岡山 男女トラブル調査 解決相談

男女トラブルは、男女金銭トラブル、異性からの脅迫、異性から金銭の要求、ストーカー被害、 異性から いやがらせ行為、つきまとい等など、あらゆる男女トラブルがあります。

探偵アンバサダー調査事務所岡山は、創業30年の探偵調査事務所です。クライアントの抱える男女の悩みを解決してきました。警察OB在籍、探偵学校併設、証拠調査士育成の探偵事務所です。

男女トラブル

恐るべし 千佐子 たかりをとうに超えている
「男性と暮らすことで年収が倍に」
京都・向日市で、夫を青酸化合物で殺害したとして逮捕された筧 千佐子容疑者(67)。
千佐子容疑者は、これまでに4人の男性と結婚を繰り返しているが、4人の男性全てが、死亡している。
このほか、およそ5年の間に、交際していた男性3人も死亡していて、これまでに千佐子容疑者の周りでは、7人の男性が死亡したことがわかっている。
このうち、筧 勇夫さん(当時75)に加え、交際していた本田正徳さん(71)からは、青酸化合物が検出されている。
この事件では、新たに筧 千佐子容疑者が、結婚する目的について、「男性と一緒に暮らすことで、年収が倍になる」などと話していることがわかった。
千佐子容疑者は、2013年12月、向日市の自宅で、夫の勇夫さんに青酸化合物を飲ませて、殺害した疑いで逮捕され、容疑を否認している。
勇夫さんは、死亡する前の月、結婚を機に同居を希望していたが、千佐子容疑者は、同居を拒み、週の半分は、大阪・堺市の別宅にいた。
2014年3月、逮捕前の千佐子容疑者は「同居はしてましたけどね、まあ言うたら、そんなに100%、筧さんなんか、でも、週のうち半分ですよね。わたしがこっちで習いもんやらしてるし、つながりも、友達もいっぱいおるから」と語っていた。
捜査関係者によると、千佐子容疑者は、勇夫さんに「早く会いたい」などとメールを送る一方、勇夫さんと別居していた時間を利用し、結婚相談所を介して出会った別の複数の男性と交際していたという。
また、自身が男性との結婚を望んでいることについて、「年金暮らしで生活が苦しい。男性と一緒に暮らすことで、年収が倍になる」と話しているという。
そして、千佐子容疑者は、警察に対し、「こういう取り調べは、まだ続くんですか」などと話しているという。

岡山 男女トラブル調査 解決相談
岡山 男女トラブル調査 解決相談 探偵アンバサダー調査事務所岡山

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

男女トラブルの本質

嫉妬

嫉妬とは感情であり、何かを失うこと、個々がとても価値をおくものを失うことを予期することからくる懸念、怖れ、不安というネガティブな思考や感情である。嫉妬は、たとえば怒り、恨み、自分とは釣り合わないという感覚、どうにもできないという無力感、嫌悪感といったさまざまな感情との複合から成る場合が多い。嫉妬は文化依存的な現象だと私は考える。ブータンなどでは兄弟で一人の女性を妻としていることもある。もちろん兄弟間での嫉妬はない。

執 着

一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと。

嫉妬、執着は男女トラブルの大きな原因となる。下記の事件もそんなことが原因なのかもしれない。

男女トラブル 交際女性殺害

茨城県のマンションで交際女性をナイフで刺して殺害したとして、県警は3日、殺人容疑で会社員の容疑者(41)を逮捕した。
県警によると、「殺すつもりはなかったが、包丁で刺したのは間違いない」と供述しているという。
逮捕容疑は交際していた女性(28)のマンションの部屋で、女性の胸をペティナイフ(刃渡り約12センチ)で刺して殺害した疑い。

岡山 男女トラブル調査 解決相談
岡山 男女トラブル調査 解決相談  探偵アンバサダー調査事務所岡山

男女トラブル 同性カップル

学術的には「結婚」は配偶関係の締結を指し、「婚姻」は配偶関係の締結のほか配偶関係の状態をも含めた概念として用いられている。

日常用語としては「結婚」という表現が用いられる頻度が増えている。広辞苑では「婚姻」の定義として、「結婚すること」とした上で、「夫婦間の継続的な性的結合を基礎とした社会的経済的結合で、その間に生まれた子が嫡出子として認められる関係」としている。「結婚」の文字は「婚姻」の文字とともに漢籍を由来とし、日本では平安時代より用いられてきた。しかし、当時はどちらかといえば「婚姻」の文字の方が使用例が多かった。明治時代になり、この関係が逆転して「結婚」の二文字が多く使用されるようになった(出典:日本国語大辞典第二版)。中国では「婚姻」である。


そもそも結婚とは何だろうと思う

東京都世田谷区は、区内の同性カップルから申請があれば結婚に準じる関係と認める公的書類を発行する方針を決めた。11月をめどに実施する。4月に同性パートナーシップ条例を施行した渋谷区が同様の書類を発行しており、全国で2例目となる。

29日の区議会常任委員会で区が報告した。対象は20歳以上の区内の同性カップルで、2人の住所や氏名を記した「パートナーシップ宣誓書」を提出すれば、保坂展人区長名で「受領証」を発行する。宣誓書は10年間保存するが、カップルの双方が望めば廃棄する。

