岡山 男女トラブル 事件【男女トラブルの悩み解決】

男女トラブルに関するご解決相談は、恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

男女トラブルや悩みは、一日でも早く解決し、日常を取り戻していくことが人間として、今後を左右する大きな成果を残せるかどうかにつながってきます。私共は、トラブル解決のプロとして数々の実績を積んで参りました。どんな男女トラブルやお悩みのごを解決してきました。もちろん、秘密厳守ですのでご安心ください。

クライアントとの時間を十分に取り、打合せ、ヒアリングを通し、男女トラブルの本質を見抜き適切な対応方法、調査方法を提案し具体的な解決方法導き出します。

クライアントの秘密が外部に漏れることは絶対にありません。コンサルタント結果、調査結果のご報告後、すべての打ち合わせ議事録やメモ、情報提供資料はすべて事務所内のシュレッダー処理で破棄します。

その上、調査員との調査打ち合わせもクライアント情報は必要最小限の事のみ伝え情報の管理をし、情報管理を徹底管理しているのが探偵アンバサダー調査事務所岡山なので、安心して調査依頼ができるのです。

岡山 男女トラブル相談
岡山 男女トラブル相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

岡山 男女トラブル 事件

女性2人殺害事件、被告の死刑確定へ
妻や交際相手を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた被告の死刑判決が確定する。最高裁、一、二審の死刑判決を不服とした被告の上告を退ける判決を言い渡した。

5人の裁判官全員一致の意見。弁護側は「反省を深めている」として減刑を求めていたが、小法廷は「若い女性2人の生命が奪われた結果は重大。殺害は計画的でないが、死刑とした一審判決を認めざるをえない」と指摘した。

判決によると、被告は、交際中の女性から借金の返済を迫られた、女性の首を絞めて殺害し、借金の返済を免れた。妻の首を絞めて殺害し、遺体を同県御殿場市の倉庫に遺棄した。

男女トラブルは、女性にとっては大きな悩みのタネとなるので日頃から気を付けておく必要があります。いい関係の時は起こらなかったトラブルも、別れる際に出てくるのです。そして、別れ方によっては相手がストーカーになったり、愛情が恨みに代わることもあります。

岡山 男女トラブル相談
岡山 男女トラブル相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山

男女トラブル特有のこじれた人間関係は早期解決が必須です。
また、東京で起こった女子高生殺人事件もありましたが、『リベンジポルノ』被害。気軽に撮影した、または寝ている間に撮影されたあられもない姿で映っている自分の写真や映像をもとにお金を要求されたり、会うことを強要されるなどの被害が起こっています。

相手は、彼氏や元カレ、遊び相手、先輩、アルバイト先の店長、不倫相手など様々です。誰にも相談できずに一人で悩んでいる方も多くいらっしゃいます。
今すぐ相談してください。秘密厳守ですのでご安心ください。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

男女トラブル事件事例

男女トラブルから事件へ
男女トラブルを放置していると大きな事件に発展することもあります。

九州の路上で、同じ予備校に通う女子生徒を刺殺したとして殺人容疑で逮捕された元少年について、鑑定留置の結果、刑事責任を問えるとの判断が出た。

元少年の精神状態を調べた鑑定留置は終わり、地検は勾留期限までに殺人罪などで起訴するとした。

帰宅途中の女子生徒を刃物で刺して殺害したとして、殺人容疑で逮捕されていた。

検察側は勾留途中に、「犯行前後の元少年の精神状態を慎重に調べる必要がある」として簡裁に鑑定留置を請求。医療施設で精神鑑定を行った結果、元少年はいくつかの発達障害の兆候はみられるものの刑事責任を問うことは可能との判断が出たと。

少年法は殺人などの重大事件を起こした1少年について原則、検察官が家裁に送致した後に検察官送致され、起訴されると定めている。捜査段階で20歳に達した場合は家裁を経由せずに、成人事件と同様の刑事手続きとなる。

