岡山 いじめ対策 ハラスメント対応【いじめ防止法が成立】法律でいじめをなくすことが出来るか

いじめは学校だけで起きているわけではない。子供のイジメの対応は、大人がしなくては子供では対応できない事が多く、まずしなければならない事は、現状を知ることである。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所ですクライアントの抱える子供のイジメの悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、イジメの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

相談が解決の糸口となるのですが、相談だけでは、不安を払拭することもできません。出来るのは、一時しのぎと、問題に目を背けることだけです。イジメの対応は勇気を出し解決するしか選択肢は無いのです。

探偵は、クライアントの権利や利益を守ることが仕事です。調査依頼を受けたらすべての調査に誠実に対応し、クライアントの要望を叶えることが仕事です。

いじめは学校だけで起きているわけではない

いじめ防止対策推進法が可決、成立した参院本会議 いじめ防止対策推進法は去年、参院本会議で自民、公明、民主各党などの賛成多数で可決、成立した。

学校に通報義務 施行

岡山 いじめ対策【いじめ防止法が成立】
岡山 いじめ対策【いじめ防止法が成立】探偵アンバサダー調査事務所岡山

同法では、いじめの定義を「児童生徒が心身の苦痛を感じている」とするなど、客観性よりもいじめを受ける側の意向を重視した。いじめに遭った子どもの生命や財産に重大な被害が出るおそれがある場合に、学校から警察への通報を義務づけるとともに、学校に対し、教職員や心理の専門家などによるいじめ防止のための組織設置を求めた。保護者については、子どもの教育に「第一義的責任を有する」とし、規範意識を養うための指導を求める。インターネットを通じたいじめへの対策推進も打ち出した。

付帯決議には、いじめ防止のための組織に第三者を入れて公平性を確保することも盛り込まれた。文部科学省は、同法に基づき、対策の基本方針を定める。

この法案が成立したからと言って、いじめが無くなるわけではありませんが、いじめに対する意識の変化でいじめが少なくなることを期待します。

今後のいじめの形態も、すぐに犯人が特定できるようなことはしなくなり、隠れてのいじめに変化することが予想されます。ネットのいじめにかなりシフトするのではないかと考えます 。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 マタハラ いじめ

妊娠・出産に伴う労働制限・就業制限・産前産後休業・育児休業によって業務上支障をきたすという理由で、精神的・肉体的な嫌がらせを行い、退職を促す行為のことを指す。

マタハラ

マタニティハラスメント(Maternity Harassment)とは、職場において妊娠や出産者に対して行われる嫌がらせを指す言葉。俗称は、マタハラ。

妊娠・出産に伴う労働制限・就業制限・産前産後休業・育児休業によって業務上支障をきたすという理由で、精神的・肉体的な嫌がらせを行い、退職を促す行為のことを指す。妊娠中に嫌がらせによる流産の危険性もあり、男女雇用機会均等法・育児介護休業法・労働基準法に違反する場合も多々見受けられる。2012年に日本労働組合総連合会が行った調査では、「セクシャルハラスメントされた経験」(17.0%)を大きく上回る25.6%が被害を受けたとの結果が出た。

最高裁判所は、妊娠を理由に降格を行ったことについて、業務上の必要性など特段の事情がある場合以外は、原則として男女雇用機会均等法違反(マタニティハラスメント)に当たるとの初判断を示した。

マタニティハラスメントに悩む女性の支援活動に取り組んでいる小酒部さやかが「世界の勇気ある女性賞」を受賞した

市会議員が、維新のお粗末な内幕を暴露した衝撃的な手記を発表した。

岡山 いじめ対策【いじめ防止法が成立】
岡山 いじめ対策【いじめ防止法が成立】探偵アンバサダー調査事務所岡山

女性最年少の26歳で市会議員に当選。かつてテレビ番組「恋のから騒ぎ」に出演していたことや、その美貌と若さで大きく注目され、橋下ガールズとも呼ばれてきた。今回の住民投票を決めた大阪市会「大阪市特別区設置協定書」決議では、維新の中でただひとり造反した。

回の協定書に反対した理由は、4年前の選挙で維新の会が訴えてきた都構想とまるで違うものになっているからだと語る。当初の理念「ニアイズベター」とはかけ離れ、各区への権限や財源の移譲が行われず、各区をまたがる行政組織が生まれる。さらに教育や税金の使い道など細かな問題が協定書に書かれておらず、白紙委任があまりに多い。

離党届を出した理由についても述べている。
「離党届には、パワーハラスメントとマタニティハラスメントが、許容できる範囲を超えたため、と記しました。」

市会の現役の議員として初めて産休を10週間とり、出産を経験した。
「叩かれるのは覚悟していました。予想外だったのは、そのほとんどが維新内部からだったことです。『給料泥棒』とか『区民に謝れ』とか、それはもう次々罵倒された。」
維新によるマタハラは言葉だけではない。

妊娠中に危険な街宣車の上に立たされる、産後の復帰を急かされるなど、血の通わない維新の冷たい体質が手記では詳しく明かされている。そして、そんな維新にほぼ白紙委任することになる大阪都構想について、「市民全員が被害者になる可能性がある」と警鐘を鳴らすのだ。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