渋谷区の条例は、区内の事業者が証明書に最大限配慮するよう定め、住居の賃貸契約や病院の面会時に戸籍上の家族ではないことを理由に断るなどした場合は、区が是正勧告をした上で事業者名などを公表できる。一方、世田谷区の受領証にこうした効力はない。

岡山 男女トラブル調査 解決相談
岡山 男女トラブル調査 解決相談

あなたはパートナーのことを知っていますか

死んだ妻の身元分からずという記事がありました
今は、事件現場のアパートは取り壊されて空き地になっている。アパート一室に内縁の妻の遺体を遺棄したとして、死体遺棄容疑で男が逮捕され、妻、一時は仕事もしていたが、警察で調べても身元を特定できなかった。免許証や住民票もなく、無戸籍状態だった。30年連れ添った男性も今となっては、妻がどこの誰だったのか分からないということの様である。

男性は住所不定、無職の被告は高齢者で、死亡した氏名不詳の女性(妻)の遺体を遺棄したとされる。
被告によると、妻とは33年前、キャバレーで出会った。妻には4歳ぐらいの子どもがいたが、数年後に駆け落ちしたという。

警察は勤務先や区役所に聞き込むなど、手は尽くしたが見つからなかった。

一昨年ごろ、妻は仕事を辞め、被告の年金で暮らしていた。妻は一度も病院に行ったことはなかったが、昨年、目が少しずつ見えなくなり衰弱していった。ズボンや下着を脱がせてあげないと用も足せなかった。

アパートの取り壊しに伴う退去期限が迫った末、遺体を放置して逃げた。「30年も一緒にいた。嫌いになってしたわけではない。わかってくれという気持ちだった言う

無戸籍者、全国に837

法務省の調べでは、無戸籍者は全国に837人(11月10日現在)いて、うち146人は20歳以上だ。市町村の行政窓口を利用したことがある人しか把握できず、支援団体「民法772条による無戸籍児家族の会」は、独自の集計で1万人以上と推計する。

無戸籍者は、過去の事情を知られたくないため身近な人にも出自などを話さないのが特徴。

「こんなこと、相談しても大丈夫かしら・・」「自分ではどうにもならない・・」 誰にも相談できないことは、たくさんあります。それでもなんとかしていかなければならない、解決していかなければならないことはあるものです。

プライベートな悩みから家族のこと、仕事のこと・トラブル・詐欺・宗教関係のトラブルなど、どんなご相談にでも対応していきますので、まずはアンバサダー調査事務所へお電話ください。私たち探偵があなたの力になります。

岡山 男女トラブル調査 解決相談
岡山 男女トラブル調査 解決相談

男女トラブル 恋人の暴力、保護対象に 改正DV法施行

同居する恋人間の暴力に保護対象を広げる改正ドメスティックバイオレンス(DV)防止法が3日、施行される。10~20代を中心に深刻化している恋人間の暴力「デートDV」に同法が適用されるのは初めてのこと。
 暴力から逃れた恋人に付きまとい、本人や家族を襲うストーカー殺人事件が相次いでいることを受けて改正された。被害者が同法に基づく一時保護や保護命令の制度を使えるようになることで、凶悪事件を未然に防ぐのが狙い。DV防止法は夫婦間と元夫婦間、事実婚のカップル間の暴力を対象としていたが、新たに同居中または同居の恋人間の暴力が加わった。

 ストーカー規制法に基づく警告は
待ち伏せや迷惑メールなどを繰り返し受けた証拠を被害者が集め警察に提出する必要があるが、DV防止法の保護命令によって付きまといが始まる前に防ぐ効果が期待される。ただ、改正法はデートDVの中でも客観的に判断しやすい「同居」を条件とし、それ以外は「交際という概念は定義が不明確」などの理由で対象外となった。
 このトラブルの根本的な原因は、固執と、依存で要はその人の考え方が大きく関係しているため、法律ができたからと言ってすべてが解決できるわけではないのです。
この様なことで困っている方は、当社に相談ください。あなたの力になります。
明確にこの調査をしてくださいと言えない場合でもトラブルになっている以上対策を考えることが必要となってきます。その様な時にはヒアリングから始めてください。当社では無料相談など一切行っていません。無料でできることは問い合わせのみです。ヒアリングの依頼、その決断が早期解決へと繋がります。

男女トラブル解決 不倫調査依頼 浮気調査依頼

浮気調査に関してのお問合せをよく頂きます。旦那様の帰りが遅くなってきた。休日も仕事だと言って、外出してしまうなど、身近で起こっている変化が実は、浮気のサインでもあるのです。少しでも夫/妻に疑問点を抱いたなら一度ご相談下さい。

お問い合わせください。086-226-1099

メールでお問い合わせ

投稿者プロフィール

taiki
taiki
探偵業に携わって27年目、探偵アンバサダー調査事務所岡山の2番目の古株探偵です。調査から面談、クライアントのフォローまで任されています。様々な経験で、あらゆる対応や方法の引き出しが増えてきました。あらゆる人材が豊富な私どもにご相談ください。浮気調査はもちろんの、事様々なトラブルに対応可能な探偵社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。