元少年は、動機について「交際を断られ、女子生徒を恨んでいた」「勉強が手に付かなくなった」などと供述していた。

岡山 男女トラブル相談
岡山 男女トラブル相談 探偵アンバサダー調査事務所

近年男女トラブルに関するご相談が増加しております。

恋愛相談から、交際相手との金銭トラブル、浮気、離婚についての話し合い、セクハラ、ストーカー行為、DV(暴言・暴力)リベンジポルノ、画像、映像脅迫など様々な問題を抱えられています。そんなお悩みを私たちが一緒に解決のお手伝いをさせて頂きます。

メール ストーカー メールで逮捕 男女トラブル

しつこくメールを送信しただけで逮捕されるのか
好意を抱く相手にメールを送るのは、誰だってしそうなことです。時には想いを伝えるため、毎日メールを送ることだってあるかもしれません。


実際、“猛アタック”の結果、最初は自分を避ける態度をみせていた相手の女性が、ついには想いに応えてくれたというケースだってなきにしもあらずです。

日本には、古来より「嫌よ嫌よも好きのうち」といった不思議なことわざもあります。
では、どこまでの“猛アタック”が許されるのでしょうか。

この問題は、「ストーカー行為」が刑罰をもって禁止されるものである以上、厳格かつ明確に分別されなければなりません。

ところが、改正法は、「拒まれたにもかかわらず、連続して、電子メールを送信した場合」としか規定していません。これでは、“猛アタック”がどこまで許され、どこから規制されるかを判断することはできません。

例えば、「結婚してくれ!」を繰り返すメールは許されるのか? 女性が好みそうなかわいい絵文字つきのメールでも、100回以上送信することは許されないのか? ビルの屋上の写真を添付して「付き合ってくれないなら飛び降りる」とメールすることはどうなのか。

ストーカー規制法が規制する他の行為と比べてみて、「相手が嫌がる程度が同じレベル」のメール送信が規制されるということになる、と考えるしかないようです。

通報を受けた警察がストーカーに「警告」を行わない、という判断をした場合、その理由を通知することが義務付けられました。また、上記の「警告」や「禁止命令」について、これまでは被害者の住所を管轄する警察等しか対応しておりませんでしたが、ストーカーの住所や、被害にあった場所を管轄する警察等でも対応することが可能となりました。

ストーカー被害は、自分でも知らないうちに巻き込まれてしまうケースも少なからずございます。ストーカーでお困りの際は一度、現状把握調査を依頼してください。その決断が早期解決へと繋がります。

無料相談、無料アドバイス、無料情報提供には、クライアント以外は一切応じていません。当社はクライアントのみ対応としています。ご了承ください。お問い合わせは無料です。

知人女性へのストーカー行為 男女トラブル

ストーカー行為から殺人などに至る悲惨な事件が後を絶ちません。人を好きになるということは、生きていく上で 誰しもが抱いて良いはずの素晴らしい感情であるのに、いつしか、つきまといや待ち伏せ、面会の強要など、 ストーカー行為に発展します。ストーカーは、誰にでも起こりうることです。

ストーカー対策 岡山
ストーカー対策 岡山 探偵アンバサダー調査事務所岡山


知人女性に付きまとうなどしたとして、ストーカー規制法違反と脅迫の罪に問われた元県警地域課の巡査部長の判決公判が、地裁で開かれ、判官は懲役1年6月、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役1年6月)を言い渡した

裁判官は判決理由で、「被害者の精神的苦痛は大きい」と指摘した上で、「罪を認め反省の弁を述べており、母が監督を約束している」として執行猶予判決が妥当とした。

判決などによると、元交際相手の女性に「恥ずかしい写真をばらまくぞ」「会いたい」などと20回以上メールや手紙を送りつけたほか、女性の自宅周辺でつきまとったとしている。

被告は女性と10年以上交際していた。県警を依願退職し、現在は無職。

一人で考え込んで自己流で解決を試みると思わぬ問題を引き起こすケースが多々あります。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。