マタハラ賠償命令

警察のOBをはじめトラブル解決のプロがあらゆるトラブルの解決を手掛けています。企業トラブルもさることながら、個人のトラブル解決依頼が後をたちません。最近の傾向としては、リベンジポルノ被害やストーカー、恐喝、電磁波被害など多岐にわたるトラブルです。

警察、弁護士に相談出来ないトラブルを抱えている方も多く、クライアントの方々から解決できたお喜びの声を頂いております。このページをご覧になってくださっているあなたは、今、女性として、または経営者として何か大きな問題を抱えておられるのではないかと思います。

人口減少による労働力の確保という点もある。保育園の整備等には手間もコストもかかる、そんなことをやらなくても女性が子供を育てればいい、その分男が稼げばいい、という考えもあるだろう。しかし少子化対策をやる理由は人口を維持し、労働人口を確保するためでもある。

勤務先で妊娠をきっかけに嫌がらせを受ける「マタニティー・ハラスメント」(マタハラ)を受けたなどとして、医療法人社団「恵和会」(札幌市中央区)に勤務する40歳代の女性職員が同会と実質的な最高責任者の男性、上司の女性に対して1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、札幌地裁であった。

裁判官は「違法な嫌がらせがあった」として、計77万円の支払いを命じた。
判決によると、原告女性は同会の施設で勤務。

岡山 いじめ対策【いじめ防止法が成立】
岡山 いじめ対策【いじめ防止法が成立】探偵アンバサダー調査事務所岡山

男性から食事などの誘いを頻繁に受けるようになり、男性からの連絡を無視して以降、業務内容の変更といった嫌がらせを受けるようになった。

原告女性が妊娠を報告すると、男性や上司の女性から「想像妊娠ではないのか」「中絶もできる」などと言われ、負担の大きい入浴介助の業務を1人で行うように命じられた。

裁判官は判決で、業務内容の変更について「嫌がらせと受け止められてもやむを得ない」と指摘。その上で、「中絶を示唆する言動は著しく不適切で、その後に肉体労働を命じたのも配慮に欠けるものだった」と結論づけた。

いじめ加害少年の両親

加害少年の両親

加害少年の親の対応はどうだったのか気になる事件だである。殺害前にも加害少年、被害少年が絡む警察沙汰があった脳に報道されている。ならば加害少年の親なら何らかの対応がとれていて当然であろうと思うが。 実際には、何の対応もとっていなかったと考えてもおかしくない。

親の責任追及

私は加害少年の親の責任追及をもっとすべきであると思う。 逮捕された18歳の少年の川崎市内の自宅の自家用車に落書きがされているのが、見つかった。少年宅ではに塀いっぱいに落書きが書かれていることが発覚。周辺の住宅街では事件発覚後、署への通報で署員が駆けつける騒動が複数回起きてい

殺害現場付近には情報提供求める立札 大通りから1本入った住宅街には、今も物々しい雰囲気が漂う。そこには、川崎市の中学1年の命を奪った容疑がかかる18歳少年が暮らしていた自宅がある。

警察関係者や報道陣の姿は少なくなったが、数日前、少年宅の塀に何者かによる赤いスプレーの落書きが発見された。容疑者逮捕後も収まらない、心無い行動に近隣住民は不安を募らせている。 「エスカレートして、今度は放火でもあったらどうしよう」 少年宅のブロック塀には大きく赤いスプレーで「フィリピンにかえりたい」と書かれている。

何者による犯行か分かっていないが、容疑者の母親の出身をやゆしているようにも思える。家族が消そうとしたのか、雨によるものなのか、文字は少しかすれている。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

今更謝罪

もっと早く自分の言葉で話していればよかったと思うのですが。弁護士を入れて謝罪するのでしょうか。すでに遅いように思います。
謝罪にも適切な時期と対応があるのです。時期が過ぎてしまっては謝罪しても相手に伝わらなくなってしまいます。問題が問題なだけに謝っておこうかと取れてしまうのは私だけではないはずです。

18歳少年の父が謝罪の意向「謝りたい。花供えたい」

川崎市川崎区の中学1年が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕されたリーダー格の少年(18)の父親が、取材に応じ、被害者に謝罪する意思があることを明らかにした。

岡山 いじめ対策【いじめ防止法が成立】
岡山 いじめ対策【いじめ防止法が成立】探偵アンバサダー調査事務所岡山

この日午後、外出先から自宅に帰って来た父親は、「(被害者に)謝りたい」と神妙な面持ちで話した。殺害現場となった多摩川河川敷には今も花などを供えに来る人があとを絶たない。父親は、「いつか自分も現場に花を供えに行きたいと思っている」と語った。少年3人の逮捕後に、勤務先の運送会社を退職した父親は疲れ切った様子。18歳少年については「すみません」と答えるだけだった。

捜査本部は、被害者のスマートフォンを投げ捨てたと18歳少年が供述した多摩川を、ダイバーら約40人態勢で捜索したが、発見できなかった。様子を見守った京都市の主婦は「同じ中学1年の息子がいて、ひとごととは思えませんでした。警察も寒そうだけど、もっと寒かったはず…」と目を潤ませながら花を供えていた。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。