ等の報道メディアにおいては主に自殺が使用される。
自害、自決、自尽、自裁、自死 – 手法によらない。自死には、その行為を反社会的行為だと責めないニュアンスがある
1、首吊り、飛び降り、飛び込み、割腹、焼身、入水、服毒 – 手法による
2、身投げ、自刃、切腹 – 手法による     3、殉死、心中 – 目的や同伴者の有無による
このうち、2. は単語の後ろに「自殺」を付けることもある。

自殺の違法性

現在の日本において、自殺は法的には犯罪とはされていない。しかし、飛び込み自殺などにより、第三者に被害が発生した場合には、刑事手続上は重過失致死などの罪により自殺した者は被疑者死亡で送検され、民事上は自殺した者の遺族に対して損害賠償責任が発生する可能性がある。また、他人を自殺させること、自殺を援助することは自殺関与罪(刑法第202条)の犯罪とされる。

単独の自殺未遂は現在の日本の刑法では刑罰に科せられることはないが、複数で行った場合は相互に処罰される(自殺関与・同意殺人罪)。ガス自殺など他者に危険を及ぼした場合は被害がなくても未遂も処罰され得る。

アメリカ合衆国で自殺を罪と定めている州はアラバマ州とオクラホマ州だけであるが、実際に犯した人を処罰するのは現実的には不可能なことなので罰則はない。いくつかの州では自殺未遂も軽犯罪法に触れるが実際に罰を受けることは滅多にない。

30の州においては自殺ないし自殺未遂はいかなる罪にも問われていない。しかし、全ての州で一致している点があり、自殺を唆したり勧める行為は例外なく重い罪に問われる。 なお、自殺を「加害者と被害者が同一人物である殺人」と理解される場合、自殺は「犯罪」であるという法的根拠と成る。

オランダにおいては、2000年に安楽死が合法化された。ただし、死期が近く、堪え難い肉体的苦痛があり、治療の方法がない等の厳格な要件が付与されている。

日本では、自殺と騒がれるのは事件が発覚してしばらくの間で、たびたびマスコミで取り上げられ、問題とされています。大人も、子供も自殺の可能性があります。

明確に、この調査をしてくださいと言えない場合でも、問題となっている以上対策を考えることが必要となってきます。

その様な時にはヒアリングから始めてください。当社では無料相談など一切行っていません。

無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。
家族の自殺に不信を感じたら当社にご相談ください。あなたの力になります。

自殺の真相解明なら

アンバサダー調査事務所

相談ダイヤル 086-226-1099

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

パワハラ自殺

 
パワハラ19歳自殺 会社と上司に7260万円賠償命令
 
 福井市の消防設備会社に勤務していた男性(当時19歳)が自殺したのは上司による暴言などパワーハラスメントが原因だとして、男性の父親が会社や当時の上司2人に約1億1000万円の賠償を求めた訴訟の判決が28日、福井地裁であった。

樋口英明裁判官は、父親の主張を大筋で認め、会社と上司1人に計約7260万円の支払いを命じた。原告側の弁護士によると、未成年者へのパワハラと自殺との因果関係を認めた判決は全国初という。

 判決によると、男性は高校卒業後の2010年4月、消防設備会社に入社した。直属の上司だった男性社員(31)から「辞めればいい」「死んでしまえばいい」などと繰り返し言われ、うつ病を発症。12月6日朝に自宅で首をつって自殺した。

 男性は上司に指示され、「まずは直してみれば?その腐った考え方を」などの上司の発言をノートや手帳に記録していた。樋口裁判官はこのうち23の発言について「男性の人格を否定し、威迫するもの。典型的なパワハラといわざるを得ない」と指摘。会社に対しては使用者責任を負うとした。

 男性の父親は「判決は息子の名誉に関わる当然の結果。人殺しされたに等しい」とのコメントを発表した。

 会社側の弁護士は「上司が仕事の失敗などで叱っていたのは事実だが、パワハラには該当しない」と話し、控訴する意向を示した。

自殺理由

自殺には様々な理由があります。経済問題、金銭問題、病気問題など理由が自殺にはあります。

しかし、理由がない自殺は考えにくいことです。残された家族は自殺の理由が分からなければ気持ちの落としどころがありません。

自殺の理由解明調査なら、探偵アンバサダー調査事務所にお任せください。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える悩みを解決してきました。

警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

「お悩み相談」のみの方には不向きな探偵社です。問題悩みを解決するために調査を通じて事実を確認し、クライアントの悩みを解決していく探偵社です。無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

Follow me!

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。